【AD】Meta-morphic(メタモルフィック): Huang Yuxing氏の紹介

アジアで最も需要の高い現代アーティストの 1 人である Huang Yuxing氏 が、LiveArt で初の NFT コレクションを発表しました。

Huang Yuxing氏 は 1975 年に北京で生まれ、2000 年に中央美術学院の壁画部門を卒業しました。Huang氏の作品はオークションですでに 800 万ドルを超えており、最近では彼の壮大な川の景観である「Seven Treasure Pines(2016–19)」の販売が行われ、6,480 万香港ドル (830 万ドル) で落札されました。これは予測の​​ 13 倍以上で、1970 年以降に生まれた中国人アーティストとしては記録的な金額です。

Huang氏は、制作過程を反映し保存する絵画で広く知られています。彼の作品のスタイルの並外れた統合は、抽象化に近い超現代的なネオン パレットで表現された伝統的な中国の風景画を想起させるイメージで、幅広い魅力を持っています。

Huang Yuxing, “Gyatso’s Palace”, 2019–2020

2012 年、Huang氏は木、トラップ、メルティングポットなどの作品を制作しました。豊かな蛍光色が円錐形と楕円形の幾何学的なアイコンと出会い、独特の風景を形成し、Huang氏の創造を更に次のステージへと押し上げています。

初期の「River」と「Bubbles」もこの時期に作成されました。この一連の作品では、濃淡の異なるネオンカラーが重なり合い交差し、なめらかな曲線が大きさの異なる泡を形成し、力強く官能的な色彩を放っています。 「River」と「Bubbles」が自然からインスピレーションを得ているのに対し、「Treasure」 は内側からインスピレーションを得ています。変幻自在な形の楕円形の無限の繰り返しは、シュルレアリスム(超現実的)でダイナミズムな感覚を生み出します。これらのクリエイティブな要素は、メタモルフィックの重要なテーマです。

Huang Yuxing, “Treasure”, 2017

Huang氏の作品スタイルの変化は、彼の世界観の深化と密接に関係していると考えられています。チベットでの滞在時間は、彼の世界観と創造性に大きな影響を与えています。

“私は大学時代からチベット文化と仏教に興味を持っていました。少し経ってからは薄れましたが、大学1年生の頃から特にハマった時期がありました。私はチベットに旅行し、僧院に住み、そこで実際の人々と知り合ったので、チベットに対して私の見方が完全に変わり、物事に対する新たな見方が生まれました。”とHuang氏は述べています。

Huang氏はジェネレーティブ アートの可能性に興奮しており、これは待望の web3 への旅の始まりです。 「百人の心には百種の宝石がある。」 Huang氏 は、メタモロフィック を通じて、皆さんの心に秘められたユニークな宝石を発見できることを望んでいます。

LiveArt の詳細については、こちらからサインアップして最新情報を入手してください。

WL抽選リンク:

https://www.premint.xyz/liveartmetamorphic-exclusive/

元英語記事:

https://medium.com/@LiveArt/meta-morphic-introducing-huang-yuxing-69bb1cf4b935

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

Meta-morphic: Introducing Huang Yuxing

Huang Yuxing, one of the most in-demand contemporary artists in Asia, launches his first NFT collection — exclusively with LiveArt.

Huang Yuxing was born in Beijing in 1975 and graduated from the Mural Painting Department of the Central Academy of Fine Arts in 2000. Huang’s works have already passed the $8-million mark at auction, most recently via the sale of his epic riverscape Seven Treasure Pines (2016–19) which sold for HK$64.8 million ($8.3 million), more than 13 times its high estimate, a record sum for a Chinese artist born after 1970.

Huang Yuxing is widely recognized for paintings that reflect and preserve the process of their creation. His work’s exceptional synthesis of styles has broad appeal, with imagery that calls back to traditional Chinese landscape painting rendered in an ultra-contemporary neon palette that verges on abstraction.

In 2012, Huang Yuxing created works including Trees, Trap and Melting Pot. Rich fluorescent color meets conical and elliptical geometric icons, forming a unique landscape and pushing Huang’s creation to the next stage.

The earliest River and Bubbles were also created at this time. In this series of works, neon colors of different thicknesses overlap and intersect, and the smooth curves form bubbles of different sizes, with strong and sensual colors. While Rivers and Bubbles are inspired by nature, Treasure is inspired from within. The infinite repetition of the oval shape, protean in form, creates a sense of surrealist dynamism. These creative elements are important themes within Meta-morphic.

The changes in Huang Yuxing’s style are considered to be closely related to his deepening understanding of the world. His time in Tibet bears significant influence on his worldview and creativity.

“I have been interested in Tibetan culture and Buddhism since college. Although it faded a bit later, there was a period from my first year in college when I was particularly fascinated by it. I traveled to Tibet and lived in the monasteries and got acquainted with real people there, which completely changed my view of Tibet and developed another worldly perspective on things.” Huang Yuxing

Huang Yuxing is excited by the capabilities of generative art and this comes as a much anticipated journey into web3. “There are a hundred kinds of gems in a hundred people’s hearts.” Huang hopes that through Meta-morphic, the audience can discover the unique gem hidden in their hearts.

Learn more about LiveArt and sign up for updates here.

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。