メタバース市場、今後数年間で1兆$規模へ

グレイスケールは、今後のメタバース市場に対してレポートを公表した。メタバースが主流となる中で、何年間のうちに1兆ドル(日本円で約113兆円)を超える市場規模を持つようになると予想しています。

グレイスケールとは、海外で有名な仮想通貨信託投資企業で、ビットコインを世界的に見て多く保有している企業です。

そんな企業が公表したレポートには、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(ベンチャーキャピタル)の資金がこの株式市場を分析する際、便宜上区分するグループ(セクター)に流入していることも強調され、第3四半期にブロックチェーンゲームの資金調達額は合計で10億ドルにのぼり、これは仮想通貨セクター全体の総資金調達額の12%に相当し、ウェブ3.0分野では「トップのサブセクター」になるとしています。

昨今ではデジタル系の趣味に費やされる平均時間やお金の増加、ゲームをプレイしながらお金を稼ぐプレイ・トゥ・アーンへのシフトなどがメタバースセウタ―の成長に大きく貢献する可能性があると、レポートは指摘されています。

NFT LABO編集部

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。