日本のNFTシーンの独自性:ローカリティと日本文化

国には文化があり、文化の違いによって、各国のNFTプレーヤーコミュニティは異なる特徴を持ちます。 これらの違いは、プロジェクトの種類に対する好み、美的感覚、「ダイヤモンドハンド」に対する動機、さらにはNFTに対する認識など、さまざまな側面に反映されています。

母国語の違いから、NFTプロジェクトのDiscordサーバーの一般的な(ジェネリック)チャットチャンネルでは、こうした文化の違いを感じ取ることは容易ではありませんが、母国語の異なるチャンネルのチャット内容を観察すると、より分かりやすいと思います。 今回は、Rhythm BlockBeatsが日本のNFTプレイヤーの皆さんに詳しくお話を伺いました。 インタビューに答えてくれた日本のNFTプレイヤーは、チェインゲームギルドの創設者から8年以上Cryptoに投資しているBitcoin OGまで、経験豊富なDiscord Modから普通の若手プレイヤーまで、多岐にわたっています。 このような日本のNFTプレイヤーとの会話を通じて、日本のNFTプレイヤーコミュニティの特徴を垣間見ることができました。

“慎重”

NFTへの投資は学習曲線が高く、新規プレイヤーがNFTの世界に入るには常に制約がありました。 日本の「慎重さ」が、多くの日本人をNFTに二の足を踏ませている。「NFTに投資したいと思っている日本人は多いと思うんです。

このNFTはかっこいい、買いたい!と思う日本人は多いはずです。 しかし、MetaMaskとは何か、OpenSeaとは何か、簡単に始められるものではありません。 また、“ひどい詐欺に遭わないか?“という心配もされるでしょう。

同時に、NFTサークル内の情報の流れは主に英語であり、日本のプレーヤーが情報にアクセスすることはさらに困難になっています。 したがって、日本のNFTプレイヤーにとって「地域に根ざしたコミュニティ」は非常に重要であり、これがNinjaDAOの成功の要因の1つです。日本語のコミュニティは、日本のプレイヤーが投資対象を判断するための情報にアクセスしやすく、またコミュニケーションをとりながら「コミュニティを楽しむ」ことを可能にします。

主に海外に影響力のある村上花を除けば、NinjaDAOのCryptoNinja Partnersは日本のローカルNFTプロジェクトでNo.1です!総保留数22,222、0.8%、フロア価格は3ETH近く、非常に良い市場パフォーマンスです!。

エンジョイコミュニティがDiscordサーバーに求めるものは、特定のNFTプロジェクトのクリアリングハウスではなく、多くのセクションと複雑な構造を持つ大型BBSのように、「集団コミュニケーション」の間に「個人の裁量」を排除し、プレイヤーがコミュニケーションするためのプラットフォームであることです。 例えばNinjaDAOの場合、日本人以外のNFTプレイヤーは、最初に入るときに戸惑うかもしれません。

低価格、さらにはFree Mintは「警戒心」を克服するための戦略でもあるのです。 日本のNFTプロジェクトは0.005ETH未満で提供されることが多く(例えば、前出のCryptoNinja Partnersは0.001ETHで提供されています)、古いプロジェクトのNFTは新しいプロジェクトをホワイトリスト化するフィルターとして使われることが多いのです。 インタビューでは、この戦略の有効性を「トライアル」と呼び、日本独自の「おたく文化」を引き合いに出して、次のように斬新に説明する人もいた。

“日本には、絵のうまいアマチュア作家の絵を買う文化があり、それはオタク文化と呼ばれています。 この趣味のコレクターにとっては、NFTを買うか現物の絵画を買うかの違いは、支払いが日本円かETHかだけかもしれません。 しかし、NFTは目新しいものであり、儲けようと思って購入する人も多い。 ですから、「絵が好き」という前提で、安価に試せるというのは、かなり魅力的です。 スーパーで見慣れない新ブランドのシリアルを見て、小さなトライアルパックを買って味見するようなものです。 このNFTの体験の後、すべての面が良ければ、プレーヤーは投資を続けるでしょう」。

また、日本のNFTプロジェクトは、オフラインの活動を発展させ、オフラインのインパクトを実証することにかなり重点を置いています。 インタビューでは、これがプロジェクト側の対症療法的な動きであることは確認できないものの、「慎重さ」についてはうまく機能していると感じたようだ。

