ロールス・ロイスがチャリティに約1億円寄付💰ファントム・シリーズII 6台×NFTを販売

ロールス・ロイスは中東で6台の新品のファントム・シリーズIIとNFTの販売を決定しロイヤリティとして20%がチャリティ団体に寄付されました。オーナーは実際の車と一緒に、対になったNFTを受け取ります。

世界最高級の車と現代アート、チャリティ活動のコラボが実現しました。

ロールス・ロイス ファントム シリーズII

ロールス・ロイスは、何があっても顧客を満足させるという努力のもと、自動車業界の頂点に立つブランドであり、卓越性と壮麗さの象徴として、第一線で常に素晴らしいクルマを生み出してきました。今回、ロールス・ロイスは地域社会に恩返しをするために、再び何か特別で新しいものの創造に挑戦しました。

ロールス・ロイスのアラブ首長国連邦(UAE)のドバイとアブダビの支社が、たった1本の電話から、サシャ・ジャフリという世界的に有名な現代アートのアーティストとコラボした車を生み出すプロジェクトを発案しました。

“The Six Elements” 「シックス・エレメント」

純粋な芸術的表現の中に封じ込められた、生の元素の力。The Six Elementsは、Phantom Galleryの新しい遺産を高め、最も高い評価を得ているアーティストに自然界の最も強力な構成要素を抽出するよう依頼したものです。地球、火、風、水、空気という自然界の最も強力な構成要素と、「第6の要素」を抽出します。世界最高の車であるロールス・ロイスに、自然界の最も強力な構成要素である地、火、風、水、空気、そして「第6の要素」である人間性を凝縮させました。

ロールス・ロイスの自動車は、少数の人々のために設計されていることは理解していますが、多数の人々のことも考えています。そのため、Phantom ‘The Six Elements’は100万ドルのチャリティを行う予定です。この目標を超えて、6台のファントムは、NFTのユニークな取り組みにより、最初のチャリティ寄付金以降も寄付を続け、さらに大きな価値を提供します。

ロールス・ロイス・モーター・カーズ中東・アフリカ地域ディレクター César Habib氏

そして、サシャ・ジャフリは、6台のPhantom Series IIの「ギャラリー」を描くという大役を任されました。
大地、水、火、風、空気、そして人間を創造的かつエレガントに表現することが今回のプロジェクトのミッションで、ジャフリはその挑戦を受け、ロールス・ロイスはオーナーを探すことになりました。

アーティスト:Sacha Jafri(サシャ・ジェフリ)

ジャフリ氏は、独自のビジョン、スタイル、色使いで、Phantom Series IIのために、6つのエレメントをテーマにしたユニークなギャラリーを制作しています。この作品は、伝統的な5つの元素をテーマにした英国人アーティストの作品に、「人間性」という要素を加えたものです。その根底にあるメッセージは、世界に人間らしさを取り戻し、自分自身の中にバランスを見出すことの必要性です。

サシャ・ジャフリにとって、それぞれの元素は異なる感情、精神、エネルギー、目的を呼び起こすものです。火は情熱と信念を表します。火は、大地とバランスをとりながら、地に足をつけ、根を張ることを表します。空気は生命の本質であり、私たちが呼吸することを可能にします。風は私たちの自由な気持ちを高め、水は私たちの叙情性と流動性をサポートします。人間性は、愛と抱擁、そして魂のつながりをもたらします。

「6台のロールス・ロイス・ファントムは、各エレメンタル・フォースの感情を体現しているのです。芸術的な旅は、感情と意図に始まり、感情で終わる。地、火、風、水、空は、「新しい要素」である人間性(生命の本質)を加えることによって、さらに輝きを増します。

ロールス・ロイスは、意図、卓越性、パワー、ディテール、情熱のブランドであり、私自身と同じような旅を続けてきたブランドです。ロールス・ロイスは、私自身と同じような旅を続けてきたブランドであり、先駆的な称賛を受けながら、新たなレベルの業績を打ち立ててきました。共感することで、私たちの世界の精神、エレメント、そして個人だけでなく、普遍的な意識というものの魂と再びつながることができるのです。

私たちは、これらの価値を継続的に満たすことを目的とした旅に乗り出し、私たちの意図を純粋に保ち、永遠に駆り立てていくのです。今回の依頼は、美的インスピレーションのための芸術を取り入れるだけでなく、魂の育成、精神の高揚、そして真の慈善活動の具現化という、これらの原則を示しています。

Sacha Jafri

“The Rolls-Royce That Keeps on Giving” 初回売却で1億円のチャリティを達成したNFT

わずか1週間で、6台すべての車が中東の買い手が見つかりました。

車のオーナーはサシャ・ジャフリのデザインした車と一緒にNFTも手に入れることになります。6つのフライスルーアニメーションを含む「The Rolls-Royce That Keeps on Giving」NFTです。

NFTはファントムシリーズIIのグローブボックス内に設置され、6人のオーナーは自分の車に座ったままNFTを体験することができます。そして、それぞれの車にこのデジタル・アートワークのNFTを見ることができるQRコードが貼られていますが、クルマとNFTは常にセットで所有しなければならないというわけではありません。したがって、所有者が望めば、NFTを売却することも可能です。しかし、QRコードはグローブボックスに刻まれたままなので、NFTの売却額の20%が、自動的にロールス・ロイスがキュレーションする慈善団体にロイヤリティとして寄付される仕組みになっています。

ロールス・ロイスは、これらのユニークな車を「Six Elements Collection」の一部として販売することで、このプロジェクトの当初の目標である「地域貢献」を達成し、それを上回る100万ドル以上のチャリティを集めることができました。寄付金を受け取ることができる団体は、12月に開催されるプライベートイベントで発表される予定です。

おわりに

ロールス・ロイスのファントムというブランドは、車内に「ギャラリー」を所有しています。

一枚のガラスでできたダッシュボードは、ファントムシリーズIIのみジャフリの手描きの「シックスエレメンツ」のギャラリーを中心にデザインされています。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。