NFTを利用してお金を得る3つの方法

NFTは、現実世界とデジタルの世界を徐々に融合させていっています。

「希少価値の高い野球カード」

「デジタルアート」

「ゲーム内のアイテム」

「所有している現実世界の不動産」

ブロックチェーンと紐づけることさえできれば、後はマーケティングを駆使して販売をすることで合法的にお金を稼ぐ手段になり得ます。

基本的に、NFTの価格は希少性と実用性によって決まります。

1.NFTクリエイターとなり、自らの作品を売ること

プログラミングができるのであれば一からNFTを作成することができますが、OpenSeaなどのNFTプラットフォームにて、整った環境で簡単に作成することができます。

これはフェイスブックに個人情報を登録して作成をするのと同じように簡単です。

また、不動産をブロックチェーンと紐づけてNFT化し売買を可能にする「Propy」という名のプラットフォームも誕生し実例を作っています。

2.NFTゲームをプレイする

「AxieInfinity」はNFTゲームの中で最も人気のあるタイトルの一つです。

https://axieinfinity.com/

「Gods Unchained」というゲームはその他のゲームとくらべてスキルと戦略が必要です。

https://godsunchained.com/

車が好きな人には「Battle Racers」というゲームがあり、車をアップデートして強くしていくことができます。

https://battleracers.io/

サッカーが好きな人には「Sorare(ソラーレ)」というカードゲームがあります。

https://sorare.pxf.io/5eRoj

3.メタバース上で仮想世界を構築する

「Decentraland」の土地を購入したり、コミュニティを構築し経済を発展させてお金を稼ぐことができます。

ブロックチェーンベースのDecentralandのMinecraftの違いは、Decentralandではデジタル通貨にて売買が可能ということです。

ゲーム内で店舗を作り、アートやコレクションを販売することも可能です。

例えば、市場で早期に土地を購入してそこの土地の価値が上昇した際に差分を得るという現実世界と変わらない方法もあります。

まとめ

既存のプラットフォームにて生成してそのまま販売する方法が一番わかりやすく、ニュースになることが多いのもこのパターンです。

上記の手法に特化することも戦略としてありでしょう💡

ゲームで生活をすることは日本ではまだまだ難しく、より大きな知名度とクオリティのUPが課題となってくるでしょう。

利益の最大化を目指すのであれば、「土地の購入×NFTの販売」が最適でしょう。

買った土地に建物を用意して、その中でアートの販売をするという現実さながらの戦略がメタバース上で可能になっています。

その土地や建物が使いたい個人や企業が現れることで、より大きな価格で売却ができる可能性があります。

主なプラットフォームは💡

・Dicentraland

https://decentraland.org/

・The Sandbox

https://www.sandbox.game/jp/

メタバースの世界は日々目まぐるしい発展を遂げています。

編集部一同学びを止めずに頑張っていきますので今後とも宜しくお願いします!

NFT LABO編集部 SION

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. ~NFTを活用したオープンタウンプロジェクトを実施しているウガンダのカルング村の「VISA」を手に…
  2. NFTは、現実世界とデジタルの世界を徐々に融合させていっています。 「希少価値の高い野球カー…
  3. ◆暗号資産の価格上昇 2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻を開始し、ロシアが米欧か…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。