TwitterにMaskNetworkにNFTのコースを設定!!【Mask創業者Sujiが語るWeb3.0とは!?】

Mask Networkは、NFTディスプレイやNFTアバターに加えて、後にCryptoPunksをプロジェクトの顔やCEOにすることができるプラグインで、NFT路線をTwitterに先駆けて進めています。

先日、コンテンツ制作者へのビットコイン・バウンティの支援を発表したソーシャル大手のTwitter社も、注目のNFT市場の一部を手に入れるべく、NFTの表示を検討しているといいます。

TwitterのNFT表示機能に市場が沸く中、Mask Network社は、赤い封筒の送受信、暗号化されたツイートの投稿、TwitterでのNFTの表示と購入などに導入されたプラグインで、すでにNFTとSocialFiの競争をリードしています。

マスク・ネットワークが行っているのはそれだけではありません。 年初に稼働したOpenSeaなどのプラットフォームのNFT機能に加え、マスクは最近、NFTギャラリー、NFTアバター)、NFTレッドパケット、さらには その後、NFTを使ってモンスターと戦ったり、「QQペット」のようなクールなポケモン機能を体験することができる機能を搭載しております。

Twitterに先駆けてNFTトラックを立ち上げたマスク・ネットワークの創業者Sujiは、Web3.0に個性を持たせるためのビジョンをこう語っています。

“今のNFTは、歴史書に書かれている「ルネッサンス」に似ていて、マスク・ネットワークが追い求めているのは、より多くの人が参加しやすい環境を整えることです。”

Web 3.0、メタバース、SocialFiは、Mask Networkが追求してきた重要な方向性であり、そのようにMaskは、伝統的なソーシャルメディア上の大量のユーザーを簡単な方法でエンゲージし、結びつけることで、より多くの人々にアプローチしたいと考えています。 現在、マスクの主戦場はTwitterです。

2017年の設立以来、Mask Networkは、プラグインモデルによってTwitterに分散型アプリケーション関連の機能を追加することに注力してきました。CoinGeckoやCoinMarketCap、Uniswap、SushiSwap、QuickSwapなどの分散型アプリケーションへのアクセスなどがあります。

NFTに関しては、これまでもOpenSeaやRaribleでのNFTの購入やNFTオークションへの参加、NFTマーケットプレイス内での作品のURLの特定や表示、ValueblesでのツイートのNFT購入などをサポートしてきましたが、最近ではTwitter NFTの開始を皮切りに、マスク・ネットワークの存在感が大きく加速しています。

新バージョンのMaskをインストールし、TwitterのバイオにイーサリアムウォレットのアドレスまたはENSドメイン名を記入すると、ユーザーは自分のウォレットのNFTをTwitterのプロフィールページに表示したり、バイオにイーサリアムのアドレスまたはENSドメイン名を記入した他のユーザーのNFTコレクションを閲覧したりすることができるようになります。

デジタルアーティストPak氏のNFTコレクションを、Maskプラグインを介してTwitterで直接見ることができます。

現在、多くのビッグVや通常のNFT保有者は、Twitter上でアバターをペンギンやペットの猫、CryptoPunksなど、保有するNFTに変更し、そのアバターを個人のアバターとして使用しています。 現在、アバター機能は一部のKOLにしか提供されていませんが、KOLがNFTのアバターを設定すると、Maskプラグインをインストールしているすべてのユーザーがそのアバターを見ることができます。 この機能は将来的にアップグレードされ、すべてのユーザーが利用できるようになる予定です。

NFTアバターは単なるJPGではなく、ユーザーの財布の中でNFTを直接認識するものに変わり、現在のNFTアバターの真正性を証明するバッジと価格などの情報が表示され、NFTアバターをクリックするとOpenSeaのNFTページに直接リンクされます。