ShikibuWorldは、同社のIPが2021年に長崎県警の「防犯大使」に任命されることや、同シリーズが現在0.5ETHのフロアプライスを持ち、注文保留率はわずか1%であることに言及した。

NinjaDAOのオフラインイベント「CryptoNinja Festival 2022」は、周辺機器の販売やクリエイターとの交流会など通常の活動に加え、カード収集大会やニンテンドースイッチのトーナメント、多彩な番組によるライブなど盛りだくさんの内容で開催されました。 また、親子で参加できるように、子供向けのエンターテイメントスペースやおむつ交換室、子供たちの世話をするヘルパーも用意されました。

‘プリファレンス’

NFTを知ったきっかけは「StepN」が大半を占め、「StepN」の金儲け効果が薄れた後も、日本のゲーマーは「XX To Earn」ジャンルに熱狂している。 Play To Earn」、「Move To Earn」、さらには「Sleep To Earn」と、日本のゲーマーはStepNに匹敵する驚異的な「XX To Earn」プロジェクトを求めています。 あるインタビューによると、日本のゲーマーが『XX To Earn』に熱中していた最中には、未成年者が巻き込まれることもあったそうだ。

この熱意は、新規プロジェクトの混在に一部のプレーヤーが失望したため、ある程度は薄れています。 という姿勢は概ね共通していました。

“市場には、美しい物語を提供できない、あるいは単に提供しようとしないものがあまりにも多く存在します。 私は、プロジェクトの初期のポンジ段階を否定はしませんが、そのプロジェクトが短期的に何を提供できるか、また長期的に何を達成したいかについて、明確な計画を持っているかどうかを確認する必要があります。 今、私が欲しいのは、こだわりを持って作られた製品で、それはUI/UXの美しさ、スムーズな操作性など、さまざまな方法で判断できます。 楽しく使えれば、待つ必要のある長期投資も厭わない。”

PFPに関しては、「あまり興味がない」という回答が多くなっています。 また、「スペキュラティブ・グラフィックス」という概念も比較的新しく、コレクション志向が強く、気に入った作品に適切な価格で出会えれば買いたいと考えているようです。 根拠となるデータは乏しいが、日本のNFTプレイヤーにはPFP愛好家よりも「○○To Earn」愛好家が多いこと、PFP愛好家はお金を使うことに前向きで、「○○To Earn」愛好家は「ゼロイヤ」の傾向があることは比較的確かであるとの回答が大半であった。

日本のゲーマーは、PFPの美学にも好意的です。 CryptoPunksとBored Ape Yacht Clubのアートワークには興味がないという回答が大多数で、ある回答者は次のように述べています。

“CryptoPunks “や “Bored Ape Yacht Club “を好きな日本のNFTプレイヤーに会ったことがありません。お金を出して買う人はいると思いますが、アートスタイルはあまり好みではなく、日本人好みとでも言いましょうか。 日本人は日本のマンガ的なデザインを好む”

既存市場の中から優良案件を選ぶとしたら、回答者が圧倒的に選んだのは「アズキ」だった。 日本のNFTプロジェクトの歴史的なランキングを数量で見ると、確かに日本のマンガジャンルのNFTが圧倒的に多い。

また、日本のNFTは日本のゲーマーに人気があり、初めてNFTを買ったのは日本からという人が7割、さらに日本のタイトルだけを買ったという人も3割います。 日本のNFTの方が安心感があり、人気があるとのことでした。 その理由は、経営陣に日本人がいることで親近感が湧き、言葉の問題もないため、より深く知ることができるからです。 フェイバリットとは、上記のスタイルプリファレンスのことです。

‘仏教徒’

コミュニティでは、日本人プレイヤーの「仏教徒」ぶりが印象に残っています。 というような発言を目にしたことがあります。

“StepN “で1日10ドル稼ぐのも悪くない。 健康を手に入れながら、ある程度の収入があるのは、かなり満足度が高いです。

これは孤立したケースかと思ったが、インタビューに答えてみると、このような考えを持つ人は多いが、前提条件が違うことがわかった。 プロジェクトがしっかりしたものであれば、1日10ドルでもいいし、確実な長期投資と見なすという意見もあった。 また、このような見方は、低コスト/すでに回収されたコストに基づいているとの意見もあった。 しかし、こうした前提条件があるにもかかわらず、日本のプレーヤーはもう少し「仏教的」だと思うのです。

