NFTが音楽の扉を叩くとき、新しい世界の音楽が書き始められる!?

2020年末以降、NFTは音楽業界に旋風を巻き起こしています。 ミュージシャンは、COVIDの流行によって多くのライブが中止され、ストリーミングサービスからより多くのロイヤリティを得ようと必死になっています。
NFTの音楽市場は、需要の増加と新しいプロジェクトの開発により拡大しています。

ブロックチェーンの登場により、世界的にアフィリエイターの動きが活発になり、ユーザーは自分のブロックチェーンアカウントを真にコントロールすることができるようになり、第三者の審査や許可を必要とせずに情報が行き渡り、価値が移転するようになりました。 ブロックチェーンは、すでに多くの第三世界の住民に経済的自由と経済的自律性のある生活を可能にしています。

ブロックチェーンは、ミュージシャンが自分の音楽やビデオを、NFTを通じて配布される秘密鍵を介して保持することを認可することができ、購入者はそのユニークなコピーを手に入れる権利を得ることができます。

今年は、NFTのエコシステムといくつかの有名なIPを組み合わせて、消費者市場のセレブリティへの支持に注目した新しい波を作り出しました。

NFTには複数のミュージシャンが参加しており、2月にはロックバンド「リンキン・パーク」の結成時の共同リードシンガーであるマイク・シノダが、自身が作曲した楽曲をNFT(One Hundredth Stream)として同プラットフォームのオークションに出品し、最終的に3万ドルで落札されました。

2月下旬、著名なDJ/プロデューサーである3LAUが、33枚の限定版NFTアルバム『Ultraviolet』を発売し、総額1,160万ドルでオークションにかけられました。

3月には、ロックバンド「Kings Of Leon」がNFTのアルバム「When You See Yourself」を発売し、200万ドル以上の売り上げを記録しました。

NFTと音楽の組み合わせは、新しい人気の傾向となっており、より多くのミュージシャンがNFT分野に参加するようになっています。 音楽業界の発展に全く新しいモデルをもたらしました。 NFTとブロックチェーン技術は、従来の音楽配信の方法を変え、音楽の著作権管理をより透明で明確なものにしました。 デジタル音楽の所有権の問題を解決し、音楽制作者に新たな収入源をもたらします。

NFTのリアルタイムの真正性認識と取引可能な属性は、従来のコレクション市場モデルを効果的に強化し、暗号資産ユーザーからの評価を得るだけでなく、より幅広い大衆消費者を魅了しています。NFTは、独立した新しいエンターテインメントメディアカテゴリーとなるでしょう。

NFTは、すべてのアーティストが直面してきた、あるいは流行の中で直面している生活問題を解決するものではありませんが、それでも彼らに新しい機会を与えてくれます。

NFT+音楽産業の成長性
アートの世界では、均質化されていないトークンが大きな波を起こしていることはよく知られています。 音楽の世界でも、NFTのハリケーン効果は予定通りです。Water & Music社が収集したデータによると、2021年2月だけで、NFTの音楽業界の収益は約2,200万ドルに達しています。

NFT音楽業界を理解する最良の方法の一つは、音楽NFTが急速に拡大していく中で、この分野で台頭してきた初期の主要プレイヤーを追うことです。Water & Musicが収集したデータによると、音楽NFTの売上はこの半年ほどで150倍になっています。 すべてのミュージシャンや音楽会社が手を挙げているように見えます。

音楽NFTには、コンサート(バーチャルおよびフィジカル)のチケット販売、サンプルパック、未発表曲のプレビュー、アートワークなど、さまざまな形態がありますが、これらに限定されるものではありません。 音楽NFTが発展していけば、その用途は現在のNFTの枠を超えて急速に広がっていくでしょう。

NFTバージョンの音楽を購入する理由


多くの人は、従来のプラットフォームでソースを見つけることができるのに、なぜNFT版を購入するのかと質問するでしょう。

ノベルティ効果
一部の人にとっては、NFTが斬新でクールな存在であることに疑いの余地はありません。電子的なアルバムのダウンロードに加えて、限定版の物理的なレコードやNFTアルバムのユニークなコレクターズアイテムを提供しています。

