【7月のNFTマーケット】フリーミントの「ミニサイクル」は冬の始まりの合図!?

7月のNFT市場は、数量ベースでは、7月以降NFT市場は低調に推移しています。

しかし、この寒々とした低迷の中、まだ注目すべきプロジェクトがあります。 弱気な流れを変えることはできなかったが、市場のくすみを打ち破り、暖かくはないが明るい冬の日差しのように、「フリーミント」をテーマにした本線の小波が始まりました。

歴代のNFTプロジェクトの中でも特に人気の高い「CryptoPunks」は、2017年6月に「Free Mint」という形で
発売されており、最近の「Free Mint」の人気はやや「復活」の感がある。 CryptoPunksがNFT初期の「氷河期」に生まれたとすれば、今は「現代の冬」、つまり信頼度が低く、
「フリーミント」なしでは本当に成功しにくい弱気な市場である。

プロジェクトは低迷している
市場の低迷により、多くの投資家が活動停止状態に陥り、
残った投資家もガス料金以上のお金をかけて
「長いサイクルの」NFTプロジェクトに賭けようとはしなくなった。
「夢を売るのか? 早く見せろ、でないとガソリン代も払わないぞ」とでも言わんばかりの空気感です。

“ブランディング “や “メタ宇宙インフラ “の「パイ」は今、売れていない。

The Possessed、すでに「ブランド育成」カテゴリーで最近のPFPが健闘しています。 ホワイトリストの過剰発行により、0.25~0.35ETHの価格帯で1万NFTをすべて売却することに成功したが、フロア価格は0.6ETHの高値にとどまり、下落に転じるまで約1週間安定していたという。

もう一つの「ブランド育成型」PFPは、IsekaiMetaで、これもホワイトリストを売りすぎて、10,000から7,777まで減らし、最終的に0.15 – 0.25 ETHの価格帯で売り切れた。 一時的にブレイクアウトした後、IsekaiMetaは上昇トレンドを再開し、0.5ETHの高値で床を付け、現在は0.45ETH付近で推移しています。

The PossessedもIsekaiMetaも、発売の数カ月前から、売り切れという成功の第一歩を踏み出すことができたのです。 同様に、NFTのプレイヤーも、長く続いてきた「メタ宇宙インフラ」に興味を失っている。

NFT Worldsの突然の大幅な資金不足により、残りの
「ランド」プロジェクトに資金が移動することはなかった

“ロングサイクル “プロジェクトの高い市場価値は、
「期待値」、すなわちロードマップに設定されたそれらの「可能性」に大きく依存しているのである。
また、こうしたグランド・ナラティブの実現には比較的大きな資本が必要だが、「価値への期待」はまだ吸収が遅すぎるのも事実である。 弱気相場では、投資家は0.1ETHのリアルマネーを支払ってまで「夢をつむぐ」ことを望んでいない。
これは、以前のNFT市場のブームがETHの流動性の波及に比較的依存しており、「文化的ブランド」や「メタ宇宙のインフラ」としての説得力のある価値の独立性をまだ実証できていないことを反映したものでもあります。

「ロングサイクルのプロジェクトは人気がないだけでなく、その保有者も忍耐力を失っている。 例えば、2次元メタバース統合プラットフォーム「World Wide Webb」の一部のホルダーは、公式Twitterから毎日「gm(グッドモーニング)」とつぶやくことで、新しい展開がないことを茶化し始めています。 また、Web3の世界で最も厄介な3つの言葉は、「すぐ」「長期的なビジョン」「価値」だという。

“フリーミント “プロジェクト成功の鍵
市場環境が悪いと、投資家は自信も忍耐力も失い、「早く入って早く出る」という戦略になってしまうのです。 フリーミント」プロジェクトといえども、成功させるのは簡単ではありません。 投資家にとって適切な「ポジショニング」と、適切なペースでの「オペレーション」ができているものがベストと言えるでしょう。

プロジェクトの位置づけ
従来のPFPルートを選択した「フリーミント」プロジェクトは、有料のミントプロジェクトに比べて立ち上げがスムーズでしたが、「デススパイラル」の影響を非常に受けやすいものでした。 売り切れた後、プロジェクトオーナーが「応募の空白期間」を乗り切るために、迅速に提供できるコンテンツを考えることは難しく、投資家はすぐに売り切れるでしょう。 ひとたびフロアプライスが叩き出されると、プロジェクトの既成の人気は一気に消え、流動性が失われることになる。 流動性が失われると、その後の「ブランド」物語を支えるロイヤリティ収入が途絶え、投資家を完全に失い、プロジェクトが消滅してしまうのだ。

