「Play to Earn」(P2E)市場が熱狂!NFTゲームで稼ぐ人たちが激増!? 【人気のP2Eを12つ紹介!!】

チェーンゲームは、再び暗号市場の焦点となっています。 

特にここ数ヶ月は、様々な革新的な遊び方がチェーンツアーのエコシステムを豊かにしており、伝統的な巨人や資本の奔流がより多くの人々に道を開いています。

これにより、チェーンゲームの分野にホットマネーが流れ込み、ユーザー数や取引量も飛躍的に増加し、様々なトークンが一斉に登場しました。チェーンゲームの経済が活性化している中、取引量が約12倍に急増しました。

Googleの検索トレンドによると、今年の5月下旬から「Blockchain games」の世界的な検索ボリュームが約203%増加しており、フィリピンやシンガポールからの検索が上位を占めています。

チェーンゲームが注目される中、驚異的なプロジェクトも生まれています。 

例えば、Token Terminalのデータによると、Axie Infinityは、この30日間で6720万ドルの収益を突破し、DeFiプロトコルの収益チャートで1位をキープしています。

 日当たりの収益では、Axie Infinityの7月15日の1日の収益が820万ドルに達し、驚異的な携帯ゲーム機「King of Glory」の1日の平均収益を上回りました。

チェーンゲームが再び爆発的に普及したのは、いくつかのブレークスルーポイントがあったからだと考えています。

1つはゲームモデルです。 これまでのチェーンゲームは、ユーザーから「面白くない」「儲からない」と万人受けする傾向がありましたが、「Axie Infinity」のような先駆者は、収益の大半を中央のゲーム会社に帰属させる旧来のやり方ではなく、ブロックチェーンゲーマーをまずリッチにすることで、一気に人気を集めました。 

例えば、「アクシー・インフィニティ」のユーザーの多くは、フィリピン、インドネシア、ベトナムなどの東南アジア諸国に集中しており、流行の拡大により都市が閉鎖されています。

これらのプレイヤーは、収入が十分でないときに、「アクシー・インフィニティ」を一つの手段として利用しており、「アクシー」をプレイして得られる収入でも、家族全員の生活を確保することができるのです。

第二に、参加障壁です。 大多数のゲーマーにとって、チェーンゲームは参入障壁の高い分野です。

ネットワークは、フィアット入金プラットフォーム「Ramp.Network」を「Ronin Chain」に統合し、プレイヤーはクレジットカードを使って簡単に購入できるようになりました。

3つ目は、取引手数料の削減で、現在のイーサリアムチェーン上の手数料は、昨年のDeFiブームで高額化したオンチェーンの手数料と比較して、約1年ぶりの高額化から93%以上減少しています。

同時に、PolygonやImmutable Xなどの様々な低コストのブロックチェーンの代替品やスケーリングソリューションも、ユーザーエクスペリエンスを大きく向上させています。

また、データ分析プラットフォームのNewzooが発表した「2020 Global Gaming Market Report」によると、2023年には世界のゲーム市場の売上高が2,000億米ドルを超え、世界のゲーマーの数は30億人に達すると予測されています。 

チェーンゲームが伝統的なゲームの束縛から徐々に解放され、より革新的な遊び方をもたらすことで、チェーンゲームの未来は有望であると予見されます。

DappRaderのデータによると、現在、チェーンゲームの数は798にものぼり、チェーンゲーム市場が様々な方向性のゲーム性で充実していく中で、爆発的に普及する可能性を秘めた素晴らしいプロジェクトが続々と登場しています。

1)エイリアンワールド   

F2Pのチェーンゲームで初めて10万人のユーザーを突破したWAXのAlien Worldsは、宇宙を舞台にした分散型金融NFTメタバースで、トークンのプレディング、マイニング、バーチャルランドの販売を組み合わせています。

このゲームには、6つの独立した惑星と、その惑星に広がる3,343の土地区画が含まれており、それぞれが星間分散型自律組織(DAO)となって、プレイヤーは戦闘によって惑星を植民地化したり、NFTツールを使って採掘したりすることができます。

