DeGenDataでNFTデータを分析する!!

NFTのエコシステムでは、オンチェーンデータを分析して理解することがいかに重要であるか、多くの人が理解していません。

このデータを追跡することは、飛行機が指定されたルートをたどることに似ており、基本的にはNFTプロジェクトの開発の現状を知ることができます。

まとめると、NFTのオンチェーン分析プラットフォームがあれば、重要な情報を簡単に閲覧・検索することができます。 これをうまく実現している新興のプロジェクトが「DeGenData」です。

DeGenDataは、NFTのデータラボであり、いくつかのトップNFTプロジェクトにインテリジェントな分析ダッシュボードを提供しています。
それぞれのダッシュボードについては以下の通りです。

DeGenDataによるNFTデータの解析
DeGenDataの開発者は、トレーダー、エンジニア、データサイエンティスト、スマートコントラクトの開発者で構成されており、独自のカスタムNFT分析プラットフォームを構築したSHI NFTユーザーと同様です。

これは、DeGenDataが対象とするすべてのプロジェクトのカスタムスタンドアロンダッシュボードを提供しているからです。
これにより、ユーザーはオンチェーン活動に関するより詳細なデータにアクセスすることができますが、汎用ダッシュボードでは、すべてのNFTプロジェクトの基本的な指標を一度にカバーすることができないのです。

このように、DeGenDataが特別な役割を果たすことができるのは、プロジェクトに固有の重要なデータを簡単に追跡することができ、さらにそのデータを様々なタイムスパンで検索することができるからです。

例えば、2021年第1四半期のCryptoPunks市場の全体的なパフォーマンスに関する調査レポートの作成を任されたとしましょう。

DeGenDataでは、上の図のように2021年1月1日から3月31日までの時間パラメータを設定して、その期間の売買活動の分析をすぐに始めることができます。 上の画像では、属性、購入者、販売者、性別、スキンなど、様々な統計情報が検索できることも確認できます。

CryptoPunksに加えて、最新のNFTプロジェクトのために、DeGenDataは分析インテリジェンス・ダッシュボードを提供しています。

l クロミスクイグルス
l クリプトボクセル
l Hashmasks
l Meebits
l ムーンキャットレスキュー
l リンガー

繰り返しになりますが、異なるプロジェクトのために、これらのスマートダッシュボードは対象となる分析データを提供します。

Ringer NFTのスマートダッシュボードでは、異なるレイアウトやスタイルのNFTを検索することができますし、Cryptovoxels NFTベースのスマートダッシュボードでは、特定の建物サイズの売上などのデータを追跡することができます。

さらに、DeGenDataは数週間前に公開されたばかりなので、今後もNFTプロジェクトのためにスマートなダッシュボードを追加していくと考えるのが妥当だろう。 もしかしたら、あなたが見たいプロジェクト情報はまだ表示されていないかもしれませんが、近い将来に表示されるかもしれません。

NFTのトッププロジェクトの活動が気になってきたら、DeGenDataや他の同様のプラットフォームをチェックしてみてはいかがでしょうか。

NFT分析のスキルを磨くきっかけになることは間違いありません。

https://degendata.io/

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。