NFTマーケットプレイスOpenSea、約110億円調達しユニコーン企業へ

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)がアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)が主導するシリーズBラウンドで約110億円(1億ドル)を調達したことを7月20日に発表した。この資金調達により、オープンシーの企業価値は約1,600億円(15億ドル)となり、ユニコーン企業になった。

a16zをリードとして、参加した投資家はヘッジファンドCoatue、Eventbrite会長のMichael Ovitz,、Kevin Hartz、Figma CEOのDylan Field、NBA選手のKevin Durant、俳優のAshton Kutcher、Shopify CEOのTobi Lutkeなどだ。

なおリリースでは、今後のオープンシーの動向について「OpenSeaの当面のミッションは、NFTのための最良のマーケットプレイスを構築することであり、今日、最大かつ最も強力なNFTマーケットプレイスであり続けていることを誇りに思っています。

しかし、私たちのより広範なミッションは、あらゆる種類のデジタルアセットを真に所有可能で自由に交換可能な形に変換することを可能にするシステムと標準の構築を支援することです。言い換えれば、OpenSeaのより広範なミッションは、インターネットを情報伝達マシンから価値伝達マシンに変えることです」と説明しています。

NFT LABO 編集部 REINA

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。