エルミタージュ美術館、バイナンスからゴッホやモネなど所蔵作品をNFT化し販売!

世界3大美術館の1つ、ロシアのエルミタージュ美術館が、所蔵する美術作品をNFT化して販売することを7月26日に発表しました。

エルミタージュ美術館はロシア西部サンクトペテルブルクに位置する世界最大級の美術館であり、その建物自体も世界遺産に登録されています。

リリースによると、今回NFT化される作品にはレオナルド・ダ・ヴィンチの『リッタの聖母』、ジョルジョーネの『ユディト』、フィンセント・ファン・ゴッホの『ライラックの木』、ワシリー・カディンスキーの『コンポジションⅥ』、クロード・モネの『モンジュロンの庭の片隅』などが含まれるとのことです。

1枚の絵画につき、2個のNFTが生成され、1枚はエルミタージュ美術館に保管、もう1枚は 大手暗号資産取引所バイナンスが運営するバイナンス(Binance) NFTマーケットプレイスにてオークションに出品されるとのこと。詳細な日程は明らかになっていないが、8月末頃にオークションが行われる予定とのことです。

また、2個のNFTには、いずれも同館館長のミハイル・ピオトロフスキーの直筆サインや日付などが入る。署名した場所である同館の建物自体もメタデータに保存されます。

バイナンスNFTの責任者であるヘレン・ハイ(Helen Hai)氏は「エルミタージュ美術館がアート市場全体に示している経験は非常に貴重で、発展のための多くの新しい機会を与えてくれます。近いうちに、ブロックチェーンとアートのユニークな融合の発展にポジティブな影響を与えるプロジェクトがさらに増えてくると確信しています」と述べています。

NFT LABO編集部 REINA

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。