NFTアルバムは、音楽業界ではまだ比較的新しい概念であり、NFT業界を知らない人にとっては、90年代にインターネットを見たことがない人に説明するのと同じようなものです。 気に入ったアーティストのNFT作品を購入することで、この新しいコンセプトを最も直接的に理解することができるのです。

限定レアリティ
NFT、「非均質化されたトークン」は、限定されたものやユニークなものが多く、「アイコンから、限定された、貴重なもの」というファン・エコノミーの鍵を握っています。 ほとんどのミュージシャンは、曲やアルバムを限られたフォーマットでリリースし、ユニークで販売可能なデジタルグッズ、アートワーク、そしてファンのためのユニークな音楽体験を生み出しています。

NFTはデジタル商品ですが、NFTを購入する基本的なロジックは、物理的な商品を購入するのと似ています。 例えば、オンラインで無料または少額で再生できるアルバムであっても、限定版のレコードを買いたいというファンは多いはずです。

NFTの人気は、マーケティングに頼っているブランドに共通するものがあります。supremeのTシャツは特別なものではありませんが、選ばれた人だけが手に入れることができるので、やはり特別なものです。

独自の権利
ミュージシャンの中には、NFTを利用して、最前列のチケットや個人的な記念品など、他にはない体験を支援者に提供している人もいます。 全体的に、豊かでユニークな試みです。 そのため、ミュージシャンからNFTを購入すると、ユニークなアイテムを購入することができます。

投資目的
NFTのボラティリティと不確実性は、伝統的な投資に比べてややリスクの高い持ち物ですが、多くの投資家にとっては、そのリスクを取ることも厭いません。

簡単に言えば、NFTは「デジタル資産+認証証明書」のハイブリッドであり、現実世界とNFTをリンクさせることができるあらゆるアプリケーションに期待されています。 また、NFTは認証が可能で安全性が高いため、ミュージシャンはファンの囲い込みを強化し、新しい交流方法を生み出すことができ、ロイヤリティ収入の増加だけでなく、従来の固有コストの削減にもつながります。

NFTがミュージシャンに与える影響
ミュージシャンにとって、NFTは、業界の中間業者やサードパーティを排除し、全く新しい方法で作品をトークン化できるというエキサイティングな可能性を秘めています。

楽曲はレコード会社に販売されますが、レコード会社の取り分とマーケティング費用を差し引くと、ほとんどのミュージシャンが受け取る金額は予想以上に少なくなります。 ほとんどのミュージシャンにとって、会社のマネージャーやレコード会社、出版社などは、ミュージシャンよりもはるかに多くの利益を得ており、彼らにはわずかな利益しか残りません。

グラミー賞にノミネートされたミュージシャンのIllmindが、世界初のビートサンプリングパッケージ「NFT」を発売しました。 誰でも聴くことができますが、所有権とアクセス権は最高額の入札者にのみ与えられます。 この販売モデルは、音楽のライセンスや販売方法に大きな影響を与える可能性があります。

現在、音楽のライセンスや所有権の移転は、レコード会社や出版社、その弁護士にとって非常に煩雑な作業であり、手作業でサンプルの使用許可や所有権の移転を行うと、音楽の発売日が遅れることもあります。 しかし、NFTを使えば、効率的で安全なドキュメント転送により、音楽のライセンスや転送が、オンラインショッピングのように簡単かつ迅速に行えます。

ウイルスの流行により音楽業界が大きな打撃を受けている中、NFTは、デジタル作品の海賊版を減らし、アーティストの収益に貢献する新しい方法として注目されています。

デジタル音楽ストリーミングサービスと決済ネットワークを提供するROCKIは、Coin Smartchain上で最大の音楽プラットフォームであり、アプリ内のネイティブトークンである$ROCKSを通じてアーティストに直接報酬を与えることを目的としています。 このプラットフォームは、アーティストが報酬として暗号通貨を獲得できる、ユーザー中心のハイブリッドモデルで運営されています。

