BAYC Bored Ape創業者インタビュー:NFT 世界最大のサクセスストーリー

BAYCの共同設立者であるグレッグ・ソラノは、
「ベアに注目するのは敗者である」と考えている。

グレッグ・ソラノ(BAYC共同創設者)、ワイリー・アロノフ(BAYC共同創設者)

今年2月4日の夜、グレッグ・ソラノ(33歳)とワイリー・アロノフ(35歳)は、重要なパートナーたちとそれぞれの家にいたが、ある衝撃的な知らせを受けることになる。

彼らは、BuzzFeed Newsが自分たちの身元を明らかにする記事を掲載することを知ったばかりだった。これまで自分たちの正体(自分たちはうまく隠しているつもりだった)を隠すように注意していた。

今月初め、マンハッタンのダウンタウンのホテルで、ソラノは「20分前に警告を受けた」と振り返る。

ソラノとアロノウは、ビジネスに関する大きな決断、あるいは小さな決断をするときにするように、すぐに電話をかけ、みんなでパニックになり、次の行動を計画した。 正直言って、セキュリティには非常に大きな懸念があった」とアロノウは言う。 ホテルの中庭にあるレストランのベンチで、ソラーノと隣り合わせに座っていた。 家に押しかけてきたり、もっとひどいことをされるかもしれない。 何が起こるかわからなかった」と二人は言う。

インターネットから個人情報を削除するようになり、アロノフは「自宅の場所の手がかりが含まれているかもしれないと恐れて、Instagramを停止した」と振り返り、「自分たちも狙われないように、家族にこれから起こることを警告した」という。

アロノフの両親は、今度の記事がなぜこれほどまでに注目されているのかを十分理解しているが、ソラノは父親に具体的な説明をしなければならなかった。 アロノフ氏とは、インターネット上で最も人気のあるNFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club」の生みの親である。 彼らは、現在40億円と評価されているYuga Labs社を通じて、2021年4月に「Bored Ape Yacht Club」を立ち上げました。

Bored Apesは、1万人のユニークなデジタル頭肩画からなるヒト科の猿で、それぞれの特徴は、一般的なもの(「つまらない」口)から超レアなもの(「純金」の毛皮)まで、ユニークな組み合わせで描かれています。 昨年10月には、サザビーズで珍しい猿が340万ドルという驚異的な価格で落札されました。 同月、マドンナやU2の代理人を務めるベテラン・アーティスト・マネージャーのガイ・オセアリーが、BAYCのビジネス・パートナーに就任した。

今日、Old Navyが販売するTシャツや、Snoop DoggとEminemが撮影したVMAにノミネートされたミュージックビデオなど、Bored Apesはポップカルチャーの至る所に存在しています。 ステフ・カリー、ジャスティン・ビーバー、グウィネス・パルトロウ、ポスト・マローン、セス・グリーンなどのセレブリティがBored Apesを所有しています。 他にも、今年1月の『The Tonight Show』で猿真似をしたジミー・ファロンとパリス・ヒルトンのやり取りが物議を醸すなど、注目のホルダーです。 (ソラノとアロノウは、ファロンのセグメントを事前に知らず、番組に出て議論するのは「とてもシュール」だと思ったと語っています)。

今年、暗号通貨とNFTの市場が崩壊したにもかかわらず、退屈な猿はこの分野の「優良投資先」と見なされています。 現在のエイプの床価格は1400万円前後で、4月の4300万4千円前後の高値から下がっています。 Bored Ape NFTを二次販売するごとに、Yuga Labsは2.5%のロイヤリティを受け取ります。

ソラーノの父親は、息子がNFTと暗号通貨の分野のプロジェクトに取り組んでいることは知っていたが、2月の夜に息子から電話をもらうまで、その詳細は知らなかったという。 キューバにルーツを持つソラーノは、「父がみんなに言いふらすから、言わなかった」と説明する。 ラ・カレタ(喫茶店)のおばちゃんに、「私の息子は、これを作っているんですよ」と言っただろう。

ソラノは『スマーフ』の悪役魔法使いにちなんでガーガメルを、アロノフはパンクをイメージしたゴードン・ゴナーというように、BuzzFeedの記事が出るまで、ほとんどの人がネット上で使うアカウント名を知っているだけだったからだ。

技術面を担当するBAYCの他の共同設立者2人も同様だ。32歳のゼシャン・アリ(Zeshan Ali)は、後に「No Sass」と略される(BAYCサイトのプロフィールには「Sassではなく猿のために」とある)し、31歳の 皇帝トマトケチャップことケレム・アタレイ(英仏のインディーポップバンドStereolabのアルバムにちなんで命名)

