中国人アーティストがアリババにて仮想不動産NFT発表

アリババが開催する中国有数のクリエイター展覧「タオバオ・メーカー・フェスティバル」で、中国人アーティストのヘーシャン・フアン氏が、数百のNFT化した仮想不動産コレクションを発表したことをBLOCKCASTが7月18日に報じた。このNFTは仮想空間「Bu Tu Garden Community」上に建てられる一戸建てのヴィラなど、仮想の建物が表現されている。

そして今回発表されたNFTはタオバオに出店している「秃力富 TOO RICH」で販売されている。なおブロックチェーン開発プラットフォームのニアー・プロトコル(NEAR Protocol)とウェブ3・ゲームスが、このNFTの技術サポートを行っているとのことです。

ヘーシャン・フアン氏はNEAR ProtocolやWeb3Gamesとの協力関係について「ブロックチェーンとNFTの概念は非常に複雑で、運用が非常に面倒だと思ったが、結果は予想外でした。すでにNEAR WALLETのアカウントを持っている人は、直接受け取ることができます。そうでない場合は、画面の指示に従った簡単なステップで完了します。」とBLOCKCASTに答えています。

さらにへーシャン・フアン氏は「操作が簡単で従来のインターネットに近いユーザー体験に加えて、ミンティングのコストが安いことも、NEARとの提携を選んだ理由の一つです。アーティストがチェーン上でNFTをミンティングすると、そのたびに一定の料金が必要になることがわかりました。イーサリアムでNFTをミントするコストは高価ですが、NEARは数セントしかかからず非常に適しています。」と説明した。

今後、へーシャン・フアン氏はNFT関連のメタバース製品を制作していく予定とのことです。

NFT LABO編集部 REINA

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。