一方、「ネスティング(DeFiプレイ)」ルートの「プレッジマイニング」「合成・アップグレード」プレイは、迅速にオンライン化することができ、「プロットネスティング」プレイは主流となりつつあり、流動性の維持のために新規投資家を惹きつけるサスペンスがより多く生み出されています。 結局のところ、NFTは常に話題性がないことは死を意味する「アテンション・エコノミー」であり、現在は特にそうであると言えます。

プロジェクト・オペレーション
うまく「期待管理」しないと、選手の忍耐力が納品前に消えてしまうかもしれません。 良い「期待管理」とは、プレイヤーに「デフィプレイ」があることを知らせることであり、過度に明示することではありません。 プレイヤーへのメッセージとしては、最初の配信時間を明確にし、できれば1週間以内に、配信内容も直感的にサスペンスフルであることが望ましいと思います。

WAGMI ARMYは、市場ではうまくいっていませんが、この画像は「先読み経営」の良い例です。

プロジェクトが完売したら、「ネスティング(DeFiプレイ)」でリアルにライブを行う必要があります。 God Hates NFTeesとWZRDSの場合、前者は1週間足らずで合成アップグレードを実施し、後者は1カ月足らずで9つの契約を展開してストーリーラインに合わせたゲームプレイを更新し、God Hates NFTeesは「アプリ真空期間」中に話題を維持するためにオフラインミームキャンペーンまで展開しました。

The PossessedもIsekaiMetaも、発売の数カ月前から、売り切れという成功の第一歩を踏み出すことができたのです。 同様に、NFTのプレイヤーも、長く続いてきた「メタ宇宙インフラ」に興味を失っている。

NFT Worldsの突然の大幅な資金不足により、残りの「ランド」プロジェクトに資金が移動することはなかった

“ロングサイクル “プロジェクトの高い市場価値は、「期待値」、すなわちロードマップに設定されたそれらの「可能性」に大きく依存しているのである。 また、こうしたグランド・ナラティブの実現には比較的大きな資本が必要だが、「価値への期待」はまだ吸収が遅すぎるのも事実である。 弱気相場では、投資家は0.1ETHのリアルマネーを支払ってまで「夢をつむぐ」ことを望んでいない。
これは、以前のNFT市場のブームがETHの流動性の波及に比較的依存しており、「文化的ブランド」や「メタ宇宙のインフラ」としての説得力のある価値の独立性をまだ実証できていないことを反映したものでもあります。

「ロングサイクルのプロジェクトは人気がないだけでなく、その保有者も忍耐力を失っている。 例えば、2次元メタバース統合プラットフォーム「World Wide Webb」の一部のホルダーは、公式Twitterから毎日「gm(グッドモーニング)」とつぶやくことで、新しい展開がないことを茶化し始めています。 また、Web3の世界で最も厄介な3つの言葉は、「すぐ」「長期的なビジョン」「価値」だという。

“フリーミント “プロジェクト成功の鍵
市場環境が悪いと、投資家は自信も忍耐力も失い、「早く入って早く出る」という戦略になってしまうのです。 フリーミント」プロジェクトといえども、成功させるのは簡単ではありません。 投資家にとって適切な「ポジション取り」と、適切なペースでの「オペレーション」ができているところがベストと言えるでしょう。

プロジェクトの位置づけ
従来のPFPルートを選択した「フリーミント」プロジェクトは、有料のミントプロジェクトに比べて立ち上げがスムーズでしたが、「デススパイラル」の影響を非常に受けやすいものでした。 売り切れた後、プロジェクトオーナーが「応募の空白期間」を乗り切るために、迅速に提供できるコンテンツを考えることは難しく、投資家はすぐに売り切れるでしょう。 ひとたびフロアプライスが叩き出されると、プロジェクトの既成の人気は一気に消え、流動性が失われることになる。 流動性が失われると、その後の「ブランド」物語を支えるロイヤリティ収入が途絶え、投資家を完全に失い、プロジェクトが消滅してしまうのだ。