そして、4人ともこのままでいいと思っている。 彼らの頭の中では、ソラノとアロノはタップリなのだ。 (AliとAtalayの身元は記事中では明らかにされていない)。この記事を書いたBuzzfeed Newsのシニア技術レポーター、ケイティ・ノトプロスは、この評価に同意していない。 他の多くの合理的な人々もそう思っているはずだ」。 6月のUntangledポッドキャストで彼女が説明したように、数十億ドル規模の企業の運営者を「知らない」のは、あらゆる社会規範に反するようなことです。

電話で作戦を練るうちに、ソラノとアロノフは、まず自分の写真をツイートするのが一番だと考えた。ソラノは「アロノフはすぐにいい写真を見つけてきた」と驚嘆する。 BuzzFeedの記事を先取りするどころか、記事公開から1時間でネットに本性を現した

4日後、アリとアタレイも続いて、自分たちの名前と写真をツイートした。アタレイは、”グレッグとワイリーよりも、もっと物語をコントロールして、もっとおめでたいことにしたかったんだ “と語った。

それから数ヵ月後、ソラノとアロノフは、自分たちの物語の主導権を取り戻そうとしている。 そこで今回の会見では、彼らのパブリシストを伴って、ついに初めてその全貌を語り、1年以上にわたって彼らを悩ませてきた大論争を公にしたのである。

ソラノとアロノフは、一緒にいる間、兄弟のような、しかし警戒心の強い雰囲気を醸し出していた。「私たちは世界で一番迷信深い民族なんだ」とソラノは言う。 アロノフが「黄色いエネルギーが必要だ」と思って、渋い色のTシャツを着てインタビューに応じた。

アロノフさんは、「ポジティブ」と考える琥珀色のブレスレットを身につけ、チーズバーガーもほとんど食べません。 ある時、ソラーノは友人の食生活を親切に揶揄した。 ワイリーが食べるのは、たとえばチーズバーガーとチキンタコスだけだ、と。 私たちは、彼のことを “ベビーマウス “だと冗談で言っています」。

これは、アロノフが20代前半から10年間、ほとんど寝たきりの状態で過ごした衰弱した病気のせいだと、後になって知ったのだ。 今は何とかなっているが、不安定な状態が続いており、彼にとってもサラダは病気(何とは言わないが)を再発させる恐れがあるのだ。

プレッシャーはまさにその通り。 今のYugaの顔であるだけに、これは痛手といえそうだ。 3月には、NFTの人気商品であるCryptoPunksMeebitsをLarva Labsから買収し、その後すぐに独自の暗号通貨であるApeCoinを立ち上げました。

この対談に先立ち、YugaはイギリスのスタジオImprobableと共同開発中の没入型ゲーム『Otherside』の大規模なデモを開催します。 ただ、これは単なるゲームではなく、退屈な猿のコミュニティを超えた大衆に開かれたWeb3のメタ・ユニバースの始まりなのです。

しかし、もっとストレスがたまるのは訴訟だ。6月、Yugaは、5月にBored Apeと同じNFTシリーズを作ったとして、コンセプトアーティストRyder Ripps(これは、Kanye WestなどのアーティストがGucciなどのブランドとコラボして有名になったのと同じ出来事だ)を、商標侵害などの訴えで提訴した。 アートネットによると、このプロジェクトは推定180万ドルの利益を得たという。 (NFT市場の主流であるOpenSeaは、このシリーズを削除しました)

しかし、リップス社のコテージプロジェクト(通称:RR/BAYC)は、問題の一部に過ぎない。 (RR/BAYCでは、リップス氏は、NFTのマーケットプレイスを作ったジェレミー・キャヘン氏も含め、他に3人と一緒に仕事をしていたとInputに語ったが、彼も訴えられた)。 昨年末から、RippsはBAYCが人種差別やネオナチの象徴に満ちていると公に非難している。BAYCの創設者はこれらの主張を否定し、それらはすべてRippsのコテージ・エイプへの関心を高めるための計画の一部であったと述べている。

ソラノは、「我々の歴史を知っている人なら、これがいかに馬鹿げたことであるか、極めて明白である。 とはいえ、「いかに執着心が強く、悪意に満ちているか、率直に言って、全体がいかにクソ悪いか」、荒らしの実態はなかなか見えてこない。

