アンドレセン・ホロウィッツ、NFTのライセンス取得を発表

NFTは以前からライセンスの問題を抱えており、2022年8月31日、ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ(以下:A16z)がこの問題の解決策を提案し、クリエイティブ・コモンズが開拓したモデルを基に、NFTに合わせた6種類のライセンスセットを設計したと発表した。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスと同様に、”Can’t Be Evil”と呼ばれるNFTライセンスの様々な提案を通じて、様々な権利を利用することができます。 🫡

A16zが公開するライセンスは、無償のパブリックな”Can’t Be Evil”ライセンスで、変更可能かつ取消不能なものでもあります。複製、展示・頒布、ヘイトスピーチの撤回、商用利用、改変・翻案、サブライセンスの5種類の権利を提供しています。NFTのために特別にデザインされ、クリエイティブ・コモンズの作品にインスパイアされています。A16zは、弁護士を雇って数段階のライセンスの概要を説明させるとともに、採用希望者のためにGitHubで公開しています。

一部の出版社は、クリエイターが作品を共有するために無料の著作権ライセンスを作成した非営利団体「クリエイティブ・コモンズ」に注目したが、その他のNFTの取り組みによって、その地位は曖昧なものとなっている。 無権利プロジェクトの出現で、A16zは所有者がどのようにNFTを使用し、他者がどのように使用できるかを明確にすることが急務だと考えています。

A16zは、クリエイティブ・コモンズと同様に、弁護士が審査した様々なライセンスオプションを無償で提供することにより、NFTの利用方法について業界標準を確立したいと考えています。
 業界基準としては、次のように考えています。
(1)NFTクリエーターの知的財産権保護(または解放)を支援し、
(2)NFT保有者に取り消し不能の権利を付与する。
(3) クリエイター、権利保有者、およびそのコミュニティが、知的財産の枠組みを明確に理解した上で、プロジェクトの創造的かつ経済的な潜在力を引き出すことができるようにする。

CryptoKittiesを開発したDapper Labsは、過去にライセンスの標準化を試みていますが、NFT業界では一貫したアプローチはありません。不穏な法律は現在進行形で、ユーザーや投資家、そしてA16zのような企業を悩ませています。 このライセンス供与が成功することを期待したいですね👏

NFT LABO編集部 SION
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

Andreessen Horowitz宣布NFT许可证🪪

一直以来NFT都存在着许可问题,在2022年08月31日,风险投资公司 Andreessen Horowitz (A16z)对这个问题提出了解决方案,宣布称已经设计了一组六个许可证,这些许可证是基于 Creative Commons 开创的模型为NFT量身定制的。 与知识共享许可一样,通过各种提议名为” Can’t Be Evil ”的 NFT 许可, 可以获得一系列权利。🫡

Andreessen Horowitz发布的的许可系统是免费的,公开的’‘不能作恶’’的,许可证也是可修改和不可撤销的。 它们提供五种不同的权利:复制、展示和分发、仇恨言论撤销、商业使用、修改和改编以及再许可。 专为 NFT 设计,并受知识共享工作的启发。” Andreessen Horowitz 还聘请了律师来帮助概述几个级别的许可,并且还在 GitHub 提供给那些想要采用它的人。

有一些发行人转向Creative Commons,这是一个非营利组织,建立了免费的版权许可,以帮助创作者分享他们的作品,但其他NFT的努力使其地位变得模糊。随着一波无权保留项目的出现,a16z认为迫切需要明确所有者如何使用NFT,并允许其他人使用它们。

Andreessen Horowitz希望通过提供一系列经过律师审核的免费许可选项,为如何使用NFT建立一些行业标准,其方法类似于Creative Commons.(1)帮助NFT创作者保护(或释放)他们的知识产权(IP)权利; (2) 授予 NFT 持有者一个不可撤销、可执行且易于理解的权利基线; (3) 帮助创作者、持有者和他们的社区释放他们项目的创造性和经济潜力,清楚地了解他们可以工作的知识产权框架.🤲

虽然包括CryptoKitties的创造者Dapper Labs过去曾尝试过标准化的许可,但在NFT行业还没有形成任何一致的方法。这是一个持续的 ,不缺定的法律,正在困扰着用户和投资者,还有像Andreessen Horowitz这样的公司。希望这次的许可可以成功.👏

NFT LABO編集部 诗言

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。