2021年に注目すべき新しいNFTプラットフォームのトップ5とは?

今年は、ビットコインやDeFiに代わって、NFTが世界のニュースを賑わせています。

2020年がDeFiの年だとすると、2021年はNFTの年になっております。
世界中のアーティストやミュージシャンなどが、そのトレンドに合わせて独自のNFTを作っており、大手エンターテイメント会社等も参入してきております。

それだけでなく、NFTには、物理的な世界にはない不変性、プログラム可能性、独自性などの有利な特性があり、大きな可能性が秘められています。

一般的に言われていることとは異なり、NFT市場に参加するには多額の資金は必要ありません。 誰もが自分のNFTを生成し、それを売ったり買ったりして楽しみや利益を得ることができます。

ほとんどのデジタルアート取引プラットフォームでは、クリエイターがロイヤリティを得ることができます。 openSeaは、さまざまな市場アナリストからブロックチェーンのeBayと呼ばれており、アートからバーチャルリアリティ、スポーツのトレーディングカードまで、ほとんどのものが揃っています。

Super Rare、Nifty Gateway、FoundationなどのNFTマーケットプレイスでは、アーティストの作品が将来的に販売された場合、約10%のロイヤリティが支払われます。

他のプラットフォームがクリエイターの参入障壁を低くすることに重点を置いているのに対し、Zoraは一部の熱心な招待者のみを対象に運営されており、RaribleやMintableはユーザーなら誰でも画像やテキストをアップロードしてNFTとしてサイト上で販売することができます。

NFTプラットフォームの注目5つ

1.Binance

バイナンスは6月に、NFTのマーケットプレイスと取引プラットフォームであるCoin NFTを立ち上げます。 この新しいマーケットプレイスには、世界中のアーティスト、クリエイター、そして暗号通貨愛好家が集まることが期待されています。

バイナンスは、NFTプラットフォームにより、独自のサービスや独占的なコラボレーションを通じて、最も魅力的なメタバースを構築することを目指しています。 デザインされた直感的なデジタルプラットフォームとシームレスに組み合わされ、世界中のアーティスト、クリエイター、そして暗号通貨愛好家が集まります。

Binanceはわずか1%の処理手数料を徴収し、作成者または購入者はその後のすべての取引に対して1%のロイヤリティを受け取ります。

Binanceは世界中で何百万人ものユーザーにサービスを提供しており、その多くがすでにNFT空間へのアクセスを開始しています。

2.Chair

Chairプロジェクトは6月に開始されますが、今のところChair.Financeが世界初の分散型NFT株式取引プラットフォームになると最も期待されています。 このプラットフォームでは、分散型技術を念頭に置いた新しい取引システムを構築します。

Chairプロジェクトは、この分野で長年の経験を持つブロックチェーンの専門家からなる非常に強力なチームによって開発されています。 TwitterやTelegramでフォローすれば、プラットフォームの進捗状況を知ることができます。

Chair.Finance NFTプラットフォームの魅力とは? NFTでは、「分散」と「権利・利益の交換」という未知の2つの世界を探求し、融合させるために進化してきました。

この場合、権利や利益は、会社の株式やトークン化された会社の株式などの資産を表し、さらには、有名人、インフルエンサー、著名な起業家などのキーオピニオンリーダーもトークン化された資産を表すことができます。

本プロジェクトでは、分散型スマートコントラクト技術とDAOのガバナンスの概念を、NFTとDeFiの独自性と組み合わせて活用し、トランザクションマイニング、オークションマイニング、トランザクションタックスを提供することで、株式資産の流動性を高めます。

プラットフォームトークンであるBNCHは、CHAIRプラットフォームにおけるユーザーの持分を表しています。 BNCH保有者は、CHAIRプラットフォームのガバナンスと将来の開発に深く参加する権利を有しています。

BNCHは、CHAIRプラットフォームでの商品やサービスの購入にも利用できます。 すべてのBNCHホルダーは、CHAIRsの開発によって得られた収益を共有する権利があります。

3.NFT20

NFT20はまだ初期段階にありますが、このプロジェクトは、急速に拡大するNFT市場にとって、いずれ非常に有用なものになるでしょう。 これは、各コレクティブルNFTのアイテムの特定のプールを作成することによって動作します。

新しいNFTがプロジェクトプールに追加されるたびに、そのプロジェクトの名前で100トークンが鋳造され、オーナーが利用できるようになります。 これにより、NFT市場に流動性が生まれます。

オーナーはこのトークンを使ってプール内の別のNFTを購入したり、Uniswapで取引をしたりすることができます。 その価値は、購入プール内のトークンの需要に依存します。

“投資家が自分の判断で特定のパーツを探して購入することなく、プロジェクト全体に投機できるようにする” それは、NFTやデリバティブに対する客観的な評価です。

4.スプリット

Splytは、NFTの概念を完全に覆します。SplytのeNFTは、デジタル資産に相当するものではなく、現実世界のアイテムを表します。

ブランドや販売者は、商品をeNFTとして掲載することで、グローバルに更新されるブロックチェーンの在庫システムを構築し、NFTは2度販売することができないため、重複販売を防ぐことができます。

各アイテムのeNFTには、偽造品や恐喝を防ぐための真正性証明書が付いています。Splytのすべての購入/販売/キャストの履歴と評価は、取引が行われるたびに継続的に引き継がれます。

Splytは、手数料が組み込まれており、交渉するための契約書もなく、商品が売れた後に質問なしですぐに支払いを受けることができます。 この契約では、紛争解決や仲裁のために、常に製品の評判を把握しておきます。

5.AnRKey X

暗号の世界のあらゆるものをゲーム化し、NFTと組み合わせることで、AnRKey Xが誕生しました。

AnRKey Xは、ゲームを作ることができ、ゲーム内アイテムをマーケットプレイスで売買することができるオールインワンのゲームプラットフォームです。 さらには、どのプールのパフォーマンスが優れているかをチーム同士で競い合うリクイディティマイニングも行っています。

AnRKey Xチームが自分たちでゲームを作ってNFTの戦利品を豪華にすると同時に、他の誰もがゲームのDappsを作り、そのレアアイテムをgDEXで販売することができます。

そのブランドイメージに合わせて、AnRKey Xを「アーケードトークン」と呼んでいます。 これらのトークンにより、ユーザーはNFTを売買したり、報酬を競ったり、レベニューファーミングやリクイディティマイニングのために誓約したりすることができます。

ゲームセンターと同じように、トークンを使ってゲームをすることができます。 さらに面白いことに、プレイしたことのないゲームでもNFTの「アイテム」を持つことができ、ゲーム内のアイテムに命を吹き込むことができます。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。