日本アニメのセル画 NFTマーケットプレイス「楽座」がグランドオープン!

RAKUICHI株式会社は、世界に誇る日本の文化財であるアニメや漫画のNFTマーケットプレイス、「楽座(RAKUZA MARKET PLACE)」を7月1日にグランドオープンしました。

RAKUICHI株式会社は、世界に誇る日本の文化財であるアニメや漫画のNFTマーケットプレイス、「楽座(RAKUZA MARKET PLACE)」を7月1日にグランドオープンしました。
 楽座は、日本のアニメ業界の技術的な変遷により、新たに作られることのなくなった「セル画」の所有権NFTに特化した日本産のマーケットプレイスです。今や貴重な文化財とも言える有名なアニメのワンシーンを「世界にひとつだけのあなたの権利」としてNFT化し、価値のやり取りを可能にします。

 日本のアニメが世界的に評価される中、アニメの制作の副産物であるセル画や原画が美術的にも広く認められるようになり、世界中のオークションで現物の取引価格が急騰しています。
 楽座では、鑑定書や認定書のついたセル画や原画等の現物作品を適切に管理・保存し、さらにブロックチェーンによって所有権をNFT化することで、資産価値を有する存在として強固なものにし、世界中でセル画や原画等の価値のやり取りを可能にします。

 また、NFT所有者はNFTをBURN(無効化)することで、現物を所有することが可能です。楽座では、現物所有を希望するユーザーがNFT(アイテム)をBURNした場合、現物のセル画や原画を所有者に配送するシステムを構築しています。このようにNFTと現物資産を組み合わせた価値のあり方を提案する楽座プロジェクトは、暗号資産のシーンにおいても世界初の画期的な試みであり、プロジェクト最大の特徴であるため非常に注目されています。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。