バドワイザー初のNFTコレクション発表

米大手ビール銘柄の「バドワイザー」は11月29日、初のNFTコレクションを世界最大規模のマーケットプレイス『OpenSea』でリリースされた。

コレクションは「Budverse Cans Heritage Edition」と名づけられ、缶ビールが発売年、1936年にちなんだ、1,936個のデジタル缶で構成されている。

これまでの歴史の中で使用されてきた写真や広告やデザインを用いて作られ、それぞれのNFT保有者は、バドワイザーのNFTサイト、「Budverse(バドバース)」へアクセスできる。保有者は飲酒可能な年齢から特典の対象になる。

また1,936個のNFTのうち、36種類はゴールドNFTと呼ばれるレアコレクションで、999ドル(約11万円)で販売。バドワイザーは、このNFTについて最高の体験をするためのVIPチケットとして豪語している。

一方残りの1,900個は、コアNFTと呼ばれており、価格は499ドル(約6万円)でこれらにも特典が付きます。バドワイザーへの収益は984,000ドル(約1億1,000万円)ほどになった。

「Budverse Cans Heritage Edition」は、リリースされてから1時間以内で完売し、過去には公式ツイッターのプロフィール画像として約275万円でNFTを購入、更にはENS(イーサリアム・ネーム・サービス)が提供するアドレス名「Beer.eth」も約1,000万円で購入していた経緯がある。

NFT LABO編集部

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。