ワーナーミュージックグループがNFTに参入!!

ワーナーミュージック・グループとジーニーズは、自社のタレントやキャラクターのアバターやバーチャルNFTを開発するためのパートナーシップを締結しました。

公式ニュースによると、ワーナーミュージック・グループと世界最大のアバター製作会社であるジニーズはNFTのパートナーシップを発表し、ワーナーミュージック・グループのタレントやキャラクターの3DアバターとバーチャルNFTを開発しました。

ファンは、服やアクセサリー、タトゥーなど、アバターのための限定版NFTを購入して、曲やアルバムのリリースの重要な瞬間を記念することができるようになります。

NFTによりファンとアーティストは貴重な瞬間の記録でき、さらに永遠に保存する事ができます。

こういった世界的なエンターテイメントの会社がNFTに参入してくると、しばらくは中小企業もこぞって参入する流れは止まらないかと思います。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。