集英社が『ワンピース』作品をNFT化!

大手出版会社の集英社が、人気漫画「ONE PEACE(ワンピース)」の活版印刷作品がNFT化され、

連載1,000話・コミックス100巻発売を記念し、活版印刷作品「The Press」10点の販売を開始すると発表した。

抽選販売申込受付期間は、2021年9月25日(土)〜10月3日(日)です。

今回販売される作品では、『ONE PIECE』1話~1,000話のなかから、名シーンをセレクト。現在では希少になった1960年代製のハイデルベルク大型活版印刷機でプリントするそうです。

強い圧力をかけて刷られることで印刷面が凹み、独特の表情を見せるそうです。マンガの歴史に敬意を表すシリーズでもあり、用紙は1829年に創業されたドイツの製紙会社GMUND社の「グムンド・コットン マックスホワイト」を使用。美しさはもちろん長期の保存性にも優れた、コットン100%のファインペーパーです。

今回、1000話の最終見開きを作品化したプリントには、この話が掲載された「週刊少年ジャンプ」を実際に印刷した樹脂板をセットにしました。

スタートバーン社のブロックチェーンNFT証明書発行サービスが採用されており、販売されるマンガアート作品に、ブロックチェーン証明書「Cert.」が発行されることのことです。作家や版元情報をはじめ、二次流通市場における来歴も永続的に記録され続けるといわれています。

NFT LABO編集部 REINA

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。