NFTでメタバース(仮想現実)化は一気に進む!?

ワイアード誌の編集長ケビン・ケリーは著書「Out of Control」の中でテクノロジーの未来を予測しており、そのキーワードは「鏡の世界」である。
現実世界のあらゆるものが仮想世界にレプリカを持ち、鏡の世界では物理的な世界と仮想のデジタル情報がリンクすると語る。

後にメタバースは、インターネット、AR、仮想世界のすべてを包括し、より没入感とインタラクティブ性の高い「ゲーム」のためのパラレルスペースになると予測されています。

2020年には、世界のゲーム産業は1,749億ドルの規模となり、全世界で25億人以上のアクティブプレイヤーが存在すると言われています。これは、映画産業と音楽産業の合計額をも上回るものです。 デジタル版はその91%を占め、収益は1580億ドルに達します。

Web 2.0インターネットの広大なビジネス帝国の半分がゲームで構築されているとすれば、ゲームはメタバースのコンセプトに最適な手段であり、ブロックチェーンプロトコルがそのインフラとして機能し、NFTがデジタル所有権の「保証人」となるメタバースへの最適なエントリーポイントでもあると考えられます。

従来、友人と一緒にゲームをするには、同じ部屋に座ってジョイスティックを共有するしかありませんでした。
現在では、ほとんどのゲームにオンラインモードが搭載されており、どこでも誰とでも対戦できるようになっています。
一緒に遊ぶだけでなく、自分で簡単なゲームを「開発」してお金を稼ぐこともできます。

NFTの技術の核心は「デジタル所有権」であるため、NFTの力を使えば、仮想世界のすべてのデジタル・オブジェクトは、第三者による管理や流通から解放されます。
均質化されていないトークンは、アートワーク、音楽、画像だけでなく、個人のアイデンティティ、ゲーム資産、土地など、価値のあるあらゆるものの認証、忠実性、保存を可能にし、チェーン上に永久に記録されます。

フェイスブックやツイッターのような中央集権的な大規模ハイテク企業によるプライバシーやデータの侵害や搾取がなければ、Web3.0は真に分散型のオープンなインターネットであり、権利や利益の分配が真に透明であり、誰もが権威者の承認なしにその創造に参加が可能となります。

Epic Game社のCEOであるTim Sweeney氏が想像するように、権利と自由は巨大ネットワークからユーザーの手に戻ってきます。

「最終的には、プラットフォームが『汲み上げる』利益よりも、クリエイターがはるかに高い割合で利益を得られる状態になるでしょう。

そして、非クリエイターが利益を得る場合には、コストと利益が提供するサービスに合致するような競争的メカニズムを通じて分配しなければならないようになるはずです。

現在のフィクションやノンフィクションの成果はすべてメタバースのごく一部に過ぎませんが、2Dテキストから3D VRまで、メタバースは徐々に現実世界を復活させ、あるいは代替し、伝統的な秩序は徐々に崩壊し、人類が思い描く未来の世界が一歩一歩実現されています。

トップガンのオアシスのような精緻なクオリティを実現し、世界中の何十億人もの人々がその中で自由に暮らせるようになるには、20年かからないかもしれません。

いつでも、自分のデジタルボディを作る準備が必要な時かもしれません。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。