ミュージシャンのためのNftとDefiのソリューションopulousとは【ミュージシャンの悩みを解決するNFTプラットフォーム】

デジタルミュージックの現状

デジタル音楽の商業的権利に対する市場の強い需要に対し、オンライン音楽市場の発展は批判されています。

一方で、オンライン音楽市場は大手企業が大きく独占しているのが現状です。

スーパープラットフォームは、オンライン音楽エコシステムの中核を占めており、ユニバーサル、ソニー、ワーナーの3社で、世界の音楽著作権収入211億ドルの68.6%を占めています。

ネット上の音楽作品は、コピーや配信が非常に容易というデメリットもあり、複数回配信した後に著作権を確立することが難しいため、個人にとってもプラットフォームにとっても法的に防御することが困難な侵害が頻発し、大きな問題となっています。

インターネットが本格的に普及し、細分化が進む著作権取引の標準化は難しく、クリエイターの価値を効果的に評価することも困難であり、悪循環に陥ると、オンライン音楽市場に関わるすべての人が苦しむことになります。

クリエイターのために

著作権による収入が少ないこと、権利を守るためのコストが高いこと、創造性への情熱が失われやすいこと、独立した音楽家が生き残ることが難しいこと。

95%の音楽家は音楽だけでは生活できないといいます。

プラットフォームパーティーのために

音楽著作権費が過大で、維持費が高い。

オンライン音楽消費者のために

音楽ファンは、消費者としてのみプラットフォームの経済エコロジーに参加することができず、参加するインセンティブも限られています。

ブロックチェーンのNFTブームは世界のアート市場を席巻しており、NFTの改ざん防止や取引可能な特性は、従来のアート市場の効率を効果的に改善し、暗号資産ユーザーからの評価を得るだけでなく、より幅広い大衆消費者を魅了しています。

しかし、多くのアーティストやミュージシャンにとっては、ブロックチェーン技術のことをよく知らなかったり、良い作品があっても、自分で作品の著作権をアップロードして取引することができなかったりします。

これにより、作品の著作権のアップロードや取引をサポートするブロックチェーンプラットフォームが求められています。

そこでOpulousがそれらの問題を解決します!!

Opulousは、音楽配信・レコードサービス会社のDitto Musicが提供する、音楽著作権NFTの資金調達・貸し出し・取引プラットフォームです。

Ditto Musicは、世界最大級のデジタル配信・レコードレーベルであり、多くのミュージシャンを擁しています。

Opulousが正式にスタートすると、これらのミュージシャンが自分の作品の権利をNFTとしてアップロードし、プラットフォームを使って資金調達や取引ができるようになります。

Opulousの主な機能

1)ファイナンシング・プラットフォーム

音楽著作権のNFTファイナンスプラットフォームは、音楽家がOpulousプラットフォームを通じて、音楽著作権を含むNFTを事前に販売して資金を調達することができます。

NFTを購入・保有するユーザーは、主要な放送プラットフォームで音楽が再生された際の収益の一部を受け取ることができ、定価販売とオークションの両方に対応しています。 (ミュージシャンは販売する権利の量と価格を決め、プラットフォームは販売の形態を決める)

2)トレーディングプラットフォーム

音楽著作権を含んだNFTを異なるユーザー間で取引することをサポートするNFTの取引プラットフォームです。

3)レンディング・プラットフォーム

P2Poolのレンディングプラットフォームには、2つのタイプのレンディングがあります。

1つ目は、ミュージシャンが自分の音楽の権利を質に入れることができるものです

(ローンが完全に返済されるまで、Opulousプラットフォームが質に入れた音楽の権利を保持するというオフチェーンの契約)

融資は、音楽の将来的な収益を一定期間にわたって予測することで、予測収益の最大50%を上限として、プラットフォームに依頼することができます。

Opulousのプラットフォームでは、ミュージシャンの資格や音楽の権利を審査し、担保として利用できる音楽資産は、少なくとも2年間の再生収入の実績が必要です。

第二のタイプのNFT保有者は、NFTを担保にすることでプラットフォームから借入をすることができます。

Opulousの特徴を見てみると、全体的に融資、取引、貸付などの包括的なサービスを提供しており、一般的には音楽の権利をベースにした分散型の金融です。

Opulousの登場は、音楽業界に分散型金融を直接もたらし、ミュージシャンが必要な資金にアクセスする方法をある程度変え、オリジナルの音楽作品が音楽の権利を含むNFTとして連鎖する方法を提供します。

Opulousは、ブロックチェーン技術を用いてこれらの問題を解決し、クリエイターにとっては、プラットフォーム上で直接、音楽権を音楽権NFTとして鋳造できるようにしました。

これにより、ソングライターは音楽著作権を確認した上で、NFT取引で有利な利益を得ることができ、ミュージシャンにとっては全く新しい収入源となります。

音楽ファンにとっては、消費者である代わりに、プラットフォーム上の音楽権利のシェアを購入し、音楽権利の収益の一部を受け取り、OpulousのTokenが媒体として機能するプラットフォームの経済に参加することができます。

Opulousは、すでにR3やAlgorandなど多くの機関から投資を受けており、6月末にはDaoMakerをIDOとして稼働させました。

6月24日、OpulousはBinanceのNFT Exchangeを通じて、著名なアーティストとの独占的な音楽NFT商品を作成し、発売しました。

このように、Opulousは親会社であるDitto Musicをベースにしており、音楽業界全体にしっかりとした基盤を持っています。

このプラットフォームの立ち上げと段階的な発展により、音楽著作権NFTの代表的なプラットフォームとなり、暗号通貨投資家を含むミュージシャンやファンからの参加が増え、業界全体にとって極めて重要なプロジェクトとなることが期待されます。

——————————————-

トークンエコノミー

名称:OPUL  

ネットワーク:イーサリアム&アルゴランド  

総供給量:500,000,000ドル  

プロジェクト評価額:25,000,000ドル  

初期流動性評価額:1,248,750ドル   

資金調達総額(全ラウンド): 6,450,000ドル  

——————————————-

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。