今週のNFTニュース!!(5月4週)

1.Tezos(XTZ)ベースの音楽NFTプラットフォーム「OneOf」が6300万ドルを調達!!

Tezosブロックチェーンベースの音楽NFTプラットフォーム「OneOf」は、6300万ドルを調達し、来月ローンチする予定との事です。

「OneOf」によると、ファンは135種類以上のフィアット通貨に加え、暗号通貨やステーブルコインで、クレジットカードやデビットカードを使ってNFTを購入できるようになるとの事です。

2.NFTプラットフォーム「UniverseProtocol」がホワイトペーパーを公開!!
造幣局とオークションのプラットフォームを近日中に公開予定との事です。

公式ニュースによると、コミュニティ主導のNFTプラットフォームであるUniverseProtocolは、ホワイトペーパーを公開し、キャスティングとオークションのプラットフォームを近日中に稼働させる予定です。

universeProtocolは、Etherで構築されたプロトコルにより、アーティストとファンのための持続可能なエコシステムの構築を目指しています。

UniverseProtocolのネイティブトークンはXYZで、初回は100万XYZトークンが提供され、その後は暦年ごとに69,777XYZが鋳造されます。Universeは430万ドルのシードラウンドで資金調達を行いました。

創業者には、BarnBridgeのオリジナル共同創業者であるTylerWardとTroyMurrayがいます。

3.グッゲンハイムベンチャーズの創設者であるトッド・モーリー氏がNFTミュージアムを建設中!!
グッゲンハイム・インベストメントの創業者であるトッド・モーリー氏は、世界最大のNFTミュージアムを建設すると語っています。

4.メキシコのサッカークラブ「チバス」がNFTオークションを開催!!
メキシコのサッカークラブ「Chivas」は、創立115周年を記念して、Avalancheブロックチェーン上でNFTオークションを行います。

NFTオークションは、6月7日から1ヶ月間開催されるそうです。NFTでは、クラブがキュレーションしてデザインした未発表のチーム資料を展示します。

オークションで集められた資金の一部は、メキシコや世界の子どもたちや青少年の健康に取り組む非営利団体「ホルヘ・ベルガラ財団」に寄付されます。

また、ファンの皆様には、ソーシャルメディア上で公開されているデザインコンテストに参加していただき、受賞したデザインは今回のNFTコレクションに採用されます。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。