また、日本のコミュニティではFUDが少なく、プロジェクトに対するサポートが示されることが多いのも「仏教的」なポイントです。 インタビューに答えてくれた人の中には、これは「国家的な問題」かもしれないと感じた人もいた。

「日本のプレイヤーは、プロジェクトに賛同する傾向が強く、少なくとも批判することはほとんどありません。 これは日本人の性格と関係があるかもしれません。誰かが率先して全体の不満をかき立てない限り、人々はまだ批判を控えめにしており、人々は悪者になることを嫌がったり、突拍子もない意見を言うことを恐れたりしますし、この傾向はNFT新参者や有力ではないコミュニティメンバーほど顕著になります。

では、日本の選手が「ダイヤモンドハンド」が多いのは、このためなのだろうか。 そうでもないんです。 少なくとも、インタビューに答えてくれた人たちの答えから判断すると、彼らの「仏性」は私が思っていたよりも純粋なものだったようです。

“NinjaDAO “の棚割の低さを指摘されていましたね。 彼らのコミュニティでは、HOLDがそこそこのコンセンサスになっており、海外のNFTプレイヤーにも注目されるレベルに達しているので、日本のNFTが海外に進出するのは良いことだと思います。 しかし、私はHOLDしなければならないような声に囲まれるのはあまり好きではありません。 好きなものを、好きなときに、買う・売る。 それがあなたの自由です。それがNFTの本来の姿なのに、なぜHOLDでなければならないのでしょうか? 興味を持ったら買って、持って楽しむ。 興味がなくなれば、離れていく。 かつて保有していたNFTを売却することに嫌悪感を抱くのは、本当に不思議なことです。 もちろん、こうした合意形成は、ファウンダーであるイケハヤ氏自身の影響力や信頼性と表裏一体のものである。”

もうひとつ興味深いのは、Discordの日本人メンバーは、あまり頻繁に@everyoneされることを好まないのですが、重要な新情報を見逃す可能性のあるDiscordの通知をオフにすることに苦労しているという点です。 解決策は簡単で、通知を受け取る役割を設定すれば、安心して利用することができます。

結論

昨年6月、@zenryoku_ethは、保有者の住所を重複排除した上で、日本のPFP購入者の推定人数を約8000人とする統計を発表しました。 CryptoNinja Partnersの成功は、日本のNFTを海外に持ち出す第一歩となり、このプロジェクトの大成功により、急成長する日本のNFT市場に注目する人が増えています。 現在、PFPサーキットの王座は同社のパブリッシャーであるNinjaDAOが握っているが、今後さらに資金が投入されることで、さらなる高波が押し寄せるかもしれない。 しかし、「より大きな波」は、やはり日本の国産NFTからやってくるのだろう。 各国のNFT市場は、文化的に適切な「ローカルフレーバー」のオペレーション戦略があってこそ、ユーザーからより愛され、信頼されるようになるのです。

また、日本のNFTプロジェクトのコミュニティ運営戦略にも触発されました。 これまで私たちは、個々のNFTプロジェクトの成功に重きを置いてきました。 しかし、発売後、コミュニティ内の「結束力」とコミュニティ外からの「注目度」を維持することは、しばしば大きな課題となっています。 長期的なビジョンの実現は、ユーザーに即座に頻繁に自信を与えるものではないため、増分資金が乏しく、物語に魅力がない場合、「NFTに長期的に投資する」ように仕向けることは困難です。 強気市場の時に「物語を買う」ことが目的だったとしたら、今は「コミュニティを買う」ことが目的になっている。日本のNFTプロジェクトは、低コスト、大規模なコミュニティ、「友情」の構築によって「投機的感覚」を薄める解決策を示しているのだ。 このソリューションには、もっと多くのディテールがあり、私たちはそれを探求する必要があります。 結局のところ、頻繁に行われるチャットや、シンプルで伝統的なコミュニティイベントを通じて「友情」を築くことはまだ難しいのです。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。