もちろん、プレイヤーは自律した惑星上のDAOの管理や意思決定にも参加することができます。 しかし、TLMはAlien Worldsのネイティブトークンであり、ゲーム内アイテムの購入や取引、プレディング、マイニング、惑星統治などに使用することができます。

Alien Worldsは、Twitterのフォロワー数だけでも52万6千人を超える非常に人気の高いゲームで、チェーンゲームランキングでも上位に位置しており、直近30日間のユーザー数は53万8千人を超え、直近7日間のトークンTLMの増加率は133%に達しています。

2)Illuvium

Illuviumは、超大規模なImmutable-Xレイヤー2ソリューションと統合されたイーサネットネットワーク上に構築された分散型のNFT収集および自動戦闘ゲームであり、プレイヤーも開発者もNFTの鋳造や取引のためにガス料金を支払うことはありません。

Illuviumは、プレイヤーと投資家に、収集、取引、戦闘、そして利益を得るための非常にユニークな機会を提供します。 希少価値のある資産で、Axie Infinityに似ています。 Illuviumでは、プレイヤーはゲームプレイ中にトークンを獲得することができ、プロジェクトではDeFiのプレッジメカニズムを用いて、流動性を提供するための継続的な報酬として、プレイヤーがゲーム内で獲得した手数料をプレッジしたトークン保有者に支払うことができます。

Illuviumは2021年第3四半期に正式にローンチする予定です。 

イルビウムの人気は資本と連動して急上昇しており、7月16日時点でTwitterのフォロワー数は3万人を超え、過去7日間の取引高は1,027万ドルを超えてAxie Infinityに次ぐ規模となっており、CoinGeckoによるとイルビウム・トークンILVは過去7日間で52.7%上昇しています。 しかし、ILVを保有している上位10アドレスで全体の98.26%を占めています。

3)モボックス

Moboxは、コミュニティ主導型のBSCベースのGamefi型プロジェクトで、DeFiとNFTのそれぞれの強みを組み合わせ、トークンの報酬を通じてユーザーのエンゲージメントとエンターテインメント性を高めることを目的としています。

mboxトークンには、プレマイニング、シードラウンド、プレセールはありません。moboxでは、ユーザーがLPトークンまたは安定コインを誓約して「KEY」を獲得することができます。 “現在、MOBOXの最大APYは242.5%です。

セキュリティの面では、モボックスには流動性採掘とNFTに関する20以上のスマートコントラクトがあり、セキュリティ会社CERTIKの監査を受けています。

そして7月16日現在、Moboxは1億1,000万ドルのロックされたポジションを持ち、約6万8,000人のTwitterフォロワーがいる。 過去7日間で、Moboxは694万ドル以上の出来高を記録し、11,000人以上のユーザーが利用しています。 この人気の高まりは、トークンであるMOBOXのパフォーマンスも同様に素晴らしく、CoinGeckoのデータによると、MBOXは過去7日間だけで92.9%上昇しています。

4)My DeFi Pet

KardiaChainがインキュベートし、ベトナムのゲーム開発会社TopeBoxが開発したバーチャルペットゲーム「My DeFi Pet」は、「DeFi」、「コレクション」、「プレイヤーの個性」を組み合わせたもので、「Axie Infinity」のモデルと多少似ています。

このゲームでは、プレイヤーは小麦、ジャガイモ、トウモロコシなどの作物を収穫して、ペットに餌を与えることができます。 ペットのレベルが高ければ高いほど、より多くの銀貨を獲得することができ、これらのペットには、これらのネットワーク上で動作する「Coinan Smartchain BSC」や「KardiaChain」などがあります。 次に、「My DeFi Pet」では、ペットの繁殖や、今後予定されているバトル機能を紹介しています。 

さらに、ゲーム内にはマーケットプレイスやクイズセンターがあり、ペットの取引やDPETトークンの誓約によってプレイヤーは入力を得ることができます。 My DeFi Petのメイン通貨であるDPETは、第一段階では主にペットとその特別な品質の取引、交換、アップグレードに使用されます。