ROCKIは、アーティストに新たな収入源を提供するとともに、ファンの新たなエンゲージメントと価値をもたらします。 ROCKIでは、ミュージシャンは最初のオーディエンスの規模に関わらず、既存のファンベースを活用することができます。音楽的なNFTや、流行が続いている不確実な時期にも収入を得ることができる独自の支払いモデルを導入しています。

さらに、ROCKIは「ファン中心」の定義を拡大し、ROCKIプラットフォーム上でリスナーにROCKSトークンを提供し、スポンサー付きの音楽やキュレーションされた音楽を聴いてくれたリスナーに感謝の意を表します。 リスナーは、プレイリストを作成したり、フィードバックを提供したり、ソーシャルイベントを開催したりすることで、ROCKSトークンを獲得できますが、これはストリーミングプラットフォームが先鞭をつけたものです。

ROCKIは次のような問題を解決しようとしています。
1.中間業者や第三者を排除し、ファンとアーティストが直接関係を築けるようにする。

2.自分の音楽を完全に所有しているアーティスト、つまりインディペンデント・アーティストとの仕事。

3.ブロックチェーンの力を使って業務を処理する:透明性、セキュリティ、信頼のない契約、金融

  1. ハイブリッドモデルでストリーミングロイヤルティを支払い、サブスクリプション収入の大半をミュージシャンと共有する。

5.リスナーに報酬を与え、より多くのユーザーに参加してもらう。

オーディウス
Audiusは、音楽がアーティスト自身によって完全に所有されることを保証するために、複数のノード上で動作する分散型のストリーミングプラットフォームです。
月間300万人以上のユーザーがいるこのプラットフォームは、SpotifyやSoundCloudに代わるものとして設計されています。このプラットフォームは、独自のNFTライブラリをネットワークに組み込むという新しい可能性を秘めています。

このプラットフォームは、自らを「クリエイター経済の礎」と表現し、アーティストとファンの交流のハブとなっています。 また、このプラットフォームは、ユーザーがWeb 3.0のエコシステムに接続できるAudiusパスポートを可能にします。
このネットワークにはパーミッションは必要ありません。 その結果、クリエイターは既存の音楽ライブラリ全体を活用して、新しいルック&フィールの作品を発表することができるようになりました。 また、ネットワークの参加者は、ノードを運営し、貢献し、報酬を受け取ることができます。

Audiusは、NFTを販売するのではなく、「Collectibles」機能を導入し、参加アーティストと一定レベルのユーザー(ミュージシャンもユーザーも、Audioトークンを100枚以上保有していないと、Silver Tierアカウントとなり、Collectibles機能を利用することができません)に提供しています。 ミュージシャンが自分のNFTコレクションを販売したり、ユーザーが自分の好きなデジタルアイテムを見つけて購入したりすることができます。

Audiusは、ミュージシャンがファンに向けて配信し、直接収益を得られることを特徴としています。

1.Audiusプラットフォームトークン($AUDIO)、サードパーティの安定したコイン、アーティストトークンによる効率的なトークンエコノミー

2.オーディオとメタデータを共有するための分散型ストレージソリューションと台帳アカウント。

3.プログラマブル・メカニズム

4.ユーザが効率的にメタデータを照会するための発見プロトコル

5.アーティスト、ノードオペレーター、ファンの全員が、プラットフォームの変更やアップグレードに関する決定において、個人的または集団的な権利を持つことができる分散型管理プロトコル。

NFTの音楽へのエンパワーメントソリューション



知的財産
デジタルメディアがコピー、共有、盗用される可能性があることはよく知られています。シードダウンロードやオーディオのリークは、間違いなく音楽業界全体の利益を圧迫し、従来の配信モデルや収益化モデルを脅かしています。 NFTに投資することで、音楽業界のクリエイター、キュレーター、ギャラリストなどの関係者は、「デジタルの希少性」という価値を生み出し、それを獲得しようとしています。 NFTの楽曲の価値は、必ずしも音だけではなく、消費者がその楽曲ファイルの固有の所有権を持ち、ブロックチェーンを介してアーティスト自身から購入者に直接所有権を移すことができることです。

