【2022年のNFT予測】流行語大賞から主流派へ・効率化、認証、中間マージン排除のためにNFTを使い始める産業が増える!?

2022年のNFTの大きな流れとして、大企業やブランドの関与が挙げられます。

業界関係者の間では、今年はメタバースやゲーム関連のNFTが他のどのタイプよりもトレンドになるとの見方がほぼ一致しています。

2022年には、よりNFTを意識した規制が登場すると思われます。

” NFT ” は Collins Dictionary の 2021 年の流行語大賞に選ばれています。 辞書の専門家の意見では、最近流行したどの言葉よりも、non-fungible tokenを表す頭文字が世界の主流を表しているそうです。

これは、コリンズが “この12ヶ月間、ソーシャルメディアから何度も聞いた流行語 “と表現するNFTの地位が大きく評価されたものです。

2021年のNFTの開発と同様に、業界関係者は2022年にNFTの採用がさらに進むと予想しています。

コメンテーターは、ブロックチェーンベースの「メタバース」やゲームプラットフォームで見られる年末の成長は、2022年のNFTの拡大につながると推定しています。 今年は規制の到来でNFT業界にも規制がかかるかもしれませんが、追い上げを狙う大企業の登場もあり、NFT業界は拡大していくでしょう。

さらなる成長とビッグブランドの巻き込み

2021年の輝かしい成功にもかかわらず、NFTはまだ非常に若いということを忘れてはいけません。 つまり、2022年は暗号の世界のサブセクターとしてさらに成長することが予想されます。

2021年のNFT市場の爆発的な成長により、この業界はまだ非常に若く、始まったばかりであることを忘れがちです。2022年には、NFT市場のさらなる成長と成熟が期待されます。

NFTのサブセクターで働くほとんどの人が、NFTはまだ始まったばかりだと感じており、2022年には暗号の中で最も有望な分野としてその地位を確立する可能性があります。

効率化、認証、中間マージンの排除のためにNFTを利用し始める業界が増えるでしょう。

NFTを利用したチケット販売とコレクティブルのプラットフォームであるYellowHeartの創設者Josh Katz氏は、「これは、NFTの実用性と目的に応じた利用が見られる次の段階でしょう」と述べています。

2022年のNFTの最大のトレンドの1つは、エレクトロニック・アーツなどの企業やアクティビジョンやルーカスフィルムの元従業員がここ数週間で行った好意的な声明が示すように、大企業やブランドの参加が増えることです。Mintableの共同創業者兼CEO、Zach Burksは、NFTの台頭によってブロックチェーン技術を利用する人が増加することを実感しています。 “大規模なブランドがNFTにコミットするだけでなく、公共部門でもNFTの新たな採用が進み、結果として暗号の採用レベルが高まるでしょう。 NFTと対話するために、このメディアとしてNFTを通じて初めてブロックチェーンと対話する人が増えていくことでしょう。

2022年にNFTのサブセクターがどれだけ成長するかは推測に過ぎないが、Zach Burksは「我々の予測を超えて拡大する」と見積もっている。
“2021年にNFTの取引量は30倍になりましたが、これは率直に言って、NFTが持つ真のグローバル性と大きな影響力に比べると大したことではありません。”だからこそ、2022年はNFTにとってより良い年になることを期待しています。
と語りました。

メタ・ユニバース、ゲーム、マーケティング、ラグジュアリー、音楽

Facebookがブランド名をMetaに変更したことで話題になったように、業界関係者がほぼ全員一致で、今年はメタバースやゲーム関連のNFTが他のどのジャンルよりも多くトレンドになると予想しているのは、驚くにはあたらないかもしれません。 実際、バークス氏は、このNFTの特殊な領域は「爆発する準備が整っている」と言う。

“すべてのプロジェクトがNFT “という大勝負に出れば、すべてが変わる。 NFTの所有権を通じて、仮想世界に自分の家を持つことを想像してください。 そうなれば、インターネットの風景が一変します。” Josh Katz氏も、2022年のNFTのトレンドのトップにゲームを挙げています。

GameFiは2022年に爆発的に普及する。

NFTの最も論理的な用途の一つであり、以前からそうだった。” ジョシュ・カッツの言葉です。

しかし、2022年にはゲーム/メタバース系のNFTも主流となり、他のタイプのNFTと交わるか補完されることになるでしょう。

“また、ブランディングやマーケティングの分野でもNFTの採用が進み、多くの主流企業が消費者とより深い体験的なつながりを作り、顧客エンゲージメントと収益アップの新しい道を切り開く方法としてNFTを使い始めるでしょう。”と述べています。 アレックス・サルニコフが提案する。

同様に、Josh Katz氏も、2022年にはNFTがマーケティングを後押しすると予測しており、YellowHeartの創業者は、高級品業界が物理的なデジタルペアリングによる本人確認にNFTを使い始めると述べています。 YellowHeartが主に音楽を扱っていることを考えると、音楽業界におけるNFTも今年(そしてそれ以降)のトレンドになると予測するのも無理はないだろう。 “音楽がようやくこの領域に参入し、2022年にはより多くのユースケースが見られるようになるでしょう。yellowHeartは2022年にNFTチケッティングに注力しているので、業界の適応を模索しますが、チケッティング3.0への大規模な移行は2023年まで期待しないでください “と述べています。

NFT、2022年に規制対応へ

もちろん、2022年のNFTの概観は、レギュレーションを抜きにしては語れません。 業界のデータによると、具体的な法律や施行は翌年以降になるかもしれませんが、NFT指向の規制は今年中に出始めると予想されています。

「今後の規制を予測するのは常に難しいが、今後1、2年のうちに何らかの規制が立案・提案されるものと考えている」バークス氏は、NFT関連の規制がどの程度広範に出現するかを予測するには、十分な情報がないと感じている。

バークス氏は、NFTは所有権のデジタル証明書であり、それ以上のものではないことが理想だと考えている。 “NFTが所有権を示す原資産、NFTベースの資産、規制の種類などの変化を反映させるべきである。” と言ったそうです。

2022年に規制が導入されるとしても、サブセクターの企業は規制の基本原則を支持し、NFTの全体的な成長にとってプラスになると考えています。

Alex Salnikovは、「私たちの目標は常にNFT技術の普及を促進することです。この目標を完全に達成するためには、規制当局と協力して、私たちのコミュニティに適用される法律を策定することが重要であると理解しています」と説明しています。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. ~NFTを活用したオープンタウンプロジェクトを実施しているウガンダのカルング村の「VISA」を手に…
  2. NFTは、現実世界とデジタルの世界を徐々に融合させていっています。 「希少価値の高い野球カー…
  3. ◆暗号資産の価格上昇 2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻を開始し、ロシアが米欧か…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。