注目を集める中、My DeFi Petは最近、CoinGeckoの「アジアのトレンドコイントップ10」の2番目のプロジェクトにランクインしただけでなく、Coinanの第2期MVB(Most Valuable Developers)のトップ20にも入っています。My DeFi Petは、CoinLabsから直接投資の機会を得たり、Coin Innovation Zoneに掲載されます。 7月16日現在、My DeFi Petは100万個以上のペットの卵を販売し、チェーン上のコインアドレスは11万個以上、Twitterのフォロワーは4万6千人を超えています。 オンチェーンの数字が突出しているだけでなく、CoinGeckoのデータによると、My DeFi PetトークンDPETは過去7日間で532.2%という驚異的な上昇を見せています。

5)R-PLANET

R-PLANETは、WAXを使用したエレメンタルゲームで、プレイヤーはNFT(他のWAXオンチェーンゲームのNFTも含む)を誓約して、そのStakingシステムでAETHERの報酬を得ることができます。

また、AETHERを使用して、レア素材などを狩るための素材を見つけることができます。 新しい素材を最初に作成したプレイヤーは、R-PLANET財団から以下の報酬を得ることができます。 R-PLANET』には4つの基本要素(風、地、火、水)があり、各要素には600個のNFTがあり、合計2,400個のNFTがあります。基本要素のNFTを入手するには、販売が唯一の手段です。 以前、R-Planetが主催した販売会では、販売した600枚の「Basic Element NFT」が3分で完売したことからも、その注目度の高さが伺えます。 また、R-Planetによると、このゲームでは、今話題の土地販売や家づくりのモードも導入されるとのこと。

R-Planetはまだ第一段階ですが、すでにTwitterのフォロワー数は2万人を超え、この7日間で39,000人以上の登録者がいます。

6)ギルド・オブ・ガーディアンズ

Guild of Guardiansは、ウクライナのゲーム開発会社Stepicoが開発し、Immutable社がオーストラリア市場向けにリリースした仮想世界のマルチプレイヤーコンバットゲームで、プレイヤーはメイジ、オーク、エルフなどの役柄に扮して、豊かな地下世界を探索し、NFTの戦利品を獲得していきます。 

また、5月には、ギルド・オブ・ガーディアンは、大手チェーンゲームプロジェクトの一つである

「The Sandbox」とパートナーシップを結び、ギルド・オブ・ガーディアンのNFTを購入すると、「The Sandbox」に登場するヒーローのNFTと同じものを受け取ることができるなどの特典があります。 また、Guild of Guardians は、著名なゲーム会社であるユービーアイソフトのアントレプレナー・ラボ・プログラムのシーズン 6 に参加しています。

Guild of Guardiansの責任者であるDerek Lau氏によると、このゲームの登録ユーザー数は合計で13万5千人を超えています。 7月16日現在、「Guild of Guardians」のTwitterフォロワー数は4万人を超え、この7日間で約110万円を売り上げています。

7)ビッグタイム

『Big Time』は、『World of Warcraft』や『The Elder Scrolls』のように、NFTを取り入れた初の3Aマルチプレイヤー・オンライン・アクション・ロールプレイング・ゲーム(ARPG)です。 

ここでは、プレイヤーは自分のキャラクターを作り、種族やスキルを選択し、マップを探索し、チームを組み、バトルやトレードなどを行うことができます。 

プレイヤーは、時空を超えて旅をしながら、NFTを集めてキャラクターを強化したり、レアなスキンを手に入れたり、自分のポータルをカスタマイズしたりすることができます。 Big Time」のビジュアルは、名作オンラインゲーム「World of Warcraft」のビジュアルアーティストであるCarlo Arellano氏と、「League of Legends」のシナリオのオリジナルコンセプトアーティストであるTom Zhao氏によって制作されており、メタバースの華やかでリアルな世界観をプレイヤーに提供しています。

8)SpaceY 2025

「SpaceY 2025」は、火星移住をテーマにしたサンドボックス型のタワーディフェンスNFTゲームで、そのバックストーリーは、SpaceX社の創業者イーロン・マスク氏の火星移住計画に基づいています。

このゲームは、チェーンゲーム開発で長年の経験を持つBlockFish社が制作したもので、カードコレクション、ランドトレーディング、対戦バトル、火星探査などが含まれており、ゲームの消費者向け収益源の80%をプレイヤーの報酬に使用しています。