アロノフの表情は真剣そのものだった。 “毎日そんな感じです “と言っていました。

アロノフ氏は「背景を見る限り、本当にエキセントリックな二人だ」と言う。 ソラノとの友情のことを言っているのだ。 これは当たり前のことです。 まず最初に気づくのは、ビジネスパートナーの身長差が大きいことだ。アロノウはソラノよりも身長が高い。

アロノウは太い黒髪で、タトゥーだらけだ(右腕に作家のチャールズ・ブコウスキーが実物そっくりに描かれているのは、10代の頃に入れたもので、本人は恥ずかしいと思っている)。 その声は低く、そして大きく響く。 ハゲであごひげを生やし、物腰の柔らかいソラーノは、NFT愛好家の叫びであるLFG(Let’s Fucking Go)の化身である。 アロノは、モチベーションを高めてくれる「ジム仲間」として最適な存在です。

アロノフさんは、「単純なツイートからNFTのプロジェクト全体まで、あらゆるアイデアをめぐってケンカをしたものです」と言う。 実は、私たちの友情はケンカから始まったのです。 10年ほど前、大学の帰省中にマイアミのダイブバーで初めて会った。そこで彼らは、ソラノが読んでもいないのに、創作のクラスメートが絶賛していたので反射的に嫌っていたデヴィッド・フォスター・ウォレスの『無限のジェスト』の是非について議論しはじめた。 本や映画、アイデアについて議論したり、オンラインで一緒にWorld of Warcraftをプレイしたりと、離れた場所でも連絡を取り合っていました」。

それから数年後の2017年、2人は暗号通貨について語り始めた。 他の人たちと同じように、彼らは強気相場で儲けようとしたのです。 例えば、CryptoKittiesのようなゲーム化された収集品では、ユニークな漫画の猫を購入、取引、繁殖させて、より多くのKittiesを作ることができます。

デジタルグッズに興味があったにもかかわらず、ソラノが初めてNFTを購入したのは2021年初頭のことだった。その後すぐの2月、ソラノはアロノーにNFTプロジェクトの立ち上げについてメールを送ったという。 そのアイデアの1つがパブリック・デジタル・キャンバスで、アロノフは旧友で現在YugaのCEOであるニコール・ムニーズと共有した。 彼女は「誰かがペニスを描くだろう」と鋭く予言した。

ペニスはどこに描くんだ? 答えは、「ダイブバーのトイレの壁」だった。 そして、どんな人がそこに行くのだろう?” 彼が暗号通貨のTwitterで知っているのは、暗号通貨で大金を手に入れたものの、期待されるような億万長者の豪華な生活ではなく、ただオンラインでMMORPGをプレイしたいだけの人たちなのです。

アロノフはソラノに「記事全体」を送って構想を練り、その中で「Bored Ape Yacht Club」という名前が出てきたと、アロノフは次のように回想している。 偉大な編集者であるソラノは、「これだ」と言った。 それだけです」。 暗号通貨における大富豪は本物の猿であり、「猿」という言葉は、2031年に生きる人々が、ろくに調べもせずに新しいプロジェクトに強迫的に投資することを意味している、というコンセプトが展開されたのです。アロノフさんは、翌日ソラノさんと一緒に有限責任会社を立ち上げたという。 (BuzzFeedの記者が彼を人道的に特定するために使った情報は、当時のソラーノの住所に大きく関係していた)

いきなり人気作を作った人 “に話を聞いてみたいですね。 信じられないほどシュールだった”

当時、ソラノは出版社で働き、アロノウは失業中だったため、アイデアを実行するためにチームを雇った。 ブランディング・コンサルティング会社の創業者であるムニーズが、セネカと呼ばれるビジュアル・アーティストを紹介し、”ボロいパンクロック””エバーグレーズのダイブバー “といった方向性をもとに、BAYCオリジナルのコンセプトを作り上げたのです のアートです。 1万匹の猿の原画のデザインには、他に4人のアーティストが協力しています。

今年初めのローリングストーン誌のプロフィールの中で、セネカはこのプロジェクトに対する報酬を「不満足なもの」だと言っている。 二人は、ソラノ氏の当時の5桁の給料にほぼ相当する4〜5日の労働を補償し、昨年末にセネカ氏ら4人のアーティストにそれぞれ100万ドルを支払ったという。 (セネカはInputのコメント要請に応じなかった)。

