バンダイナムコ、NFT事業参入!

バンダイナムコエンターテインメントとバンダイナムコライブクリエイティブは9月3日、

ブロックチェーンゲームの開発・運営を手がけるdouble jump.tokyo(DJT)への出資を発表しました。

融資を引き受けるのは、バンダイナムコグループ、Zホールディングス傘下のZ Venture Capital(ZVC)、仮想通貨取引所を営むbitFlyerの持ち株会社であるbitFlyer Holdings。

Zホールディングス傘下にあるLINEのグループ会社には仮想通貨取引所「LINE BITMAX」があり、同社は独自開発のブロックチェーン「LINE Blockchain」を運営。DJTはLINE Blockchainも活用し、「NFTをはじめとしたブロックチェーンのエコシステム拡大に取り組む」としています。

プレスリリースによると、バンダイナムコグループは「DJTへの出資を通じて、エンターテインメント領域における新たな価値創造を目指す」としており、今後バンダイナムコが有する知的財産のNFT化を進めていくものと考えられます。

DJTは今後LINEとの連携を更に深め、更にNFTを普及拡大していくとみられます。

NFT LABO編集部 REINA

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。