 他のチェーンゲームと比べて、「SpaceY 2025」は流行りの「ブラインドボックス+NFT」のゲーム性とイーロン・マスクの熱いキャラクターが融合しています。

 公式発表によると、「SpaceY 2025」には恒常的に2,500万SPAYトークンが存在し、ユーザーはこれを使ってゲーム内のNFTアイテムを購入しなければなりません。

斬新なアプローチと質の高い経歴を持つSpaceY 2025は、瞬く間にその名を広め、28,000人を超えるTwitterのフォロワー、6,000人を超えるKOLユーザー、そしてウェブ上の合計30,000のフォーラムスレッドの投稿を獲得しました。

9)ゴールドフィーバー

「Gold Fever」は、イーサリアムのサイドチェーン「Skale」をベースにした対戦型多人数参加型オンラインサバイバルゲームで、大陸部とその周辺のいくつかの島で構成されており、プレイヤーはキャラクター、武器、アーティファクトなどの希少なゲーム内アイテムを真に所有することができます。 

本作は、ゴールドラッシュに沸く18~19世紀を舞台に、より多くの財宝を得るために部族や冒険者たちが陣取り合戦を繰り広げるというもの。 Gold FeverはUnreal Engineを使って開発されており、3Aのマスターピースに近いものとなっています。 このゲームでは、プレイヤーはマイニング証明書NFTを所有することでより多くの採掘権を得ることができ、また、トークンをロック&バーンすることでより多くのゲームコンテンツを得ることができます。

このゲームには、ゲーム内の基本トークンであり、Gold Feverの資金調達経路でもある総計8,000万トークンのネイティブトークン「NGL」、フィアット通貨(USD、EURなど)で購入できる内部簿記通貨「Jul」、Gold Fever参加者に定期的に空輸できるガバナンストークン「JBR」の4つのトークンがあります。 そして、そのERC1155トークンは、ゲーム内のキャラクターやその他のレアアイテムのNFT化を表しています。

10)スカイウィーバー

Skyweaverは、かつてのマーベルゲームの首謀者であるHorizon Blockchain Gameが制作し、Reddit共同創業者のAlexisのファンドが主導して制作しているGods Unchainedと同様に、実際の取引機能を備えたイーサリアムベースのデジタルトレーディングカードゲームです。 

スカイウィーバーでは、3つのレベルのカード(ベーシック、シルバー、ゴールド)があり、それぞれ異なる方法で獲得することができます。 プレイヤーは、さまざまなゲームモードで鍛えたカードの数、ショップでの特定のカードの需要、ショップでカードを販売しているプレイヤーの数(OpenSeaを含む)に基づいて、NFTカードの経済と価値をコントロールすることができるようになります。

現在、Skyweaverはベータ版で、ベータ版に参加するには招待コードが必要です。 スカイウィーバー(eスポーツのランキングシステム)の上位1,000名には、レアな「ジェネシスNFTゴールドカード」がプレゼントされますが、これはゲームが正式に発売されてからのお楽しみとなります。

11)ブランコス・ブロック・パーティー

Sugar Manのブロックチェーン版であるBlankos Block Partyは、EOSベースの多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMO)で、現在PCでパブリックベータが行われています。 このゲームでは、プレイヤーは「Blankos」というNFTの人形を集め、アップグレードし、販売することができます。

今年6月、Blankos Block Partyは、ファッションブランドのBurberry、音楽アーティストのDeadmau5とのコラボレーションを発表し、2021年のE3でNFTのバーチャルフィギアを発売しました。

12)ZED RUN 

ZED RUNは、Virtual Human Studio(VHS)によるEther Layer2をベースにしたブロックチェーン上の初のAR競馬ゲームで、馬の飼育、競馬、レース観戦などの様々な遊びのトッピングをワンストップのNFT競馬体験に組み合わせたもので、プレイヤーは現実の環境で馬の情報やデータ、ステータスをAR形式で多角的に見ることができ、さらには ARの馬と一緒に自撮りすることもできます。 

7月16日現在、ZED RUNのTwitterフォロワー数は約35,000人、コミュニティメンバー数は100,000人を超え、1日あたり1,200回のライブレースが行われています。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。