一方、ソラノは、メリーランド大学でコンピューターサイエンスを学んでいたときに知り合った友人のアリとアタレイに連絡を取った。 (アリはグアテマラとパキスタンからの移民の両親のもと、西海岸で育ち、英語の授業を受けているときに知り合った。 トルコからの移民で、主にワシントンD.C.で「普通の郊外育ち」だという。

プログラマーではないソラノは、「ブロックチェーンに関係ないコーディング言語であるJavascriptを知っているか」と質問した。 技術者コンビは、すぐに正しいプログラミング言語であるSolidityを習得した。「一番簡単だった」とAtalayは言う。 NFTのプログラミングに使用するERC-721トークン規格は以前から公開されていたため、テンプレートとして利用しやすかったのです。

ウェブサイト、スマートコントラクト、トークンゲートコミュニティースペースなど、プロジェクトの複数の構成要素を管理し、すべてを結びつけることが複雑なのです。

5月1日午前3時頃、アリはアタレイから電話を受けた。 アリは何か「ひどい目に遭った」と思ったそうだが、そうではなく、早朝の時間帯にコレクションが売り切れるのをアタレイと一緒にリアルタイムで見ていたのだという。 (BAYCの噂は、NFTの熱狂的なファンの間で広まっていたのだ。) その瞬間、彼らは自分たちが大きなものを作り上げたと確信したのです。

それが、ほぼ15カ月前のことである。 その後まもなく、4人の共同創業者全員がYuga Labsでフルタイムで働き始めた。Yugaは猿のファミリーに新しいNFTを加え、2021年6月に犬(Bored Ape Clubのエアドロップ経由)、8月に突然変異の猿を与え、後者のシリーズは発売から1時間で9600万ドルで売れた。ステフ・カリーは最初の有名人保有者の一人で、彼 は 同月には、彼の猿を約18万円で購入した。

2021年9月(Osearyの1ヶ月前)にMunizがパートナーとして入社し、今年1月にCEOに就任。2022年3月、Yuga Labsはa16zが主導する資金調達ラウンドで4億5千万ドルを調達した。 現在、社員数は約70名。aronowは、「突然、何かを生み出して、あっという間に大流行した人がいたら、ぜひ話を聞いてみたいですね。 信じられないくらいシュールなんです。

創業者4人は、決して華やかな生活をしているわけではないと主張する。 彼らは皆、全米各地に家を買ったが、その場所は明かさない(マイアミに住むソラノを除く)。 しかし、ソラノとアロノウは、ほとんどの時間を家で過ごし、少なくとも10時間はホームオフィスで仕事をしているという。ソラノは飾り気がなく、アロノウはBAYCのアイテムや家に付属していたという子供用の壁紙で覆われている

でも、スヌープ・ドッグやコリン・キャパニックといった有名人にも会えたんですよ」。 aronowの好きな有名人は霊長類学者ジェーン・グドール(Yuga Labsは彼女の財団にApeCoinの総供給量の1%を寄付している)。

ソラノにとって一番大きな変化は、有名人からのビジネス電話に出るのが楽しくなくなったことだろう。 かつては、「ピザハットを注文するために電話するのは嫌だ」というほど内向的な性格でもあったという。

突飛なキャラクター

マイアミで育ったソラノとアロノウは、自分たちが働く業界のせいで、街がかっこ悪くなったと嘆いている。 彼らのマイアミは、ダウンタウンの高層ビルに住む暗号通貨同胞のようなコンクリートジャングルではなく、特に「緑豊かで美しく、とても奇妙な人物でいっぱい」だとアロノフは言う。

子供の頃、父の古い友人である「1980年代のマイアミ・バイス時代のパワフルな男たち」、そんな登場人物にたくさん出会った。 ワイリーが赤ん坊の時、1987年に殺された父親のドン・アロノフの話をしたり、ランチに連れていってもらったりした。

ドン・アロノフは、ブルックリン生まれのユダヤ系移民の息子で、1950年代にニュージャージーの建設業で財を成し、その後、パワーボート業界のリーダーとして、その名を知られるようになったとアロノフは語る。 そこで彼は、「映画スターや王や女王」にボートを売り、取引する「産業の出現」を目の当たりにしたのである。

その後の大統領、ジョージ・ブッシュ・シニアは、ドンのパワーボートを所有していた友人である。 米国国境警備隊員が彼のボートを使用した – 彼らが追いかけた麻薬密輸業者のように。ジョン・トラボルタは2018年の映画『スピード・キルズ』でドンを演じ、アロノフは「非常に」と表現した。 ひどい」、RogerEbert.comは半分の星をつけた。

