OpenAIがDAOだったら?ガバナンスの混乱を避けられたかもしれない

OpenAIのガバナンス問題とDAOの可能性

OpenAIは、安全な汎用人工知能(AGI)の開発を目指す非営利組織です。その目標は、全人類に平等に利益をもたらすこと。しかし、最近の内部動揺は、組織の構造問題ではなく、ガナバンス規則の不明確さと不合理さに起因しています。例えば、董事会のメンバーが減少し、最終的にはわずか3人でOpenAIの運命を決定する可能性があります。CEOの交代などの重要な決定も、全体の董事会の討議を経ずに行われたことが指摘されています。

これに対し、DAO(分散型自律組織)は、技術自由主義者によって提案された、コードに完全に依存し、人間の干渉を最小限に抑えることを目指すシステムです。しかし、現実には、理想的なDAOは実現不可能であり、多くのDAOは、コードによる制約を補助として、人間の政治的調整に依存しています。DAOの最大の特徴は、より広範な利益と参加機会を提供する「Community Driven」に変わりました。

OpenAIのAGIも、高度な自律性を目指しています。AGIは、ほとんどの経済的に価値のある作業で人間を超える性能を持つ高度に自律的なシステムと定義されています。このような自律的なシステムをどのように治めるべきか、内発的な人間の価値観の調整と外部の制約のどちらに依存すべきか、は重要な問題です。

最近のOpenAIの動向では、90%の従業員がCEOのSamに従って辞職する意向を示しました。これは、DAO分野で過去数年間にわたって議論されてきた、コードによる規則とコミュニティの共通認識のどちらが重要かという問題を反映しています。

結論として、規則と制約は多くの共通認識を形成することができますが、真に偉大な共通認識は、規則によってではなく、共有された使命感と文化的価値観によってのみ達成されます。人間関係でこのような共鳴を生み出す方法はわかっていますが、AIについてはどうでしょうか?これは、OpenAIだけでなく、全てのAI関連組織が直面する重要な課題です。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。