ポルカドットとNFTはどんなシナジーを産むのか?

ポルカドットは、非常に多くのニッチに対応できる拡張性の高いプロジェクトであり、それらを見ることで、全体像を把握すると同時に、ポルカドットの開発全体を明確に把握することができます。

全体像を把握してポルカドットの発展を明確に把握することができると同時に、どのニッチが競争の激しい状況やブルーオーシャンの状況にあるのかを知ることができるのだ。

ポルカドットのエコシステムをより明確に理解してこそ、投資家、参加者、開発者として、ポルカドットのエコシステムの配当をよりよく捉えることができるのです。 

2017年のcrypto catから2021年のNBA Top Shotまで、NFTの変化はcryptoの世界におけるもう一つの成長曲線と考えることができます。

今年のNFTは、
「誰のビジネスでもない」から
「何百万人もの人々のビジネス」
に突然なったようです

 “芸術、音楽、著作権、さらには高級品に至るまで、NFTはかつてないほど世間の注目を集めています。そして先週、CNNとFox BroadcastingがNFT空間への進出を開始しました。

 NFTのテーマは「CNN’s Fortune, The Moment That Changed Us(CNNの幸運、私たちを変えた瞬間)」で、歴史上の注目すべき瞬間がFlowのブロックチェーンに記録されています。

また、Fox Broadcastingは、子会社のBentoBox Entertainmentと提携し、1億ドルのファンドを立ち上げました。

NFTの勢いはあらゆる業界を席巻していますが、現在最も輝いているNFTの暗号通貨はイーサリアムです。

何しろNFT作品の8割以上がイーサに登場しており、初期のNFTはERCの規格から生まれております。

ブロックチェーン業界には、NFTトラックに特化したFlowのようなパブリックチェーンがすでに存在していますが、このトラックには他のパブリックチェーンも参入してくるでしょう。 

結局のところ、
大きな水の中の大きな魚」の時代には、
誰もが最後にトップに躍り出るプレイヤーになるとは限らないとうことです。

もちろん、今話題のポルカドット・エコロジーとして、NFTも多くのプロジェクトを抱えています。

NFTを構築できるのはEther pass規格だけではなく、ポルカドットはNFTを構築するためのRMRK仕様も導入しており、RMRK仕様の誕生はNFTの新しい世界への扉を開くことになりました。

RMRK仕様では、「送る」「投げる」「壊す」「積む」「買う」という最も基本的な機能に加えて、新たなインタラクションモードが導入されています。

RMRK仕様では、ユーザーが手にしたNFTを単なるパスではなく、メタユニバースを構築するための基盤とすることができます。 

ユーザーは、他のNFTを持つNFTを構築することができ、また、特定のNFTが異なる条件で異なる状態や視覚効果を示すようにすることができます。 

同じNFTでも、Audible、Kindle、Openseaでオーディオとビデオなど異なる状態に識別されることも可能ですし、均質化されたパスをNFTに基づいて分解し、コミュニティが特定のNFTの状態や流れを決定することも可能です。

また、将来的には、より高度なNFT規格が登場し、NFTのエネルギーが絶え間なく供給されると信じています。

NFTエコシステムの進化

同時に、NFTのエコシステム全体が、当初のゲームNFTとアートNFTの単一のものから、パブリックチェーン、DApps、アセットなどの方向性が並行して発展するエコシステムへと進化しています。

NFTの起源はEtherであり、間違いなく最も活発で最も古いNFTパブリックチェーンは今でもEtherであり、70%以上のプロジェクトがEther上で開発されております。。

しかし、その高いガス料金は高頻度取引には不向きであり、ユーザーエクスペリエンスも低く、新規ユーザーの維持・拡大には不利である。 そのため、フロー、ワックス、エフィニティ、その他いくつかのNFTパブリックチェーンがあります。

その中でもEfinityは、Enjinが構築したPOLKAをベースにした拡張可能なNFTクロスチェーンネットワークで、スループットや取引速度の向上、異なるパブリックチェーンに基づくNFT間の相互作用やコミュニケーションを保証します。 NFTの開発に適したプラットフォームを提供します。

そして、NFTに関連するDAppsは、もはやゲーミングNFTに限らず、アートNFT、ゲーミングNFT、NFTプラットフォーム、さらにはNFTとDeFiを組み合わせたNFTエコロジーなど、大きく成長しています。

Polka Layer2をベースにしたソリューションであるPlasmは、初のNFTゲームDApp PolkaPetを発表し、4分で800枚を完売させ、PlasmのエコロジーでNFTコミュニティを構築し、NFTの取引コストを大幅に削減し、NFTのクロスチェーンを実現し、使いやすさを向上させました。PlasmはTwitterにウォレットをバインドすることができます。 ユーザーへのハードルを大幅に下げることができました。

短期的にも中長期的にも、NFTのエコシステムはまだまだ進化しており、開発者やクリエイターは、我々の想像を超えた新しいユースケースを次々と生み出していくことでしょう。

ポルカNFTの開発について

現在、ポカエコシステムでのNFTは始まったばかりで、様々なプロジェクト関係者がそれぞれNFTの様々な分野を模索している状態です。ある者はNFTの標準を革新し、ある者はNFTの市場を構築したいと考え、ある者はNFTのパブリックチェーンを構築し、ある者はNFTをベースにした仮想世界を構築しています。公的なGrants(許可)を得ることを条件に、ポカエコシステムでのNFTプロジェクトが現在どのような模索をしているかを簡単に理解することができます。

現在、ポルカエコロジーのNFTは始まったばかりで、様々なプロジェクト関係者がそれぞれNFTの様々な分野を模索しながら走り回っている状態です。

ある者はNFTの規格を革新し、ある者はNFTの市場を構築し、ある者はNFTのパブリックチェーンを構築し、ある者はNFTをベースとした仮想世界を構築しています。

これからもポルカドットにますます注目です!!

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。