1987年、ドンはノースビーチで車の中で射殺された。 59歳であった。 それから約10年後、2人の人物(パワーボート業界の元同業者と彼が雇ったとされる犯人)が、彼の殺害について「異存はない」と発言したのだ。 しかし、この実業家の死には、マフィアとの関係や、愛人とされるパートナーの嫉妬など、さまざまな陰謀説が残っている。 ネット上の憶測によると、ドンはCIAのエージェントでもあったらしい。

ドンの生死がどうであったにせよ、アロノウは、父の友人から聞いた話が、母(元ウィルヘルミナ社のモデル、リリアン・アロノウ)の話としばしば矛盾し、その死はワイの子ども時代に深い影響を与えたという。 ココナッツ・グローブで、母親と継父、そしてマイアミのパンクシーンで「バーのヒーロー」と呼ばれた8歳年上の兄と一緒に育った。

アロノウは、両親を怒らせたくないと言いながら、家庭環境を「クソみたいな環境」と表現している。 幼少期は「ファイナルファンタジー」などのテレビゲームに親しんだ。 12歳頃には、以前の兄と同じように、地元のパンク・ロックのライブに参加するために家を飛び出すことが多くなった。 そこでアロノフは、同じように問題を抱えた人たちの「第二の家族」のようなものを見つけた。

15歳の時、アロノフはアルコール依存症と薬物依存症になっていた。 何カ月も家出をして、工事現場やマングローブの中で他の家出少年たちと寝泊まりしていた。 同じ「裁判所命令による治療」施設に2回通っているという。 ある施設の責任者は、私がこれまで見た中で最もひどいアルコール依存症のケースだと言っていました」

彼は、2番目の「非常に混沌とした」施設に送られた。 パリス・ヒルトンが行くような、夜な夜な誘拐されて砂漠に連れ出されるようなところです」。 ユタ州のセンターでは、聖書か科学書以外は読ませてもらえなかった。 後者は、基本的にアルコール依存症のバイブルである。アロノフは後者を選び、ユタ州滞在中に50回ほど読み、人生を変えたという。

マイアミに戻った瞬間、私はキャプテンA.A.となり、私が砂漠で感じたのと同じメッセージを他のアルコール依存症患者にも見てもらおうとしました」と彼は言う。 当時15歳だった彼は、自分より何十歳も年上のアルコール依存症回復者とともにタバコを吸い、ブラックコーヒーを飲んだ(最近、アロノフはたまに酒を飲むが、ドラッグはやらない)」という。

心のどこかで、また病気になるかもしれないと思っていたので、本当にすべてを捧げたかったんです。

アロノフさんは大学に進学し、シラキュース大学の修士課程で、彼のヒーローである作家のジョー・サンダースさんが教えていたような一流の大学に入ることを希望していた。 しかし、20代前半に大病を患い、学校を中退せざるを得なくなり、その夢は打ち砕かれた。

アロノフの迷信的な性格から、「そういうエネルギーを与えたくない」と、ここでも病名は出さなかった。 しかし、そのせいで「本当に暗い10年間」の大半をベッドで過ごすことになった。 病気のため、家族が経済的に支えてくれた。 自分を助けてくれる医者を探して全国を回り(ほとんど無駄だった)、瞑想を勉強し、オンラインコミュニティに入り浸り、TwitchストリーマーやYouTuberを「のらりくらり」見ていた。 彼は暗号通貨の取引をしているが、本当の9時〜5時の仕事をしたことがない。 彼はどうにかして今の彼女と知り合うことができた。

やがて30代前半になると、適切な専門医、適切な薬、適切な食事療法に出会うことができた。 彼は良くなった。 そして、同じ頃、世界中が病んでしまったのです。 新冠の流行が引き継がれた。 アロノフが過去10年間行ってきたように、誰もが家に閉じこもり、人々はネットで地域社会に参加する道を探したのだ。 アートやコレクターズアイテムとして、NFTはシーンで輝きを放っています。

ソラノ氏の母親はずっとマイアミに住んでおり、父親はグリーンベレーとして知られる米陸軍特殊部隊に所属した後、20代でマイアミに移り住んだという。 ソラノが11歳の時に両親が離婚し、名前を伏せた妹と一緒に、テレビ局に勤める母親と暮らしている。

ソラノは11歳のときから作家になりたいと思っていた。 NYUを卒業後、南へ移動してバージニア大学で修士号を取得したが、結果的に「人生で最高の時間」だったという。 執筆に明け暮れ、すぐに友人もでき、後に妻となる現在プロの造園家と出会うが、そのきっかけは彼の詩が好きだったことだった。

