DAOがなぜ今注目されているの?

前回は
DAOの概要とその具体的な活用例を説明しました。
【前回記事】
DAOとは?
http://nft-labo.tokyo/?p=1787
DAOの活用事例
http://nft-labo.tokyo/?p=1813

ではDAOがなぜこんなにも注目されているのか掘り下げていきたいと思います!

①DeFi拡大により需要が増加している
ガバナンストークンを発行するDAOですが、今後もDeFiの拡大によって需要は増加していく可能性があります。
DeFiは2021年以降に流行し、これまでに様々なプロジェクトが登場してきました。
現在多くのDeFiやNFTはDAOによって管理されていて、時価総額約2兆ドルの暗号資産のうち、DAOが管理している割合は大きくなっています。
更にツールや機能は、大幅にアップグレードされていて、今後もDAOでプロジェクトが運用しやすくなっていくと考えられます。

※DeFi:DeFi(ディーファイ)は、Decentralized Financeの略語で、「分散型金融」と日本語で訳されます。中央管理者のいない金融仲介アプリケーションのことです。

②NFTやメタバースと深い関わりがある
NFTやメタバースも2021年以降より一層注目されていて、この2つと関連しているDAOも存在していることから、DAO自体にも注目されていると考えられます。
「Decentraland(ディセントラランド)」もDAOの1つであり、その仮想世界で「LAND」と呼ばれる土地を購入できます。
更に、LANDを含めて、Decentralandで取り扱われるアイテムはNFT化がされていて、ユーザー同士でNFTの取引が可能です。
このようにNFTやメタバースが今後も普及していけば、関連するDAOも増えてくると予想されます。

③誰でもDAOが作れる
誰でも作ることが可能なので、敷居が低く今後も増えていくと考えられます。
従来の株式会社であれば、設立するまでに多くの手順が必要でしたが、DAOはスマートコントラクトに書かれた独自ルールに従い、ブロックチェーン上で実行される組織のため、外部からの介入を受けずに政府からも独立した存在となります。
ただし、DAOを作成したからといって、多くの人が参加したり、資金を集めたりできるとは限りません。
より多く集客するためには、プロジェクト自体が興味深いものや魅力的な内容である必要があります。

④ガバナンストークンの価値上昇
DAOが注目されるほど、ガバナンストークン(DAOで使用される仮想通貨/株式のようなもの)の価値が高まっていく可能性があります。
自分が賛同したプロジェクトに参加したい投資家が増加するほどそのプロジェクトのガバナンストークン自体の需要が高まるため、価値が向上していきます。
また、ガバナンストークンを保有することで、DAOで生じた利益の一部を受け取ることができる可能性があります。
保有することで投票権を得られるだけでなく、その他インセンティブも受け取ることができるとなると、DAOの参加者も更に増加していくと考えられます。

上記のように、DAOが注目されている理由はいくつかあります。
インターネット環境があれば誰でも参加が可能なDAOですが、必ずしも良いことだらけではありません。
次回は、DAOの問題点やリスクについてお伝えしようと思います!

NFT LABO編集部 CHIE

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. NFTは、現実世界とデジタルの世界を徐々に融合させていっています。 「希少価値の高い野球カー…
  2. ◆暗号資産の価格上昇 2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻を開始し、ロシアが米欧か…
  3. ついに世界初となるNFTレストランがニューヨークに誕生することが分かった。レストランの計画を発表し…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。