注目すべき新興NFTプロジェクト5つ

周りを見渡すと、驚くような新興のNFTプロジェクトが静かに台頭しています。

ここ数週間、「NFTはついに死んだ」という議論が主流になっていますが、エコシステムのクリエイターや夢想家たちは、すべての雑音に負けずに頑張っています。

注目すべき5つの新興NFTプロジェクト

1)アーキペラゴ

ArchipelagoはArt Blocksの愛好家によって作られた、あらゆるジェネレーティブ・アートのためのカスタムNFTマーケットプレイスです。 本稿執筆時点で、プロジェクトは1週間以上稼動していますが、この短期間ですでに、このプラットフォームの利点とこれまでにないデザイン要素に多くの賞賛が寄せられています。

重要な理由: 他のNFT市場は、エコシステムの中で急成長しているジェネレーティブアートシーンのニュアンスを満たすという点では、多くの不満があります。 ジェネレーティブ・アート愛好家のニーズに応えるという意味でも、Archipelagoは近い将来、NFTスペースの主要な活動拠点になるはずです。

2)アスタリア

Astariaは、元SushiのCTOであるJoseph Delongが率いる会社で、鑑定人、借り手、貸し手の3つのステークホルダーを中心に、新しいピアツーピアのアプローチでNFTレンディングプロトコルを提供する予定である。

重要な理由: NFT貸出プログラムの現場は、プロダクト・マーケット・フィットを達成しようとするプロジェクトの中で、昨年から拡大し続けています。 アスタリアの前例のないデザインは、この分野での飛躍的な進歩につながるかもしれません。

3) ブエノ

Buenoは、NFTクリエイターのためのコードレスなツール群です。プロジェクトの最初の主力製品は、NFTジェネレーター機能で、Photoshopなどの芸術的なレイヤーをアップロードし、NFTコレクションのルールやレア度を自分でカスタマイズするだけで、NFTコレクションが作成できます。 また、プロジェクトはコードレススマートコントラクト展開ツールをリリースしようとしており、アートをカスタマイズして、Buenoハブから好きなときにNFTコントラクトを展開することが可能です。

重要な理由: Buenoのツールは、技術的なバックグラウンドを持たないクリエイターが、独自の高度なNFTプロジェクトを展開することを容易にし、今後数年間でNFTのエコシステムが大きく拡大する可能性があります。

4) ClubNFT

ClubNFTとは 長年、暗号アートの専門家であり、クリエイターでもあるArtnomeが率いるNFTのインフラプロジェクトです。 Artnome自身、初期のコレクションにプライベートサーバーを使用したため、多くの貴重なNFTを失いました。 しかし、プライベートサーバーは今でも多くのNFTに使用されています。 ClubNFTは、ユーザーがどのNFTが保管の危機にあるかを確認し、後で使用するためにバックアップを取ることを目的としています。

重要な理由:人々がNFTを購入するのは、無期限にアクセスできるようにしたいからです。 ClubNFTはこのプロセスを容易にし、今後数年間で弾力性のあるNFTエコシステムの開発を促進する態勢を整えています。

5)Spores

Sporesは、Zoraプロトコルの上に構築された音楽NFTミキサーアプリケーションです。 このプロジェクトでは、ユーザーが音楽NFTをミックスし、そのミックスを「Spores」としてIPFSデータストレージ・ネットワークに保存することができます。

重要な理由Web3の騒動で、人々は分散型アプリケーションが本当に面白いのかを見失っていることがあります。 私にとっては、「Spores」は面白さのテストに大きく合格しています。 ある日、このプロジェクトで1時間以上遊んで、音楽的なNFTのDJプレイを楽しみました。 このようなクリエイティブで楽しい企画をもっと見たいし、『Spores』が今後の展開を示唆するものであれば、もっとたくさん見ることになることでしょう!

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。