“創業者 “をネット上でより大きな生命体として見ることができるのです。 そして、その人たちと出会って、「これは本当に私かもしれない」と思うのです。

バージニア大学を卒業後、小さな出版社に就職し、ハリー・ポッターの塗り絵やWorld of Warcraftのマニュアルなど、ライセンスされた知的財産を扱う仕事に就きました。 夢のような仕事でもなければ、高給取りでもない(現在、Bored ApeのNFTは当時の給料の2倍で売られている)、しかし、満足のいく仕事だった。 “後に引退したら、物理的な本を書きたい “というのは、すごいことですね。

彼は、自分の作品がほとんど見られなくなったという皮肉な事実を自覚している。 “しかし同時に、より具体的に “ということで、試行錯誤を繰り返しています。

実際、BAYCには現実的なメリットもある(帽子やパーカーなどのブランドグッズを入手できるなど)。 しかも、類人猿の知的財産は類人猿の保有者が所有するため、ブランディングの世界が広がります。 俳優のセス・グリーンは言います。”このつまらない猿のどれかに人々がX金額を費やすという話をするとき、その支出の中にあるのは、次のミッキーマウスになる約束、機会、チャンスなのです!”。 .

(グリーンは今年5月、退屈していた猿のフレッドをフィッシング詐欺で失った。その後、グリーンは何とか猿の所有権を取り戻し、詐欺師から購入したNFTのコレクターと「多面的な」取引をしたと言い、Inputにこう語っている。 “ロサンゼルス郡保安官事務所サイバー犯罪課 “が捜査中です。 合意に達し、猿を取り戻した後は、この市場を神の目で見ることができるようになり、ほっとしています。 ボタン一つですべての予定が打ち切られるような、狂おしい気持ちにはならない」)

ビジネスの先には、IRLイベントという楽しみがあります。 昨秋、NFT.NYCのカンファレンスと連動して、BAYCは初のApeFestを開催し、ブルックリンのウェアハウス・パーティーでは、ザ・ストロークス、ベック、リル・ベイビー(初期の有名人Ape保持者)らがパフォーマンスを披露して盛り上がりました。

アリは、「去年の猿祭りでは、誰とでも付き合えたのに、誰も私のことを知らなかったのを覚えています」と言う。 流出が起きてから、それは同じではないと思っていた」。 6月に開催されるNFT.NYCの期間中に行われる第2回ApeFestでは、LCD Soundsystem、HAIM、Snoop Dogg、Eminem、(今回も)Lil Babyといったアーティストが4夜にわたって出演します。

そして、もっと地味なBAYCのパーティーが世界各地で開催されているのです。 例えば、取材後にソラノ、アロノフと参加したパーティー。 マンハッタンのダウンタウンにある暗い地下のバーの緑豊かなテラスで行われた。15人ほどのエイプホルダーが、自前のブランド「Bored Ape」のホットソースを繰り出し、みんなで一杯やりながら。 NFTのシーン全般に言えることだが、若くて男性に偏っている。

Ape Day 2023の計画が浮上。 ある人が「ラスベガスに行きたい」と言ったんです。 ラスベガスに何頭の猿が住んでいるか知らないが……」と、砂漠にフェスティバルを持ち込むというアイデアも飛び出した。 そして、「東京エイプフェスティバル2025」という構想が持ち上がり、ソラノは「どこかの山へ行こう」と提案した。

集合写真を撮った後、創業者たちの広報に送られてホテルに戻った。 しかし、中にはどうしても残りたいという人もいたので、「BAYCをつくった人に会ってどうだった? Twitterでドリス・バークという若者が、(「ESPNのアナウンサーではない」と経歴に書いてあった)”彼らは普通の人たちだから、ほとんどシュールだ “と言っていた。

さらに、「ネットで見た大柄な人たちが、実際に会ってみると、ああ、これは本当に自分かもしれない、と思うのです」と続けます。

邪悪なトロール

BAYCの創設者たちを「普通の人」と見ている人ばかりではない。 Twitterでは、以前Inputが調査した疑惑である、ザルJPEG商法を頂点とするご都合主義と思われる批判がたくさん出ています。 (当然、創業者たちはこの記述に反対している) そしてもちろん、最も声高に批判するのはライダー・リプスであろう。