スーパーファンにとっては、その栄光や自慢話、キャピキャピした感じで十分かもしれませんし、NFT市場に集まってGIFやJPEGなどのNFT資産の価格を吊り上げる何百人もの投機家にとっては、NFT音楽メディアの目新しさが時間をかけて二次市場で価値を高め続け、転売によってより多くの利益を得ることができることを期待しています。

利便性と柔軟性
NFTの最大の特徴は、その利便性にあります。 ファンの皆様は、デジタルウォレットを作成するだけで、コンテンツへのアクセスや受信、オークションへの参加、落札のチャンスを得ることができます。 これにより、オンラインショッピングのように簡単に高級音楽作品を購入することができます。 ミュージシャンは、登録して自分の作品をアップロードし、希望価格などの項目を設定して、買い手がオークションに出品してくれるのを待つだけです。

さらに、アーティストはオークションの対象を自由に選ぶことができ、それはデジタルであることもあれば、物理的なものであることもあります。 アルバム、デジタル作品、サウンドクリップ、商品、コンサートチケットなどは、ミュージシャンが投稿できる均質化されていないトークンの形態です。 ファンはこの斬新な体験のために喜んでお金を払い、ミュージシャンは自然に「腰を据えて楽しむ」ことができる。

安全性と分散性
デジタル取引は、中間業者を介さず、安全かつ即時に行われ、NFTはミュージシャンとファンを直接結びつけます。 しかし、ミュージシャンはデジタル通貨の代わりに、NFTをコンサートチケット、限定版の体験、デジタルコンテンツ、商品、音楽などと交換します。 ファンがこのトークンのオークションに参加し、最高額で落札された場合は、安全な取引によってデジタルウォレットに直接入金されます。

第三者であるレコード会社を介さないこの取引所では、ミュージシャンはオークションに出品したコンテンツの代金を調達し、そのすべてを保持することができます。 ファンはユニークなコンテンツへのアクセスのためにお金を使い、その収益はデジタルウォレットに安全に保管され、オークション資金は事実上ミュージシャンに渡ることができます。

さらに、インブロックチェーンでエンコードすることで、NFTの音楽業界は、どのメディアプラットフォームにも依存しない永続的なものになります。 一旦、NFTでエンコードされたファイルは、盗用やその他の違反行為が非常に困難になります。 ブロックチェーンが正常に機能している限り、NFTの音楽はほぼ半永久となります。

チケット制イベント
ライブやバーチャルイベントのチケッティングは、非効率性、ボットプログラム、ダフ屋、隠れた手数料、偽造チケットなど、多くのジレンマを抱えてきました。 ブロックチェーンを活用したNFTは、不正の可能性を最小限に抑え、所有権移転の記録が一目でわかり、チケットの検証も容易です。nftチケッティング(または「スマートチケッティング」)は、二次販売市場にも革命を起こす可能性があります。

今後の課題


新進気鋭のミュージシャン
市場でのNFTミュージックトークンの需要は、しばしば特定のミュージシャンの作品に対する需要から来ています。 人気のあるミュージシャンや実績のあるミュージシャンは、難なくファンを獲得し、入札に参加することができます。
しかし、新進のアーティストにとって、その需要を生み出すには、より多くの時間と労力が必要です。 新人アーティストは、この新しい音楽の形から恩恵を受ける機会が少ない。

NFTの販売は、レベルではなくステータスや誇大広告によって左右されることが多いため、新興アーティストがシーンに登場しないのも無理はありません。

希少性の創出
NFTは新しいアートフォームにインスピレーションを与えることができますが、アートの価値が純粋にその希少性であるならば、限定的な流通とアーティストのアクセスが最も重要です。

