🔰初心者向け:NFTを投資として判断する5要素&2022年投資先NFTプロジェクト5選

NFTアートやNFTゲームは良い投資先なのでしょうか? 2022年現在、ユーティリティに特化したNFTやNFT競馬プロジェクト、NFT土地プロジェクトなど、非常に多くのNFTが市場に出回っており、投資として正しい判断を下すことが困難になっています。

プロバイダーによっては、新しいインセンティブとしてのNFTの景品を提供し始めたところもあります。ここで考慮すべき要素はたくさんありますが、まずNFTへの投資方法を研究する際に、念頭に置くべき主な5つの要素について掘り下げてみましょう。

NFTを投資として判断する5要素

価値上昇の可能性

NFTアートへの投資の主な魅力の1つは、時間の経過とともに起こりうる価値上昇です。その代表的な例が、2017年に74ドルで購入されたCryptoPunk 1422です。BusinessInsiderは最近、このNFTが2021年10月に200万ドルという驚くべき価格で売却されたことを指摘しました。この例は、多くのNFTが劇的な価格上昇の可能性を持っていることを浮き彫りにしています。

限定ユーティリティコンテンツへのアクセス

NFTへの投資は、単にクールな美術品や音楽を手に入れるだけでなく、多くの場合、限定ボーナス・コンテンツを手に入れることができます。NFTコレクションの制作者がオーナーをイベントに招待したり、Airdropで追加のNFTを提供したりするのはその代表例です。

エリートコミュニティへの参加

ハイエンドNFTでは、所有者が専用の「コミュニティ」に参加できる場合が多く、資産に威信が加わります。有名な例としては、Bored Ape Yacht Clubがあり、有名人や著名人を含む他のBored Ape所有者が集まるDiscordサーバーが運営されています。また、オーナーにはコミュニティが運営する落書き掲示板「The Bathroom」にもアクセスできるという特権があります。

クリエイターをサポートできる

自分がファンであるクリエイターを応援するために、投資先として最適なNFTを購入するのもよいでしょう。NFTは、クリエイターが作品を発表し、ファンが作品を購入することで直接的に応援することができるという素晴らしい方法であることが多数証明されています。特に、有名ではないクリエイターが制作資金を集めるため、NFTを提供することでクラウドファンディングのような役割を果たす場合も多く、この場合も制作資金を得たクリエイターが有名になることで、クリエイターをサポートできる上、NFTの価値上昇にもつながります。

所有権の表示が容易

最後に、多くのNFT所有者は自分の資産でもあるNFTをソーシャルメディアのプロフィール写真として表示するなどして活用しますが、NFTは「非腐敗性、唯一無二」であり、ブロックチェーン技術によって所有権が確定しておりNFTはコピーすることができません。したがって、思う存分所有権をコピーされるリスクなく提示することができます。

2022年投資先NFTプロジェクト5選

NFTへの投資方法を研究する場合、投資家が利用できる最高の資産を理解することが非常に重要です。以下に、投資先として推薦できるNFTの5選と、それらが高い人気を誇っている理由を紹介します。

クリプトパンクス

NFTアートへの投資方法を色々と調べるうちに、CryptoPunksが頻繁に言及されているのを目にしたことがあるかと思います。CryptoPunksは最初のNFTコレクションの1つで、当初は2017年に発売されましたが、NFTの流行が始まると、これらの「Punks」はその「先発者」ステータスによってプレミアム資産として見られるようになりました。今でも、多くが数百万ドル単位で取引されています。

Bored Ape Yacht Club(ボアードエイプ・ヨットクラブ)

Bored Ape Yacht Clubは、「退屈な猿」をテーマに描いた1万点のNFTアートのコレクションです。コレクションの立ち上げは控えめだったでしたが、この「猿」はステータスのシンボルとみなされ、多くの著名人や高名な人物が関わるようになりました。現時点(2022年11月11日)で、Bored Ape Yacht ClubのNFTの売上は、EminemやSnoop Doggなどが投資を行ったおかげで、10億ドルを突破しています。

Mythia

Mythiaは、サイバーパンクやアニメのキャラクターを表現した3,333点のユニークなアートから構成されており、NFTカレンダーに追加する価値のあるコレクションです。しかし、Mythiaの魅力は主に追加特典にあります。すべてのオーナーは、大きな可能性を秘めた今後のNFTドロップについて話し合う専用のDiscordサーバーにアクセスすることができるのです。また、NFTの投資プロセスを合理化する一連のソフトウェアツールも利用できます。

エンバース

Embersは、NFTへの投資を始めようとしている人々にとって、検討する価値のあるもう一つのコレクションです。他の多くのコレクションと同様に、Embers NFTは一見シンプルなアートピースで、それぞれがユニークな特徴と美学を備えています。このコレクションは間もなくリリースされ、合計5,555個のNFTを手に入れることができ、将来への輝かしいロードマップが用意されています。

Pudgy Penguins(プーディー・ペンギン)

最後に、Pudgy Penguinsは、投資家が購入してプロフィール写真として飾ることができる、ランダムに生成される8,888匹の「ペンギン」のコレクションです。このコレクションは2021年7月に発売され、それ以来、合計1億4千万ドル以上の取引高を記録しています。ペンギンは鋳造時にわずか0.03ETHで購入できますが、あるペンギンは45万ドル以上で落札されるなど、巨額の値で取引されています。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。