リップス氏は今年初め、ウェブサイトGordonGoner.comを立ち上げ、Yuga Labsのロゴをナチスが使ったトーテンコップのロゴと比較し、Yugaという言葉は反右派を連想させると主張している。 (同社によれば、ニンテンドー3DSソフト『ゼルダの伝説』の悪役キャラに由来するとのこと)

リップスは、創業者のペンネームにはすべて不吉な意味があると信じている。ゴードン・ゴネルはドロンゴ・ネグロのアナグラムである。 スマーフ」のガーガメルは、ユダヤ人に対する反ユダヤ的な表現である。sassは、SAとSSという「ナチスの2大軍部」の組み合わせである。 の児童ポルノで、広く検閲された。

さらに、リップス氏は、猿はそれ自体が人種差別主義者であると主張している。これは、人種や民族を猿と比較して卑下する「猿化」の一例であるという。 また、「プロシアの兜」(リップスによれば、これもナチスの笛だそうだ)や「寿司屋のかぶり物」など、問題とされる猿の特徴も指摘している。

例えば、人気YouTuberのフィリオンは、「Bored Ape Nazi Club」と題した1時間に及ぶ動画を投稿し、ユーガのイメージを解剖した。 現在までに160万回以上再生されています。

今年初め、インプット社はリップス氏の主張を調査し、アーティスト本人に話を聞き、ユダヤ人団体「反中傷連盟」の専門家に相談したところ、ほとんどの疑惑に懐疑的な見解を示しました。 しかし、名誉毀損防止協会の専門家は、「ヒップホップ」の特徴(金の鎖、金歯)と「寿司職人のヘッドバンド」が問題であるとリップス氏に同意しています。 それでも、研究者の一人は当時Inputに「そこから背後の人々が白人至上主義者であると推論するのは難しい」と語っている。

アロノフ氏はこの論争を、父親の生死をめぐる噂になぞらえて、「私たちは皆、陰謀のデタラメの世界に包まれている」と述べた。 リップスに対しては、彼もソラノも凛とした態度で、言葉を選ぶようになった。 この告発は、当然ながら敏感なテーマです。 (翌日の写真撮影の時、アロノフは彼の着ていたグリーンのアーミージャケットの袖にドイツの記章のようなものがあるのに気づいた)。 「私のジャケットではない」と何度も繰り返した。 (カメラチームはこのディテールを編集することを約束した)。

創業者たちは、Rippsは「悪質な荒らし」で、「ストーリーを盗む」ことに長けており、よく知らない人々の前で自分たちを馬鹿にするのだと言っています。 アロノフとオセアリーはユダヤ人で、他の3人のユーガ創業者は移民の子という派閥の線引きをしてきたのだ。

最初のころは、本当に腹が立った」とオセアリは言う。 リップスにも連絡したし、私が彼と話すことで、彼は私があんなものとは絶対に関わらないということがわかると思うんです。 あのね、私はイスラエル人、ユダヤ人なんです。”

“楽しい、反抗的なクラブ “というイメージだったんです。 どんな形であれ、批判の上に立つものでは決してないはずです。”

さらに創業者は、リップス社が故意に自分たちを訴えさせようとしていたと付け加えた。 (6月、Yuga LabsはRippsに対し、「Yuga Labsの商標を悪用して消費者をだましてRR/BAYC NFTを購入させた」「オリジナルのBored Apeを使用した」としてカリフォルニア中部地区連邦地方裁判所に提訴している)。コテコテのNFTラインをNFT市場に氾濫させ、Bored Ape NFTを蔑ろにするヨットクラブのイメージ」。

リップス氏は「私が金のためにやっているとほのめかすことで、批判の正当性から目をそらす装置となった」と言う。 彼はこのシリーズを「BAYCへの抗議でありパロディ」と呼んでいます。 リップスはThe Defiantのビデオインタビューで、RR/BAYCを「おそらく私が今までやった中で最も素晴らしい仕事」と語っている。 さらに、「NFTが何であるかを証明している。企業に対する挑発だ。 非常に重要な問題を明らかにしています。 教育者の軍隊を作るのだ」。

ホテルでソラノとアロノフと論争をしながら、寿司職人のかぶり物のような特徴を持ち出したら、ソラノは「楽しくて奔放なクラブになるはずだったんだ」と言った。 どんな形であれ、批判を超えることはないはずだった。”

アロノフは、”世界中のすべての人を怒らせないようにするのは大変なことだ “と付け加えています。

メタバースの世界へ

ソラノとアロノフに会ってから3日後、私は真っ白な部屋に立ち、石でできたようなロボットたちに囲まれている。 ハワイアンシャツにキャプテンハットをかぶった巨大な猿のカーティスが、これから一緒に行く旅について説明する中、創業者4人を含む約4,500人が集まっているのです。 ブルーと名乗る甲田という背の低い太った宇宙人の生き物を伴っている。

