あなたのNFTは安全ですか?詐欺の手口と守り方を伝授します!

毎年3月15日は「世界消費者権利デー(World Consumer Rights Day)」です。

NFTは極めて新しい市場なので、様々な危険性も孕んでいます。

2021年の統計にて、NFTの取引高は140億ドルを超えました。

今現在、メタバースの世界を支える様々な技術が発展途上であることは事実です。
例えば、「NFTの法律」「取引の方法」「監督する方法」

以下がNFTにおける主な詐欺の手法です。

1⃣️ 資金集め詐欺
2⃣️ ハッキング
3⃣️ パッケージ型投資詐欺
4⃣️ NFTショップ偽造(釣りサイト詐欺)
5⃣️ 偽技術家がNFTを発売
6⃣️ ソーシャルメディア詐欺

新しい市場であるが故に様々な手法がありますが、自分の財産の安全を確保するにはどうすればいいのかも合わせて紹介していきます。

・ユーザー数が多く、有名で活発なプラットフォームでの売買に絞ること。
→NFT著作権の審査が厳格で作品の品質が一定以上に保たれている場合が多い。

・NFTのアドレスを遡り販売元を確かめる
→アカウントや作品が偽造されたものでないかのチェックをすること

・パスワードの使いまわしをしないこと
→Googleの自動で高度なパスワードを作成ができる機能がおすすめです!

鑑別する技術を身に着けてこそ、自分の財産の安全を最大限に確保することができます。

まずは購入前にNFT自体の仕組みやプラットフォームの理解から始めるようにして未然にリスクを回避できるようにしていきましょう!

NFT LABO編集部 SION

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. ~NFTを活用したオープンタウンプロジェクトを実施しているウガンダのカルング村の「VISA」を手に…
  2. NFTは、現実世界とデジタルの世界を徐々に融合させていっています。 「希少価値の高い野球カー…
  3. ◆暗号資産の価格上昇 2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻を開始し、ロシアが米欧か…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。