ソーシャルプラットフォームやファイル共有など、NFTに関連するさまざまなサービスを統合するには、ストレージインフラが必要です。 このため、Mask Networkは、TwitterやFacebook上で直接、分散型ファイルストレージサービスをサポートしており、現在はArweave、後にはIPFS、Sia、Swarmをサポートしています。また、マスク・ネットワークは、ストレージ・アクセラレーション・ネットワークであるMesonや、オンチェーン・コンテンツ・プロトコルであるRSS3など、他のプロジェクトとの提携や投資を積極的に行い、基盤となるインフラを増やし、アプリケーション・シナリオを拡大しています。

なお、今年8月には、Twitter社の創業者であるジャック・ドーシー氏が出資する分散型ソーシャルメディア「Bluesky」が、初期のZcash開発者であるジェイ・グラバー氏によって運営されるようになり、「Mask Network」など11のプロジェクトがBlueskyの最初のコミュニティ推奨プロジェクトとなりました。

また、Mask Networkは最近、CryptoPunk #6128を159ETHで購入し、このCryptoPunkと他の2つのLoot資産をMaskDAOに預けているほか、MoonCatなどの他のNFTも購入しているという。

「将来、マスク・ネットワークは完全に非中央集権化され、このパンクやその後に購入した悪役が数年後にはバーチャルなスポークスマンになったり、数年ごとに変わるかもしれない私に代わってマスクのCEOになったりするかもしれない」とSujiは将来像を語っています。

マスク・ネットワークのメンバーは、かなり早い段階からLootを購入していたそうで、Lootにはギアが付いていて、後にPunkもスキンギアを着て「ロック」でモンスターと戦ったり、「ペットの猫」や「ペンギン」を率いて戦うことができるそうです。

NFTアバターの第一弾が検証できたことで、マスク・ネットワークのエココミュニティは、QQペットに似たポケモン機能の導入も計画しているとスジは言う。この機能では、ユーザーのパンク・フィギュアが戦利品を持って自分のツイッター・ページに「たむろ」したり、他のツイッター・ユーザーのページに「ゲスト」して「食べ物を盗む」ことができる。 小さなモンスターNFTを持つ2つのTwitterアバターは、お互いに「交流」することもできます。

Sujiはさらにこう語ります。
「NFT市場はまだ初期段階にあり、最終的にバブルになるかどうかはわからないが、ピークには程遠い。 市場のセンチメントだけで価値を判断することはできませんし、短期的に熱狂が冷めたとしても、将来のトレンドには全く影響しません。NFTは10倍、100倍、1000倍の未来を手にすることができるのです。」

また、スジはNFTをルネッサンスになぞらえて、どちらも現在あるイデオロギーを変えて社会の進化を促したいと考える少人数のグループがいたという意味では革命的だったが、NFTの革命性は市場によって薄められたり、隠されたりしていたといいます。

まとめ

現在、マスク・ネットワークは、DeFi、NFT、ストレージ、ツール、トランザクション、プライバシーをカバーする統合的なエコシステムを形成しており、50以上のプロジェクトがエコシステムに参加しています。 マスク・ネットワークのプラグインの追加と反復、今後のソーシャル・プラットフォームへのプラグインの拡張、そして非中央集権とオープンソースの哲学により、より多くのインターネット・ユーザーに実際の影響を与え、Web2.0からWeb3.0への進化を促進するでしょう。

NFTのディスプレイ機能やアバター機能の実現、さらにはNFTにペルソナを与え、CEO専用のIPにするというアイデアは、NFTの全体的な価値をさらに高め、現実世界と並行する仮想世界、真のメタバースの実現を促進します。

今後、新たなWeb 3.0の世界に突入するに違いありませんが、マスク・ネットワークは、NFTのトラックでTwitterよりも先に、一般ユーザーの習慣を変えることなく、複雑なインフラを迂回して、NFTやDeFiなどに直接参加できるミドルウェアやワンストップ・ポータルとして機能し、Twitterの Twitterの巨大なユーザー基盤を活用して、一般ユーザーの習慣を変えることなく、飛躍的な進歩を遂げることができるでしょう。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。