カーティス氏は、Yuga Labsで行われた新しいメタバースの最初の公開デモンストレーションで、「旅人たちよ、ようこそ、もうひとつの世界へ」と宣言してスタートしました。 というか、異世界のホールみたいな無限の空間へ”

アバターを踊らせる方法などの説明を受けた後、眼下に穴が開きました。 私たちは皆、渦巻く虹の通路に流され、青々とした島に吐き出された。カーティスは “ワオ、オタク、雨が降っている!”と鼻で笑っていた。

それから1時間ほど、私たちオタクは、カーティスさんとブルーさんの案内で、次々と課題をこなしていくことになる。 先日のNFT.NYCカンファレンスでメガネを壊してしまった人のために「新しいメガネ」を探したり、危険な酔っぱらいの幸田(Othersideの「最初のボス戦」と言われていた)を無力化するために団結したりしました。 “). デモの最後には、全員で「自撮り」をしてみました。

暗号通貨のツイッターでは、このデモに対する反応が圧倒的だった。 数日後、ソラノ、アロノフと私はZoomでデモについてチャットし、アロノフは「正直、最高のローンチのひとつだった」と語った。 Otherside』では、クエストをクリアしたり、酔った悪人を倒したりするが、ゲームのポイントは「ゲームであることではない」と指摘された。 プレイヤーは猿の兄弟と遊ぶだけで、世界の資産を猿コインで購入し、NFTという形で所有することができる仮想の隠れ家である。

NFTをOthersideから持ち出し、Web3上の他の場所で使用することができるため、「相互運用可能なメタバース」であると説明しています。 例えば、フォートナイトはプレイヤーがアバター用のスキンなどのゲーム内アセットを購入することで収益を得ており、そのパブリッシャーであるエピック・ゲームズは2018年と2019年にゲームから90億ドル以上を稼ぎ出しています。アロノー氏は、「その価値はすべてメタ宇宙に入り、何ひとつ外に戻ってきません」と述べています。 “

また、コラボレーションによるメタ宇宙でもある。 ボイジャー(Otherdeedトークンで購入したユーザー)にはメタバース内の土地が与えられ、それを好きなように使うことができます(Othersideのドキュメントによれば、「コミュニティの情報に基づいた指導のもとで」)。 VoyagerはDiscordサーバーを通じてフィードバックを提供することもでき、それがOthersideの形に影響を与える可能性が高いとAronow氏は説明します。「彼らは、これがどのようなものになるかを一歩一歩繰り返し伝えているのです」

「ここで成し遂げようとしていることの野心と規模は、非常に大きい。

さらに、「究極のメタバースを目指して、インターネット大手のメタ社と競争することになる」と述べた。 「ここで成し遂げようとしていることの野心と規模は非常に大きい」と述べた。

ソラノとアロノウは、自分たちがこの仕事にふさわしいと信じている。アロノウは言う。「(悪役となりうる)間違った手にかかると、メタバースはユートピアで恐ろしい場所になりかねない」。 彼らは、自分たちのメタ世界を、緑豊かで美しく、とても奇妙なキャラクターで埋め尽くされたものとして思い描いているのです。 (もっとも、アナザーサイドのデモのグループチャットで誰かが言っていたように、「多くの男性」が詰め込まれているのでしょうけど)

Othersideは、開発に何年もかかるという。 しかし、いざ出来上がると、誰が気にするんだ、と思わざるを得ない。 暗号通貨の世界は急成長していますし、その頃には猿のブームも去っているのでは? また、暗号通貨やNFTの相場がこのところ下落しています。

ホテルで進行中の暗号通貨の冬の話を持ち出すと、ソラノは、“クマに関係するのは、敗者がやっているゲームだ “と言ってきた。 それに、彼らは心配していない。 お金もたくさんある。

また、アロノフ氏は「当社は例外的に利益を上げている。 私たちは、数年にわたる弱気市場を生き抜くために、非常に充実した競争力のある資金を確保しています。 作って、作って、また作って……」

アロノフ氏は、「私たちは、NFTの分野では現在最大の企業かもしれませんが、メタ・ユニバースの構築という点では、最大企業にはほど遠いでしょう」と語ります。

Jessica Kleinさんの記事を翻訳いたしました。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。