VCから投資されたNFTのプロジェクトをどう評価するか?

NFTの人気プロジェクトのほとんどがVCの投資を受けております。

Doodles
@sevensevensix

Proof/Moonbirds
@sevensevensix ($10M)

Yuga Labs
@a16z

Rumble Kongs
JDS Cryptoが主導

Jenkins the Valet
@16z

NFTホルダーにとって、これはどのような意味を持つのでしょうか?

NFTトレーダーとして、NFTはエンジェル投資と同じように見られているため、
「NFTは良いチームから買いなさい」とよく言われます。
このようなアーリーステージの製品にとって、唯一不変なのはチームです。

しかし、NFTを通じてそれらの素晴らしいチームに賭けた場合、必ずしも利益が出ることが保証されるのでしょうか?

株式を保有する場合とNFTを保有する場合の違いは、
主に3つあります。

1.ホルダーの関心+期待

2.価値はどこから生まれるか

3.保有者に対する責任

1.保有者の利益+期待

NFTホルダーは、コミュニティとブランドの基盤となる特定のデジタルアセットを所有することになります。 この資産に賭けているのだから、何らかの見返りを期待しているのである。

また、特に強気相場では、NFTのようなリスク資産の需要や人気が高まるため、プラスの投資収益が期待できるのです。 最後に、NFTは富裕度、ステータス、Web3ステイタス、Web3との同一性などに利用されています。

株主の皆様はいかがでしょうか?

株主の利益・期待はただ一つ、投資に対するプラスの財務的リターン、それだけである。 IPO前のVCにとって、このプラスの財務的リターンはさらに微妙で、VCは超富裕層に支えられた宝くじのようなものである。

1.VCは、LP(リミテッド・パートナー)から多額の資金を調達し、ベンチャー企業に投資する。リミテッド・パートナーは、S&P 500 指数を上回るリターンを期待している。

2.VCは、自分の専門分野のN社のスタートアップに投資する。

3.ほとんどのスタートアップは失敗するが、少数の「成功」した企業が他の損失を補う。

4.LPはこれらの勝利によって資金を取り戻し、VCは利益を上げ、次の資金調達のための評判を構築する。

5.このサイクルが繰り返される。

では、このような資金をNFTのプロジェクトに投入する意味は何なのでしょうか?

VCは、失われたコストをカバーするだけの成功を確保する必要があるため、大きな市場機会と成長の可能性を持つプロジェクトにしか投資しない。2倍、3倍(通常10億ドル以上)のプロジェクトでは不十分で、100倍程度が必要)

NFTプロジェクトの場合、これは必ずしもNFT保有者に直接利益をもたらすものではなく、公共のために役立つ製品/サービスを生み出すことを意味します。
OG NFTホルダーはマーケティングの触媒としては良いが、長期的な利益を削り取るので、この緊張感がROIの予測に影響するのだ。

価値はどこから生まれるか

しかし、どちらのタイプのホルダーも、良いブランド/製品から価値を得ています。

NFTの保有者は、トークンの価格が上昇し、より多くの有用性が得られるため、無料の製品/サービスを求めています。

一方、株主は、より多くのドルから価値を引き出します。

これは利益相反にあたります。

保有者への責任

最後に、これは最後のポイントにつながるのですが、NFTプロジェクトの株主に対する責任は、株式と比較してどうなのでしょうか。

NFTプロジェクトが0.08ETHで1万枚を販売し、フロア価格が10ETHに成長した場合、10ETHの価値を提供する必要があるのでしょうか。

エクイティの面では、会社が成長し、投資によって利益を得ることを望む株主に対して、契約上の受託者責任を負っています。 このバランスはプロジェクトによって異なり、何らかの価値創造をもたらすことになります。

NFT側では、Mintが設定した期待値に依存します。創業者はフロアプライスをコントロールできませんが、資金の使い道をコントロールすることは可能です。 NFTが3年で満期になることを明示していれば、保有者は3年後に何も得られないと文句を言うことはできない。

エクイティの面では、企業はNFT保有者に報いる一方で、「価値を買う」のではなく、「価値を創造する」方法を見つけなければなりません。これはどういうことでしょうか?

例えば、@veefriendsは、Productive Puffinをお持ちの方に、一般販売と並行して、無料で商品を提供する商品協同組合を立ち上げました。

Veefriendsは、特定のNFT保有者に価値を提供しながら、構築しているブランドから利益を得ているのです。 具体的には、フロア価格がいくらであろうと、商品の生産コストは、ホルダーが支払うドルよりもはるかに低いのです。

さて、NFTホルダーとエクイティホルダーの違いを理解した上で、VCから資金提供を受けるNFTプロジェクトに期待することは何でしょうか?

1.実行力の向上

企業は、ビジョンを実行するための資金を調達し、トップネットワークや採用の専門家にアクセスすることができます。 完全無料のイベントのケータリング、ソフトウェア製品の構築、ブランドの拡大、製品の製造……。 いずれも資本と人材が必要です。

VCがいれば、創業者は「ああ、諦めます」と言って、お金を持って立ち去ることはできない。 前述したように、VCには「100倍行くか、潰れるか」という期待感があります。

これらのNFTは、少なくともロードマップを完成させようとすることが分かっているので、「比較的安全な投資」であり、ラグリスクは大幅に軽減されます。

2.ブランド評価とNFTの希薄化

トップショットはその良い例です。6億ドル以上の資金を調達したダッパーラボの株主に対する受託者責任は、お金を稼ぐことです。 彼らの主なビジネスモデルは、より多くの「モーメント」を販売することで、ブランド価値を高める一方で、NFTを希薄化させてきました。

また、Doodlesは最近、Etherを使った製品をさらに作っていくことを発表しており、このブランドは全く新しいコミュニティに参入することになります。 ホルダーが増え、ブランドも大きくなったが、NFTの希薄化という代償を払うことになる。

まとめ

1.NFT保有者は、ブランド/会社に賭けることで効用を期待する。

2.VCは100倍程度のリターンを期待する。

3.NFTホルダーとエクイティホルダーの緊張関係により、よりローコストな価値ある製品が生まれる。

資金調達は強力な実行力をもたらしますが、ブランドの成長は会社によって収益化され、NFTホルダーは期待される効用を受け取りますが、それだけなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。