Algorand、NFTマーケットプレイスアプリ「Curate」と提携

ALGO WALLETとは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)やNFTのシームレスな取引・管理を可能にする、安全で便利なウォレットの事。暗号学のパイオニアであり、チューリング賞受賞者でもある。MIT教授の Silvio Micali によって設計された、主流になることに焦点をあてたオープンソースのブロックチェーンです。

NFTマーケットプレイスのCurateは、次世代の金融向けブロックチェーン、アルゴランド(Algorand)との提携を発表した。Curateは、ガス代の掛からないNFTマーケットプレイスアプリで、売り手が一律4%の手数料を支払うことで利用できることを特徴としている。NFTだけでなく、衣類や電子機器、ゲームなど、様々な商品を売買できるという。

クレジットカードやPayPalといった法定通貨の支払いに加えて、今回新たにALGOによる決済が加わる形となる。アルゴランド(Algorand)のネイティブトークンであるALGOは、手数料の支払いやエコシステムのガバナンス投票などに使用される。

NFT LABO 編集部 REINA

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。