NFTの市場規模🌏拡大🚀レポートと簡単分析

NFTは、主にデジタルアートに対する需要の急増と、世界中の様々なデジタルプラットフォームによる暗号通貨の採用により、抜きんでて高い成長率でその市場を拡大しています。

市場調査の大手企業である戦略コンサルティングのブルーウィーブ・コンサルティング・アンド・リサーチ・プライベート・リミテッド(BlueWeave Consulting and Research Pvt Ltd. は、最近の調査で、2021年の世界の非可溶性トークン(NFT)市場規模を43億6000万米ドルと推定するレポートを出しました。
参照:https://www.gii.co.jp/publisher/blw/
ブルーウェーブは2022年から2028年の間に世界のNFT市場は23.9%という素晴らしいCAGRで成長し、予測期間終了時には195億7000万米ドルという途方もない市場規模に達すると予測しています。

他にも、コンサルティングおよびグローバル調査会社VMR(Verified Market Research)が発表したレポートによると、NFT市場の全体的な価値は2030年までに2,310億ドルに上昇すると予想されています。
VMRが発表したNFT市場スペースに関する202ページの調査レポートによると、世界のNFT市場は2021年に113億ドルと評価されるという。報告書によると、このセクターは今後8年間で33.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。
VMRのレポートは、成長コンサルティング会社SkyQuest Technologyが2022年5月に発表したNFTに関する同様のレポートのラインに基づいています。当時のレポートは、2022年から2028年までの時間帯で同様の成長率を34%と予測し、2021年の市場を157億ドルと評価しています。

さて、この目覚ましいNFTの需要の高まりの内訳には、どのようなジャンルが関わっているのでしょうか?

NFTの世界市場 簡単紹介

まず、VMRレポートは、ゲーム業界を採用の主な推進力として着目しています。
例えば、Enjinはインフラストラクチャをブロックチェーン技術と統合して独自のトークンENJをリリースした最初のゲーム会社です。Enjinはゲーム世界の資産をNFTに変換し、ゲーマーがそれらを収益化できるようにしました。
他にも、Axis Infinity(AXS)は、プレイ・トゥ・アーン・ゲームをユーザーに導入することでNFT市場スペースに参入しました。フィリピンでは、Axie InfinityがCOVID-19パンデミック中にゲーマーに代替収入源を与えました。AXSは規制機関の注目を集め、プレイ・トゥ・アーンの追加後に関心の対象となりました。

そして、スポーツ業界では、ダッパーラボとUFCのパートナーシップがUFCグッズを発売していると、VMRレポートで言及されています。UFCストライクはNBAのトップショットに似ており、NFTを使用してUFCの試合の瞬間を収益化およびデジタル化しています。

ところで、デスクワーク業界においては、NFT市場であるOpenSeaについてもレポートは言及し、OpenSeaがAdobeサービスと連携して、ビジネス部門にブロックチェーン技術を統合したことについても語っています。

さらに、NFT市場を牽引する大きな要因の1つは、世界中でデジタルアートの需要が高まっていることです。2022年10月24日時点での、NFTプロジェクトの業績(トータル)上位6位は以下のようになっています。

  1. Bored Ape Yacht Club
  2. CryptoPunks
  3. Art Blocks
  4. Otherside
  5. Loot
  6. Azuki

今後もNFT牽引されて、次々に新しい市場やビジネスが増えていくようになるでしょう。
ますます目が離せません!

参照
NFT market worth $231B by 2030? Report projects big growth for sector (cryptonews.net)
Market Tracker | NFT Sales History & Trends | NonFungible.com
NFT Collections Listed By Sales Volume | CoinMarketCap

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。