なぜデジタル画像に何十億円もの値がつくのか?熱狂するNFT市場

ゲーム内の土地がトークン化され数億円で売買されたり、デジタルアートが75億円もの値段で取引されたりと、全世界的にNFTと呼ばれるトークンが盛り上がっています。国内でNFTのマーケットプレイスを開始したコインチェックの天羽健介執行役員による、NFTに関する寄稿。

 ブロックチェーン技術を応用し、唯一無二の価値を表現できるNFT(ノンファンジブル・トークン)。そのNFTが、今世界的にブームとなっています。2021年初めから、NFT市場の本格的な盛り上がりを感じずにはいられない出来事がいくつか起こっています。

 人気ブロックチェーンゲームである「AxieInfinity」内の土地が約1.6億円で売買されたり、米国のプロバスケットボールリーグNBAでプレーする選手のNFTトレーディングカード「NBA Top Shot」が短期間で240億円分購入されたり、さらにこれを運営するダッパーラボ(Dapper Labs)社は、企業評価額約2000億円となり約250億円の超大型資金調達を実施しています。

 そして極め付きはデジタルアーティストのビープル(Beeple)のNFTアート作品「The First 5000 Days」です。世界的に有名な大手アートオークションハウスであるクリスティーズにて、約75億円で落札されました。これは現在、存命するアーティストの歴代作品の中で落札額第3位を記録しています。

NFTアート作品「The First 5000 Days」は約75億円の値がついた(クリスティーズWebサイト)

 ブロックチェーンに刻まれた唯一無二のデジタルアート作品の価値が世の中に認知されたことで人々は熱狂し、大きな話題を呼びました。

 その後も、ツイッターのCEOであるジャック・ドーシーの最初のTwitter投稿がNFTとして出品され、3億円以上もの価格で落札されたなどの話題が大手メディアにも取り上げられ、一気に注目を集めています。

NFTにする関心は2021年に入って急増した(Google Trends、公開データをもとにコインチェックで作成)

仮想空間と現実空間の融合とともにNFTの価値は高まる

 NFTを簡単な言葉で説明すると、ブロックチェーン上に刻まれた世界に1つだけしかない価値が証明されたデジタルグッズ、デジタルアイテムです。

 NFTも暗号資産と同様に、裏側でブロックチェーン技術が使われています。しかしながら、現在、日本においてNFTは暗号資産ではない「モノ」に近い整理がなされています。

 期待される利用用途は多岐に渡り、ゲーム、アート、音楽、スポーツ会員権、マンガ、アニメ、不動産など既存のビジネスにおいて固有の権利を証明するビジネスジャンルと親和性があります。それぞれの既存の権利ビジネスが、将来データに置き換わっていく可能性をイメージするだけでも、潜在的市場規模は相当に大きいことが容易に想像できるでしょう。

 2020年初から始まった新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活が激変し、Zoomなどのツールを使いネット上の仮想空間で活動することが当たり前になってきています。今後、5Gなどの通信技術やVR技術が発展していくことで、この流れはさらに加速していくことが予想されます。

 仮想空間と現実空間との融合が進むことで、購買活動やそれに伴う決済が必要となり、新たな経済圏が発達するでしょう。この時に必要となるのが、価値そのものを移転できるという特徴を持つ、ブロックチェーンやNFTではないかと考えています。

 NFTは、まずはデジタルで完結する領域から普及していくと思われますが、リアルとデジタルの融合により、あらゆるノンファンジブル(代替不可能)な物は最終的にデータ化されて、NFTになる可能性を秘めています。NFTの流通総額が今のメルカリの流通総額を超える日も遠くないと思っています。

引用:IT Media

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。