小室哲哉のステージがNFTに!

Studio ENTRE社は9日、NFTプラットフォーム「.mura(ドットミューラ)」と10月開催のイノフェス2021とのコラボ開催を発表した。小室哲哉氏の音楽制作パフォーマンスをNFTにして、今秋販売されます。

小室哲哉氏は、平成を代表するミュージシャン、安室奈美恵やglobeなどの代表曲を手がけた音楽プロデューサーとしても知られています。

イノフェスの正式名称は「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI」。大手ラジオ局J-WAVEが2016年より毎秋主催する日本最大級のデジタル・クリエイティブフェスで、J-WAVEが主催する日本最大級のデジタル・クリエイティブフェス。今年は10月9日(土)、10日(日)に六本木ヒルズアリーナで2日間、新型コロナウイルス感染症対策を行った上で、有観客とオンライン配信のハイブリッドで開催される予定となっています。

「.mura」とは
NFTを通じて作品を販売できるマーケットプレイス。
「音楽」と「アートワーク(写真・イラストなど)」を組み合わせた作品を売買することが可能です。作品を最初に購入した方は、ミュージシャン・アーティストから公式サポーターとして認定され、他の方々のために購入した作品の拡散に貢献したり、音源の流通によって発生する収益の一部を得ることができます。

今回小室哲哉氏のNFTを販売する予定の「.mura(ドットミューラ)」が、どのブロックチェーンを活用するのか、その決済方法や、OpenSeaなどの他プラットフォームにトークンを取り出せるのかなど、その詳細は発表されていません。

NFT LABO編集部 REINA

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。