コインベースNFTが一部顧客向けにベータ版を開始!今後は他の国にも拡大予定!!

Coinbase NFTがベータ版として稼動開始しました。 現在、EtherベースのNFTとETHの支払いに対応しており、Coinbaseの製品担当副社長であるSanchan Saxena氏は、近々完全なフィアットポータルが利用可能になると発言しております。

NFTは、ビットコインや米ドル紙幣などの「fungible」資産とは異なり、それぞれのトークンがユニークである特殊な暗号資産です。 NFTはそれぞれユニークであるため、アート作品、レコード、仮想不動産などのデジタル資産の所有権を確認するために使用することができます。

Ethernetブロックチェーン上のNFTは、最も一般的なトークン規格であるERC-721またはERC-1155(交換不可能なトークンを作成するためのデータ規格)を使用して作成します。
ERC-721規格では、作成者はスマートコントラクトを通じてNFTなどの独自の暗号資産を発行できます。 ERC-1155は半同種トークンを作成するためのトークン規格で、次のことを意味しています。 ERC-1155は、ゲーム内の武器、ヘルスパック、スキンを表すNFTを起動するために一般的に使用されます。

Coinbase NFTは、クリエイターやコレクターが集まり、デジタルアセットを発見、展示、購入、作成できるピアツーピアのコミュニティプラットフォームです。

Coinbase NFTプラットフォームに展示されるデジタルアートはNFTとして提示され、一意の識別子で「鋳造された」デジタルアセットを表します。 NFTは、物理的に印刷されたポスターではなく、イーサリアムのブロックチェーン上でデジタル化・符号化されており、写真、イラスト、録音、短編・長編映画、さらにはリサイクルアートの形態をとることができます。

今回のプラットフォームのベータ版リリース時点では、Coinbaseはデジタルイラスト、写真、動画などのファイル形式のみをサポートする予定です。 オーディオなど、より多くのファイルタイプに後から対応する予定があると、関係者は述べています。

ベータ版の発売は伏線があり、 4月上旬にはCoinbaseの公式SNSアカウントが「何かが来る、たぶん何もない」と投稿し、NFTマーケットプレイスの立ち上げが間近であることを示唆していた。 CoinbaseのNFTマーケットプレイスには400万人以上の登録ユーザーが行列を作っているというデータがあり、同社のCEOであるBrian Armstrong氏は、NFTが暗号通貨マーケットプレイスを追い越す日が来るかもしれないと示唆している。

Coinbaseのプロダクト担当副社長であるSanchan Saxena氏は、市場が待ち望んでいたCoinbase NFTマーケットプレイスが稼働し、誰もがベータ版NFTマーケットプレイスにアクセスできるようになったが、売買できるのは初期の一部のユーザーだけで、Coinbaseは少数のユーザーにベータ版Coinbase NFTに参加してもらうと指摘しています。

ベータテスターは、マーケットプレイスでプロフィールを作成し、NFTを売買できるようになる。彼らは、Coinbase WalletやMetaMaskなど、任意のセルフホスティングウォレットを使用できる。このプラットフォームでは、期間限定でコインベースが取引手数料を徴収しないとし、いずれ手数料は業界の標準に沿って上昇すると付け加えている。

ガス代に関しては、Coinbaseは分散型取引プロトコルである0x Protocolと提携し、取引を最適化してコストを削減しています。 0x ProtocolはCoinbaseと連携し、Coinbase NFTソーシャルマーケットプレイスを動かしています。 0x Protocolを利用することで、Coinbase NFT Social Marketplaceは、ユーザーがNFTを発見、購入、販売、接続できるようにするとともに、ユーザーにとってより低い取引コストを提供します。

コインベースは、NFTを売買できることに加え、NFTのマーケットプレイスでは、コミュニティの参加も可能になるとしています。 このコミュニティ構築機能は、Coinbase NFTがOpenSeaやLooksRareといった競合他社に対抗するための核となるものです。

私たちは、確かにNFTを売買できるマーケットプレイスを構築していますが、より重要なのは、それに参加できること、クリエイターと交流できること、コレクターと交流できること、そのNFTコミュニティから他のコレクターと交流できること、これは私たちの戦略の重要な部分です、とコインベース社の製品担当副社長のSanchan Saxenaは指摘します。 また、このマーケットプレイスは、Coinbaseのプラットフォームと同様に、顧客のKYCが必要で、ロイヤリティの仕様についてもクリエイターが柔軟に利用できるようになっています。

取引所がNFTマーケットプレイスを開設することは珍しくなく、最近ではBinance、FTX、Okcoinが開設しており、NFT市場の人気と相関しています。 しかし、Saxena氏によると、Coinbase NFTは暗号通貨の売買のメインプラットフォームとしてシンプルであるため、ユーザーに好まれるだろうとのことです。

さらに、関係者によると、Coinbase NFTはデジタルマーケットプレイスで、NFTを鋳造、収集、発見、展示することができます。リストユーザー向けに、Coinbase NFTへの一般アクセスが開始され、招待コードがあれば、すぐに開始することができます。 18歳以上で米国にお住まいの方は、ウェイティングリストにご参加いただけます。 Coinbase NFTは、今後続々と他の国にも拡大される予定です。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. ~NFTを活用したオープンタウンプロジェクトを実施しているウガンダのカルング村の「VISA」を手に…
  2. NFTは、現実世界とデジタルの世界を徐々に融合させていっています。 「希少価値の高い野球カー…
  3. ◆暗号資産の価格上昇 2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻を開始し、ロシアが米欧か…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。