集英社、「ONE PIECE」NFT販売

大手出版社の集英社は26日、NFT販売事業にて、マンガアートの新作として『ONE PIECE』のカラープリント作品を販売開始することを発表した。抽選販売申込受付期間は、2021年11月26日~12月6日。

今回販売されるのは、週刊少年ジャンプの人気作品『ONE PIECE』をカラープリントしたものです。

『ONE PIECE』では、冬のカットが描かれたカラー作品は少ないですが、常に雪が降っている「ドラム王国」の物語の絵から6枚を選出(各限定10枚)。「ウィンターワルツ」と題して公開されます。

また、生産技術にはスタートバーン社のブロックチェーンNFT証明書発行サービスが採用されており、販売されるマンガアート作品に、ブロックチェーン証明書「Cert.」が発行されます。

スタートバーン社とはブロックチェーンを活用した新時代のアート流通・評価のインフラとなる「Startrail」の構築をリード、そしてアート業界内外の企業・団体への導入促進。自社運営サービス「Startbahn Cert.」の展開サービス。

これによって作家や版元情報をはじめ、二次流通市場における歴史的なストーリーも継続的に記録される仕組みとなっています。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. ~NFTを活用したオープンタウンプロジェクトを実施しているウガンダのカルング村の「VISA」を手に…
  2. NFTは、現実世界とデジタルの世界を徐々に融合させていっています。 「希少価値の高い野球カー…
  3. ◆暗号資産の価格上昇 2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻を開始し、ロシアが米欧か…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。