NFTのプロトコルレベルのプロジェクト「Paragon」がDoDoのトレーディングプラットフォームに登場!!

NFT(Non-Fungible Token)は、同じブロックチェーンの同種トークン(FT)であるBTC、ETH、EOSと比較して、独自の独立したIDを持つ非同種トークンです。

そのため、それぞれのNFTトークンは「唯一無二」の存在であり、そのため、今年は「破格」のNFTが頻繁に販売されています。

中でも、Twitter社のCEOであるジャック・ドーシー氏が初めてツイートした250万ドルのNFTが高値で落札されたり、日本でも有名な女優の上原彩さんや畑野由貴さんが発行したNFT写真のブラインドボックスに入った個人のNFT作品が落札されたりと、NFTが徐々に実体経済とデジタル産業をつなぐ口火となっていることを反映しています。

調査と研究の結果、この「並外れた知識」を前にして、多くの一般ユーザーが多くの疑問を投げかけていることがわかりました。

1)一般プレイヤーがNFT資産の収集と取引に参加する方法は?
2)自分のNFT作品を所有するにはどうすればいいですか?
3)これらのNFT作品はどこで見ることができますか?

このような現状の最も根本的な理由は、NFTの参加障壁の高さと流動性の低さにあります。
このようなNFT市場のペインポイントをいかに解決するかは、NFTエコロジーの発展のために解決しなければならない問題となっています。

パラゴンのプロトコルは、技術チームが開発したフラグメント技術により、NFT資産の所有権を分割することを目的としています。
NFTのフラグメント化は、ユーザーがNFTに参加するための敷居を下げると同時に、NFT資産の流動性を高め、NFT分野における長年の課題を根本的に解決します。

パラゴンはまもなくDoDoの取引プラットフォームに上陸し、PARはパラゴンプロトコルのエコロジーガバナンスパスとして、パラゴンのエコロジー価値をそのまま反映した10億枚が発行されます。

同時に「クーリングオフ期間」を設け、クラウドファンディングの最終的な費用価格が自分の心理的な期待値の上限を超えた場合、ユーザーはクラウドファンディング終了後のクーリングオフ期間中にクラウドファンディングからの撤退を選択することで、プロジェクト開発のコンセンサスを高めることができます。

パラゴンの案件については、DoDoプラットフォームでの登録完了後、BUSDを使ってパラゴンに参加することができ、パラゴンの公式サイトではよりダイナミックな最新情報が公開されます。

なお、パラゴンの初期クラウドファンディングが終了した後、パラゴンパスPARのリクイディティマイニングプールが設立され、リクイディティマイニングが初めて開設されることになっており、目が離せません。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。