デジタルの希少性は、物理的な希少性とは大きく異なります。 ライブにおける希少性の例として、座席数の制限が挙げられますが、NFTのライブでは、チケットの販売枚数によっても同様の希少性を生み出す必要があり、チケットの販売枚数はアーティストが決定することができます。
しかし、あまりにも高い価格は、排除感を生み、多くのファンを遠ざけてしまう可能性もあります。 希少性が高いか低いかの判断は、やはり規模に依存する必要があります。

市場バブル
これが新しいバブルになるのか? 今のNFTの熱気で何かを過大評価していませんか? NFTの販売価格が誇大広告や希少性に基づいている場合、人々の関心が低下した時点で、投資商品としてNFTを購入した人のリスクは計り知れないものがあります。

NFTレーベルの楽曲やアルバムを所有すると、何百ドルもすることがあります。NFTの音楽アイテムは、もはや単なる音楽やmp3ではなく、コレクターズアイテムの域に達しており、はるかに高額で取引されています。
また、NFTのラベルがついた作品のコピーを作っているミュージシャンもいます。
理論的には、それぞれの作品が唯一無二のものになりますが、現実の世界ではその価値が大きく損なわれることもあります。 コレクターとして、将来的に価値が上がるような資産を購入したいのであれば、NFTのラベルが貼られたコピーではなく、本当にユニークな作品を購入することをお勧めします。

知的財産
ブロックチェーンを使って知的財産の所有権を移転することのメリットはすぐにわかりますが、まだまだ不確定要素が多いのが現状です。 この技術が導入されたばかりで、世界の著作権法が非常に複雑であることを考えると、分散型システムにおけるスマートコントラクトは問題に遭遇する可能性が高く、そのすべてが途中で発見され、解決される必要があります。

販売モデル
NFTは、市場で販売することができます。 音楽NFTの大半はオークションモデルで販売されていますが、中には固定価格で販売されているものもあります。 どちらの方法が優先されるかは、売り手の希望による。 ほとんどのマーケットプレイスでは、クレジットカードや従来の現金での支払いを受け付けていないため、多くのファンが入場できない状況になっています。

未来はここにある
この新興市場は、より多くの企業がNFTの音楽産業の価値を認識することで、徐々に認知され始めています。

もしあなたがNFT業界に参入しようとしているミュージシャンであれば、限定的で意味のあるNFTをデザインすることで、支援者が本物のユニークなアイテムを購入することができます。 そうすることで、相手に付加価値を与えるだけでなく、両者の間に緊密な信頼関係を築くことができるのです。

要するに、NFTはミュージシャンと音楽業界を破壊するということです。 これにより、ミュージシャンはより多くのコントロールと意思決定権を得ることができ、また、新たな収入源を得ることができます。
これは、流行が終わっていない今日、特に重要なことです。 同時に、ファンの皆様には、愛する人のグローバルシングルを所有するというスリルを味わっていただく機会を提供し、より多くのファンの皆様にミュージシャンを身近に感じていただくとともに、検証可能なNFT資産へのより安全で確実なアクセスを可能にしています。

ブロックチェーン業界には、利用の敷居を下げるという「打開策」の問題が常にありました。 ブラウザ、ウォレット、取引プラットフォーム、ゲームなどは、体験を改善し、プロセスを簡素化してきましたが、成功は限られているようで、いまだに小さな円の中で周回しており、主流の「トラフィック群」は入ってきていません。

NFTは文化娯楽産業の代表として音楽業界にツールとキャリアを提供し、「ファン経済」の巨大なエネルギーに基づいて、簡単に「輪を崩す」ことができ、将来的にはより多くの映画やテレビのスター、ミュージシャン、デザイナーなどがNFTブームに参加することが予想され、ブロックチェーンのいくつかの垂直方向のリリースNFT機能は、伝統的な業界の有名なIPとブロックチェーンと産業の組み合わせの深さは、この恩恵を受けることになります。

NFT musicはまだ初期段階にあり、その事業運営モデルやユーザー数は主流の音楽市場とは比較にならないが、デジタル音楽にお金を払うという概念を育て、より良い音楽エコシステムを構築し、音楽産業の発展を促進するという役割は、依然として重大な意義を持っています。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。