日本の8歳のデジタルアートの天才がNFT市場で稼ぐ!!【NFTの可能性】

7歳、8歳の子どもたちの大半は、まだ白い紙にクレヨンで走り書きをしているだけだと思います。 しかし、日本の8歳の小学生は、デジタルで落書きをし、その作品をNFTにしてオンラインで販売し、遊びながら初めての収入を手にしています。

デジタル・ズーキーパー

Business Insider Japanの取材では伏せられた、ソーシャルメディア上で匿名となっている少年の名前は、単に「ゾンビ動物園員」と呼ばれています。 彼は現在、急成長中のデジタルアート帝国「Zombie Zoo」を運営しており、「OpenSea」のプラットフォームに投稿された彼の個人的な作品は、セカンダリーセールで最大18ETHで販売されています。

このZombie Zoo管理人は、現在、トンボやワニなどの動物やヘッドフォンなどのオブジェなど、動物園をテーマにした新しい作品を1日に3つほど完成させ、急成長しているデジタルビジネスの場を埋めていると説明しています。

中でも休日になると、1日に「7~9個」の生産を行い、より多くのお金を稼いで、ポケモンのおもちゃを買うことを目指しています。

家族のサポート

有名なNFT「Weird Whale」を制作した12歳の英国人少年、ベンジャミン・アーメッドもその一人です。 このような超若手の天才クリエーターは、一人で仕事をすることはほとんどなく、熱心な親御さんがサポートしてくれる傾向にあります。12歳のAhmedは、「金融関係の伝統的なソフトウェア開発」に従事する父親に支えられております。

8歳のZombie Zooは、アーティストである母親の草野恵美さんが息子のアシスタント役を引き受けて支えています。
また、作家自身もデジタルアート作品を制作しており、そのメンバーでもあります。 また、彼女自身もデジタルアート作品を制作しており、その一部はNFTとして販売されています。

実際、草野恵美さんは鋭いビジネススキルを発揮し、息子の作品の二次販売のロイヤリティを従来の2.5%から驚異的な10%に引き上げたが、OpenSeaの二次販売には悪影響を与えず、むしろ繁栄しているという。

現在、日中は学校生活を続け、学校から帰宅すると、母親が主張するiPadでのピクセルアート制作をサポートする「無料アプリ」を使って、さらに作品を制作しています。

順風満帆の後のトラブル

日本の少年のNFT市場でのキャリアは、順調なスタートを切った。

今年の8月25日、彼の最初の作品が0.006ETHで出品され、1週間、市場は「反応が悪かった」。 しかし、9月2日に一連のキャンペーンを開始した後、日本の有名なイラストレーターから、バーチャル・ファッション・インターネットのクリエーターであるLil Miquela氏、Brud社の創業者であるTrevor McFedries氏まで、多くの人々がこの動物園管理人の活動を支持しています。

当然のことながら、このサクセスストーリーは、ゾンビ動物園のアートワークの偽物がネット上に出回るようになったという報告など、厄介な事態も引き起こしています。

しかし、この動物園管理人は、新たに発見した暗号の富が悪影響を及ぼす可能性の方が心配だと言います。

“初めて売れた時は嬉しかったけど、儲かりすぎてもやっぱり嬉しいのかな?”と言っています。

飼育係は匿名性を保つため、写真ではカラーマスクを着用している。 自分が行っているNFTの創作活動を、学校の仲間はまだ知らないそうです。
あるとき、友人に「ネットで絵を売った」と言っても、その同級生は信じてくれませんでした。

少なくとも今のところ、8歳の彼は自分の創作活動を学校では秘密にすることを誓っています。 彼は、”自分の作品がインターネットで本当に有名になるまで、友達や先生にはもう言わない “と言っています。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。