最近話題のArt Gobblersとは?

ここ数日、NFTのニュースをご覧になっている方なら、間違いなく「Art Gobblers」をご存知でしょう。

では、「Art Gobblers」とは何でしょうか?

1.アートゴブレットとは?
Art Gobblersは、パラダイムとジャスティン・ロワランド(注:有名アニメ「リック&モーティ」の作者)のNFT共同プロジェクトです。 このプロジェクトはハロウィンに稼動し、その後、無料Mintからフロアプライス15ETH、取引量6800ETHを超えるまでになりました。

2.アートゴッホの特徴とは?
Art Gobblersは、Art Gobblersのウェブサイト上でアーティストが作成した作品を食べる「実験的分散型アート工場」と説明されています。

このように、アート作品はNFTに変身し、
その「ベリーギャラリー」に常に展示されるようになります。

Gobblersのニーズを満たすアートを作るためには、GOOを使って作られる、Art GobblersのトークンであるBlank Pagesは必需品となります。

しかし、GOOがリリースされ続ける中で、そのエコシステムの中で、長期的な持続可能性を生み出すためのユニークな仕組みが生まれつつあるのです。

アートギャッベは、GOOのブランクページの価格を変更するVRGDA(Variable Rate Progressive Dutch Auction)の仕組みを利用して、1日に発生するブランクページの数を調節しています。
白紙ページが増えすぎると価格が上がり、その逆も然り。
白紙ページを生成するだけでなく、GOOを使ってより多くのゴブスレを生成したり、ゴブスレを使ってレジェンドゴブスレを生成したりすることができます。

3.アートゴッブラーズゲーム・エンドゲーム
Art Gobblersは、完全なプロジェクトとして制作・発売されました。 つまり、キャスティングが完了した後の、今後の開発のロードマップがないのです。 これは、一般的なNFTのプロジェクトとは全く異なるアプローチです。

また、自立したモデルとして設計されています。

アーティストがGobblersのためにクールなアートを作れば、そのアートを使ったGobblersの需要が高まり、より優れたアーティストがこの分野に参入し、アートに飢えたGobblersのためにより良いアートを作り、フライホイール効果が生まれるのです!

4.NFTはどうなっているのか?
ここまでくれば、「Art Gobblers」が普通のプロジェクトでないことは明らかでしょう。

完全に開発された製品をリリースすることは、それ自体ユニークなアプローチです。 ユニークなコレクション機構が、さらに面白さを引き出しています。

アートゴブラーズのオーナーは、実は美術館のオーナーであり、アートゴブラーズは彼らの個人美術館であり、そのお腹のギャラリーのアートが展示品なのです。

アートゴブラーズのオーナーは、それぞれのアーティストの好みをキュレーションし、ユニークなアートゴブラーズとして展示しています。

さらに、このホルダーがアーティストにデザインを依頼し、Art Gobblersに楽しんでもらうことも可能です。

これに加えて、エコゲーム内でトークンの経済性の持続性を生み出すための仕組みもユニークですが、未検証のものです。

Axie InfinityやStepNなど、多くのトークンエコシステムの終焉を目の当たりにした後、真に持続可能なトークンシステムは信じられないほどです。

Art Gobblers が最終的に GOO を使ってトークン経済の持続可能なモデルを作ることができれば、大きなブレークスルーとなるでしょう。

このモデルが成功すれば、様々な新しいNFTプロジェクトや暗号ゲームに部分的または全面的に複製されることは間違いありません。 いずれにせよ、NFT空間をさらに進化させることにつながるでしょう。

最後に、「Art Gobblers」はNFTのアーティストに新しいものをもたらしてくれるという点です。

VRGDAの仕組みで白紙ページの生成を規制しているため、一定時間内に作成できる作品数が制限されます。

いわば、作品投稿に悩むアーティストに、短期間でも作品を掲載し、あらゆる視聴者に見てもらえるステージを提供するものです。

駆け出しのアーティストにとっては大きな宣伝になるし、有名なゴッホに作品が食べられたらもっといい。

そうすれば、Art Gobblersを持っていないコレクターにも、NFTの魅力が伝わり、コレクションに加わるかもしれません。

Art Gobblersページの二次流通が活発になる可能性がある。

全体として、Art Gobblersは、持続可能なアート制作のための分散型アプローチの魅力的な実験であり、NFT空間における可能性の境界を広げることを後押ししています。

このエコシステムがどのように機能するのか、楽しみですね!

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。