NFTは小陽線を迎える 本物のリバウンドか、偽物の強気相場か?

NFT市場の「ミニブーム」における各主要プレイヤーの歩みを年表でご紹介します。
時系列で見ると、NFT市場の回復の原動力が様々な局面で見て取れます。

  1. まず、NFT市場はBlurのエアドロップ・キャンペーンによってすでに温まっていた。 10月以降の3回のエアドロップは、Blurで継続的に取引する習慣を養うようなもので、特に第3回のエアドロップはBlurプラットフォームの取引の深さと流動性と集計効率を向上させるものであった。

2.その後、BendDAOが正式ローンチに続いてApeCoinの誓約キャンペーンを開始し、それに伴うNFTの担保比率の調整により、そのエコシステム内の様々な事業者が互いに引き合うだけでなく、NFT市場が「新しいお金」を印刷し資本活用を向上させることに成功しました。

  1. 最後に、短期的に様々なNFT優良プロジェクトのポジティブなニュースが同時に発表されたことが、市場の信頼感を高め、価格と取引量の両方を上昇させる需要を生み出しました。

まとめ
この短い1カ月を振り返ると、NFT市場のさまざまなプレーヤーが長い間協力してきたことがわかります。Blurは流動性のための土台を作り、市場を温める「スターター」、BendDAOはApeCoinのトップフローイベントを利用して、「新しいお金」の元となるトップブルーチップの流動性を開放する「メインコース」、NFTブルーチップはすでにお金がある状態で「デザート」を演じたのでした。 良いニュースが流れて相場が盛り上がり、銀行員の個人投資家が力を合わせて相場を引っ張った。

その象徴が、ほぼNFTFi主導の強気相場であり、BendDAOは「引き金を引く」良いタイミングを選んだということだ。 しかし、NFT市場の金融化は常に諸刃の剣です。一方では、NFTFiとNFTの金融化によって市場全体の流動性が高まり、資本利用率が向上することを期待する一方で、担保不足と過剰レバレッジによる暴落という恐るべき事態を恐れているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。