米トレカ大手のトップス、メジャーリーグの公式NFTを発行

米国の大手トレーディングカードメーカーのトップス(Topps)がMLB(メジャーリーグベースボール)とメジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)と協力し、NFTで野球カードを発行する。

トップスがベースボールのNFTカードを発行を決めたのは、同社がデジタル事業に注力するとともにブロックチェーンを使ったコレクターズアイテムの注目が高まっているためだろう。

カードには「コモン(一般)」から「レジェンド(伝説)」など様々なレアリティのカードが用意され、限定版カードなども販売される。デジタルの特徴を生かし、モーショングラフィックスなどを採用する。ブロックチェーンのWax上で発行される。

トップス社はデジタル事業に参入しようと長らく計画してきた。これまでにTopps Buntと呼ばれるデジタルコレクションアプリを提供している。

トップスで会長を務めるマイケル・アイズナー氏は最近のインタビューで、同社のスポーツとエンターテインメントの分野はすでに25%がデジタル化されており、急速に成長していると述べている。同社は現在、株式公開を計画しているため、特にブロックチェーンとNFTを広くアピールし、セカンダリー市場に参加する機会を拡大しているようだ。

米国の野球界では、MLBのオークランド・アスレチックスが今年からホーム・シーズン・スイートの支払いにビットコイン(BTC)を受け入れ、スイートの販売で得た仮想通貨を保有する意向であることを示している。一方、チリーズといったブロックチェーン・スポーツ企業も、スポーツ・ファン・トークンを介してMLBのファン層を狙っている。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。