【P2E】大熱狂のGameFiとは?           注目すべきプロジェクトとは【Game✖️DEFI】

ブロックチェーンゲームの台頭と、2021年夏のP2E(Play-to-Earn)モデルの成功により、GameFiは今最も話題になっています。

今年は、NFTのゲーム企画が急激に増加しており、アクシー・インフィニティに代表される人気ゲームのいくつかは、6月と7月に取引量が爆発的に増加しました。
その一方で、多くのゲームプロジェクトが資本を得ることができました。 Blockchaingamer.bizのブロックチェーンゲーム投資リストによると、2021年8月時点で、ブロックチェーンゲーム分野への投資額は11億ドルに達し、2020年全体の投資額7200万ドルを大きく上回っています。

現在のブームは、昨年9月にAndre Cronje氏(Yearn.financeの創業者)が予測したように、
「DeFiの金融政策がゲーム化され、あなたのお金がDeFiのゲームで使われるツールとなり、次はGameFiに突入する」
という展開になっているようです。

では、GameFiとは何でしょうか?

GameFiで注目すべきプロジェクトは何ですか?
ユーザーはどのように参加できるのでしょうか?
この記事では、そのような疑問にお答えします。

GameFiとは?

GameFiは実は新しく作られた概念ではなく、情報によると、2019年後半にMixMarvelの最高戦略責任者であるMary Ma氏が、当時の烏鎮サミットでの講演で初めてGameFi、つまりゲーム化された金融を提案したという。
簡単に言えば、GameFiとは、分散型金融商品のゲームとしての提示、DeFiルールのゲーミフィケーション、ゲームプロップ・デリバティブのNFT化を指す。

最も注目すべき点は、ユーザーの資産がDeFiゲームの装備や道具となり、ひいてはゲームのプロセスに参加することで収益や報酬を得ることができる点です。

GameFiと同様のコンセプトを持つのがNFTFiで、MEMEに代表される多数の流動性マイニングプロジェクトが導入し、新たなDeFiブームを煽った。
しかし、「カードを引く」というゲーム性はどうしても単調で、技術的にも体験的にもあまりよくなかったため、NFTFiのブームは長くは続かなかった。
DeFiはやはりGameFiのコアであり、NFTは分散化のために必要なツールであり、
ゲームはGameFiの骨組みである。

現在のDeFiのゲームプレイのほとんどは、主にロールプレイング、仮想空間、育成型の戦闘、多人数での建設などです。
従来の流動性マイニングモデルと比較して、GameFiプロジェクトは、ユーザーとのインタラクティブ性、体験性、没入感が高く、また、ゲームの楽しさのレベルも高くなってきています。

例えば、NFTのペットを使って繁殖させたり、NFTの装備を使ってスキルを向上させたり、NFTを誓約して収益を得たり、対戦モードを導入してバトルに参加したりタスクをこなしたりすることで、ユーザーはゲームをプレイしながら同時に収益を得ることができるP2Eは、現在話題のGameFiプロジェクトです。

P2Eは現在、GameFiプロジェクトの最大の目玉である「プレイしながら稼ぐ」というものです。
この違いは、従来の「Deposit to Play」や「Free to Play」のゲームと比べて画期的なものです。

プレイヤーは、ゲーム内でモンスターを育てて孵化させたり、アップグレードして戦ったりすることで、プレイを楽しむだけでなく、獲得したトークンや装備、小道具などのNFTを取引市場で売って収益を得ることができます。

GameFiのトッププロジェクト

GameFiプロジェクトには様々な種類がありますが、大きく分けて2つのモデルがあります。

1つは、伝統的な流動性マイニングモデルをベースにゲーミフィケーション機能を持たせたもので、通常、ユーザーはゲームを始める前にトークンを誓約するか、NFTをプロジェクトする必要があります。

もう1つは、ゲームのプロセス全体を直接マイニングモデルとするもので、ユーザーはゲームを没頭してプレイすることができ、その過程で得られたゲームプロップやNFTを売却して収益を得ることができます。 の機器を販売して収益を得ることができます。

DappRaddar(8月18日)のデータによると、
過去30日間のゲームプロジェクトで、
総合ランキングのトップ5は、
「Alien Worlds」
「CryptoBlades」
「Axie Infinity」
「Upland」
「My DeFi Pet」

となっています。

一般ユーザーはどのように参加できるのでしょうか?

GameFiは、従来のゲームの世界を変えただけでなく、長い間革新が見られなかったDeFiに、新しい遊び方や機会をもたらしました。gameFiは、流動性のあるマイニングなどを提供し、ゲームの楽しさを統合するだけでなく、熱い二次取引市場をもたらし、一般ユーザーにさらなる収益の可能性をもたらします。

では、一般ユーザーがGameFiに参加するにはどうすればいいのでしょうか?

1) GameFiゲームへの参加

まず、ユーザーはこれらのGameFiプロジェクトに参加して体験することができます。 これらのNFTゲームは、プレイヤーが対応するトークン報酬、プレッジ報酬、またはプロップNFTを獲得する機会を提供するために、さまざまなメカニズムで設計されています。

2)GameFiトークンへの投資

さまざまなプロジェクトは通常、ゲームで使用するために必要なトークンを発行しており、あなたの価値判断や興味の好みに応じて、その中からいくつかを選んで投資することができます。

ブロックチェーンゲームのプロジェクトそのものとは別に、GameFiにサービスを提供しているいくつかの組織やチームに注目して、開発規模や見通しに応じてトークンを配布し、投資価値があるかどうかを確認することもできます。

現在のGameFiのブームは、おそらくDeFiとNFT製品の開発が成熟してきたことによる必然的な産物であり、次世代の暗号資産に金融属性と楽しさを同時に統合させてトレンドにし、ブロックチェーンゲーム、さらにはブロックチェーンの世界に全く新しい想像力をもたらしているのです。

関連記事

ランキング

ピックアップ記事

  1. 大手仮想通貨取引所Binanceにて NFTが6月24日にローンチ日を記念する「100 Creat…
  2. 令和最新版!!OpenSea(オープンシー)の登録方法 この記事ではNFTマーケ…
  3. NFTは今週もニュースやマーケットを盛り上げました。 現在どのようなNFTの種類があるのか調…

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。