【P2E】Mars4で100倍のチャンス!?火星で収入を得られるNFTとは!?

今年前半までは、NFTのゲームにこれほどまでに資本が集まるとは多くの人が予想していませんでしたが、
今やチェーンゲーム市場は競争が激化しております。

メタバースという萌芽的な世界が現実と仮想の境界を曖昧にし始めた今、ゲームでお金を稼ぐことは、現実でお金を稼ぐこととほぼ同じです。

一早い投資家は、現実世界で最もグローバルなコンセンサスを得ている土地投資が、将来的にはメタバースゲームにおける富の追求の方向性にもなることを想定して
メタバースの土地を買い占めています。

だから、ゲームをただのゲームと考えるのをやめて、
先行者利益で100倍のチャンスを見つけましょう!!

Mars4

投資プロファイルにぴったりの案件が1つありました。それは、火星の土地資源ゲームと収益性の高いNFTモデルを組み合わせた「Mars4」です。

Mars4の、土地資源ゲームの富のコードとなるような特徴を見てみましょう。

プロジェクトのハイライト

Mars4のゲームシーンは、NASAのデータから作られた火星の3Dレプリカであり、プレイヤーは、Googleを使って地球を探索するように、このゲームで火星を探索することを楽しむことができるのです。

それがMars4の特徴であり、非常にリアルなメタユニバースの火星バーチャルワールドです。

このゲームでは、VRを使って仮想の火星を探索することができ、他のコンピュータで作られた3Dゲームよりもリアルで没入感があります。

ご存知のように、地球の陸地資源は、その希少性から世界中のあらゆる民族が時代を超えて略奪を競ってきた第一の資源であり、その富のコンセンサスは今も続いています。

むしろ、人類が火星に移住する日が来れば、火星の土地資源も未来の文明の競争相手になることは間違いないでしょう。

メタバースでは、リアルとバーチャルの境界が曖昧になり始めていますが、『Mars4』は、プレイヤーが心の底から「この星が欲しい」と思えるような、臨場感あふれる体験ができるVR探索ゲームです。 それは、火星の土地の資源を奪いたいという欲求にもつながります。

Mars4は、ゲームを成功させるための核心的な論理である「体験」を満たしていることは明らかであり、これによってパートナーのプロジェクトに対する自信も大きくなりました。

経済モデル

これからMars4の経済モデルを分析し、ゲームの成功に加えて100倍のスプリントを達成できるかどうかを検討します。

Mars4 NFTに投資された方は、もちろん自分の土地の価値が上がることを望んでいるでしょうし、自分のユニークな土地所有の願望を実現したいと思っているでしょう。

Illuvium社の共同設立者であるKieran氏が、Axie Infinityの仮想区画を昨年300ドルで購入し、その後28,000ドルで売却して9,200%の利益を得ました。

では、Mars4に描かれている火星のプロットも、大きな評価の可能性を秘めているのでしょうか?

もちろん、 Mars4では、このNFTユニットの1つが火星のユニークな土地に相当しますが、この土地は数に限りがあり、合計で99,888個のユニークな土地があります。

そう考えると、資源体験というジャンルのプレイヤーの数も膨大で、このユニークな9万以上の区画は結局希少価値になってしまうのではないでしょうか。

ゲームの絶妙な体験と相まって、資源占拠の欲求がプレイヤーに土地の買い足しを促し、Mars4の火星プロットが高い評価を受けることは間違いないだろう。

2つ目は、この区画を購入するには絶対にトークンが必要であり、$MARSを使ってしか区画を購入できないことです。

$MARSはMars4のゲーム内パスで、初期供給量は299億です。 この供給に臆することなく、火星NFTの収益モデルがどれほどすごいものなのかを見ていきましょう。

Mars4のウェブサイトの最初の文章を見てみましょう。

既存のNFTは、所有権を証明することはできますが、固定収入を得ることはできません。

Revenue Generating NFTとは、Mars4がDeFiの世界に先駆けて開発した、収益を生み出すシステムのことです。

NFTホルダーは、土地を所有するだけでなく、テラフォーミングによる移転やバーチャルエコノミーで収入を得ることができます。

ゲーム内の土地取引には$ MARSTokenが必要なため、手数料の一部がMars4 NFT保有者に分配され、パスシステムには$ MARSTokenのDeFiプレッジプールがあるため、プレッジ報酬の一部もMars4 NFT保有者に分配されます。

つまり、Mars4 NFTを保有することで、トレーディングと農業の両方の収入を得ることができ、毎月最大30%のリターンを得ることができるのです。

NFTはMars4を代表するプロットで、ゲーム的にもその評価の可能性を証明したところです。

そして今回、Mars4がDeFiの世界では初となる「NFT」システムを導入したことで、NFTを掴むことは家賃を徴収する権利を掴むことと同じになり、この火星の区画が値上がりしないわけがありません。

NFTプロットの評価ポテンシャルに加えて、MARS4がデュアルトークンの経済モデルを採用しているゲームであるため、MARS$ Tokenも非常に爆発的な人気を誇っています。

300億近いMARS$ Tokenの1/3が燃やされ、限られた数のNFTプロットが鋳造されます。

しかし、これらの製造されたMars NFTプロットはMARS$ Tokenでしか購入できないため、事実上デフレTokenとなっているのも特徴です。

トークンの値

そして、MARS$ Tokenの価値を2つの視点から分析します。

まず考えてほしいのは、Mars4のNFTホルダーであれば、火星の土地の地主のようなものだということです。

経済システム上、毎月最大30%のリターンがある取引と農業のダブルメリットを得ることに加え、Yieldの農業に参加したNFT農家自身にもTokenが還元されます(2%がNFT農家に割り当てられ、保有するNFTの数に応じてシステムが分配します)。

ですから、確かにNFTを売る余裕はないし、次に報酬を得るNFT農家は、もっとNFTの土地を買いたいと思うだけで、MARS$ Tokenの需要は高まります。

先に述べたように、MARS$ Tokenは実際にはデフレ・トークンなので、NFTの土地の需要と流通量の減少が相まって、MARS$ Tokenの価格は大きく上昇します。

第二に、価値の方程式のため、NFTの土地の価格が上昇すれば、トークンの価格も上昇します。 “1NFTの価格=199,888 MARS$ Token “となります。

このデュアルトークン経済モデルは、内蔵されたNFTの収益とDeFiトークンの再分配システムによって生み出され、最終的にはより多くのプレイヤーが参入し、NFTの土地を購入してMarsの地主になることで、MARS$トークンが爆発的に増加する可能性を秘めています。

Mars4のIDOは、9月中旬にSushiのMISOプラットフォームで行われる予定です。 ご興味のある方は、ぜひお見逃しなく。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。