一方、「ネスティング(DeFiプレイ)」ルートの「プレッジマイニング」「合成・アップグレード」プレイは、迅速にオンライン化することができ、「プロットネスティング」プレイは主流となりつつあり、流動性の維持のために新規投資家を惹きつけるサスペンスがより多く生み出されています。 結局のところ、NFTは常に話題性がないことは死を意味する「アテンション・エコノミー」であり、現在は特にそうであると言えます。

プロジェクト・オペレーション
うまく「期待管理」しないと、選手の忍耐力が納品前に消えてしまうかもしれません。 良い「期待管理」とは、プレイヤーに「デフィプレイ」があることを知らせることであり、過度に明示することではありません。 プレイヤーへのメッセージとしては、最初の配信時間を明確にし、できれば1週間以内に、配信内容も直感的にサスペンスフルであることが望ましいと思います。

WAGMI ARMYは、市場ではうまくいっていませんが、この画像は「先読み経営」の良い例です。

プロジェクトが完売したら、「ネスティング(DeFiプレイ)」でリアルにライブを行う必要がある。 God Hates NFTeesとWZRDSの場合、前者は1週間足らずで合成アップグレードを実施し、後者は1カ月足らずで9つの契約を展開してストーリーラインに合わせたゲームプレイを更新し、God Hates NFTeesは「アプリ真空期間」中に話題を維持するためにオフラインミームキャンペーンまで展開しました。

サスペンスを創る、サスペンスを早く届ける、次のサスペンスを創る…。売り切れた後、絵を開くのにさえ数日待たなければならない昔のリズムに比べ、現在のプロジェクトオーナーは、「プロジェクト運営」に関して、まず少なくとも「早く入って早く出る」ことは可能であると投資家を説得し、そのもろい自信を一歩ずつ強めていく「早業」をしなければならないのだ。

“フリーミント “プロジェクトはどこまでいけるか?
制約された物語

通常の「DeFiプレイ」の場合、「合成のグレードアップ」以上の物語が展開されないことが多い。 それに対して、「エピソードセット」は長期的な展開の可能性が高い。 ゲームに参加するためには購入が必要なメインプロジェクトに加え、収益を上げるためのサブプロジェクトを複数作成することができます。 ストーリーラインそのものと、それに付随して常にアップデートされるゲームプレイの両方が、話題を呼び続けることができるのです。 しかし、問題は、そのストーリーが本当にいいのか、ということです。 QQホームランド時代のワードゲームに匹敵するインタラクティブ性は、どのように魅力的なのでしょうか? その日のうちに、プロジェクトに新たな価値が生まれるのでしょうか。

ニッチな「プロットネスティング」プロジェクトの中には、「ゲーミフィケーション」-「ノベライゼーション」を超える知見を与えてくれるものもありました。 NFTを保有することで、新たなフィクションがアンロックされ、特定の物語の重要なポイントでのみプレイヤーが交流し、プロットの方向性に影響を与えることができるようになり、特定の属性NFTの保有者だけが影響を与えられる方向性が存在するのです。 NFTホルダーは、小説を「購読」するだけでなく、「著者」の権利も一部享受することができます。

不安定な収入源
“フリーミント “プロジェクトは、プロジェクトオーナーに初期収入をもたらすことはない。 売れ残った後は、十分な入れ替わりを確保してロイヤリティ収入を確保したり、投資家に様々な名目で新企画の費用を出してもらったり(例えば、冒険家を遠征させるなら、身につける剣の費用が必要)、「話題性」を維持することが必要だ。 しかし、現在の市場環境では、一般的に投資家はすぐに利益を得て、後ろを振り返らない傾向があります。

“Defi遊び “は確かに面白くなるのですが、短期的な裁定取引にしか向かないという固定観念を変えるために、インプレイゲームの上に立たなければ、それを維持するための収益は、おそらく「話題性」の消失によって途切れてしまい、結局、それ自体も市場全体も強くはならないのです。

まとめ
最近の「フリーミント」プロジェクトの寿命は長くないかもしれないが、冷え込んだ弱気市場の中で、誰かがまだ面白いものを作り、市場にエネルギーを注入していることを知ることは、いくらかの慰めにはなるだろう。 フリーミントのブームも徐々に去り、NFT市場は再び主役不在の混沌の時代に突入したようです。 NFT市場が新たな驚きをもたらしてくれることを待ち望んでいます。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。